zyeのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

FF14 RMT「POWER iE 6」の最大の特徴は何といっても圧倒的な耐久性にある

自然災害や事故などの万が一の事態に、たとえ地域的に停電が起きても、蓄電池に溜まった電気で電化製品を使用できるという状況は、災害時に大きな安心と希望を与えてくれることだろう

非常時だからこそ、電気の明かり一つで落ち着きを取り戻すことも出来る

実際、2011年の東日本大震災の影響で、蓄電池が注目されるようになり、市販化に向けた研究FF14 RMT買取開発が飛躍的に進んでおり、今後も更なる普及が進むと考えられている

 そんな中、エリーパワー株式会社が、蓄電容量がFF14 RMT最安值.Wh、最大出力が3000Wの長住宅用リチウムイオン蓄電池「POWER iE 6(パワーイエ・シックス)」を開発し、2013年3月から発売すると発表した

業務量の蓄電池は、住宅用の数倍~数十倍以上の容量があり、ものによっては、停電などで入力電源がFF14 RMT通貨販売断たれた場合でも、一定時間、接続されている機器に電力を供給し続けるUPS(無停電電源装置)などが備えられているものもある

スポンサードリンク関連記事by weblio「リチウムイオン電池・蓄電池・燃料電池」の写真ニュース住宅用蓄電池① 蓄電池の普及を後押しする補助金制度は平成26年まで三菱重工、リチウムイオン二次電池搭載の小型ポータブル電源を開発日本企業が強さを見せた、燃料電池の電解質分野での米国特許総合力認知度に比例しない家庭用蓄電池の普及ソニー、自立型蓄電システムを実現する高容量6.0kWhの業務用蓄電池を発売東京ガスとパナソニックがエネファーム新製品、現行品よりも約76万円安シャープ、住宅用定置型リチウムイオン蓄電池システムを発売三菱商事とGSユアサ、大規模リチウムイオン電池システムをチリに納入GSユアサ、PHEV用用チウムイオン電池の新技術を開発JR東日本、蓄電池駆動電車システム採用の新型車両を烏山線に導入NEC、次世代マンガン系リチウムイオン二次電池を開発 高電圧・長寿命を実現IHI、世界初となる再生型燃料電池システムの民間航空機飛行実証に成功リチウムイオン電池・蓄電池・燃料電池の最新ニュースもっと見る住宅用蓄電池① 蓄電池の普及を後押しする補助金制度は平成26年まで 2/25 08:16三菱重工、リチウムイオン二次電池搭載の小型ポータブル電源を開発 2/21 17:15日本企業が強さを見せた、燃料電池の電解質分野での米国特許総合力 2/15 09:42NEC、家庭用蓄電システムを甲府で量産開始 2/14 16:25認知度に比例しない家庭用蓄電池の普及 2/11 20:51環境・エコの最新ニュースもっと見る住宅用蓄電池① 蓄電池の普及を後押しする補助金制度は平成26年まで2/25 08:16エネファームの新製品が4月に登場、大幅値下げと省スペース化に成功2/25 08:12東芝、宮古島で小型電動モビリティ社会実験実施へ2/22 13:22三菱重工、リチウムイオン二次電池搭載の小型ポータブル電源を開発2/21 17:15大京、日本初の太陽熱利用戸別給湯システム導入マンションを販売へ2/21 11:00地熱発電、漸く普及の兆しか2/21 09:47JFEエンジニアリング、鹿児島県で地熱バイナリー発電設備を受注2/20 17:01スマートハウス市場、2020年の国内市場規模は3兆6362億円2/20 12:53帝人、三原事業所にメガソーラー発電所を建設 発電能力は1990kW2/18 18:21楽天、福島県で太陽光発電普及モデル事業の実証を開始2/18 14:00

また、災害時の避難場所や退避場所として注目されているコンビニエンスストアにも設置しておくことで、万が一の場合の電気を確保することで、地域の安全性が高まる

 一般的なオフィスや大学などの研究設備、医療機関などで、停電時に機能させたいサーバーやPCなどの必要最低限の機器類のバックアップ用電源としたり、セキュリティーシステムのバックアップ用電源としても活用できる

記事提供元:エコノミックニュース2011年3月に発生した東日本大震災の影響で、蓄電池が注目されるようになった

災害に強い、これからの日本の街づくりのためにも、蓄電池の普及は必要なことなのだろう

「住宅用」と「業務用」の最も大きな違いは、蓄電できる電気の容量と、蓄電池の本体価格だ

 一方、住宅用蓄電池の特徴としては、「安価なこと」「軽量なこと」が挙げられる

 実売価格は230万円前後になる見込みだが、経済産業省の「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の対象製品なので、本体価格の1/3、つまり76万円程度の補助を受けられるので、導入時の費用負担は実質154万円程度となる見通しだ

 地震だけでなく、災害を経験したことのある人にとって、電気やガスの有難さは身に沁みていることだろう

(写真は2012年3月宮城県石巻市にて撮影) 蓄電池には、大きく分けて「住宅用」と「業務用」がある

もちろん、その分、住宅用のものと比べると、価格も数倍以上になるが、急な停電や計画停電で業務が混乱するのを防ぐことができる

また、インターネットに接続する機能も備えているので、エリーパワーがシステムを監視しており、異常や問題発生があれば直ぐに対応できるようになっている

正極材料の構成比を調整した結果、なんと10年間で1万2000回の充放電を繰り返しても、実用的な性能を維持するといわれているのだ

(編集担当:藤原伊織)■関連記事・認知度に比例しない家庭用蓄電池の普及・スマートマンション、加速度を増して普及・合計一兆円を超える最終赤字、原発再稼働なしで乗り越えられるか・スマートハウスに立ちはだかるコストの壁・スマートハウス普及の蔭で、着実に広がりつつあるLCCM住宅※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています

また、家電製品向け通信規格である「ECHONET Lite」に対応しており、家庭向けエネルギー管理システム「HEMS」と連携させることもできる

FF14 RMTの購入ページへようこそ!
Related articles:
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード