民主党の小沢一郎幹事長は22日夜、鹿児島市で開かれた党鹿児島県連の集会で、高速道路新料金制度の見直しを政府側に求めたことについて「私どもは高速道路を無料にしようというところから始めた。結果として無料化どころか値上げになっており、(国民に)説明がつかない」と述べ、再検討は当然との認識を示した。
 政策決定の「内閣一元化」に反するとの批判に対しては「国民の皆さんの声をよく聞いて、政府に要望するのがわれわれの役割だ。私がみんなを代表して発言したことは間違いない」と強調した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~

物品購入で不正経理3295万円=09年度会計監査まとめ-警察庁(時事通信)
<福知山線脱線>JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士(毎日新聞)
脅されてコンビニ強盗…恐喝ばれて少年逮捕 栃木(産経新聞)
<年金記録>9月以降、29カ所で照合 計画概要明らかに(毎日新聞)
「凛の会」元会長、村木被告への働きかけは無罪(読売新聞)
AD