元妻の娘だった女子高生(16)との婚姻届を勝手に提出したとして、兵庫県警明石署は14日までに、有印私文書偽造容疑で、明石市の元税理士の男(57)を逮捕した。同署によると、「女の子が好きだったから」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月21日、元妻と前夫との間にできた女子高生の許可を得ずに、婚姻届などを作成し、明石市に提出した疑い。
 同署によると、男は同月20日、元妻との離婚届と女子高生との婚姻届を同時に提出。女子高生が未成年で親権者の同意書が必要だったため、婚姻届は受理されず、翌21日、偽造した同意書を持参し、受理されたという。
 男には精神疾患で通院歴がある。男と女子高生は戸籍上夫婦の状態で、解消するためには法手続きにより無効を認められた上で、市役所で訂正する必要がある。 

【関連ニュース】
飲食店でカード不正使用=容疑でナイジェリア人経営者ら逮捕
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕
弁護士預かりの6800万円着服=容疑で元事務員の社長再逮捕
友人に成り済まし免許取得=スリランカ人2人を逮捕
恩給不正受給、65歳男逮捕=「父親生存」と偽装

不同意堕胎の医師に逮捕状(産経新聞)
口蹄疫 10キロ圏内の全頭処分 農水省方針 新たに13万5000頭対象(産経新聞)
<展覧会>「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業(時事通信)
<放鳥トキ>ひな誕生した可能性 餌を与える仕草(毎日新聞)
AD