岐阜県高山市一之宮町の国の天然記念物「臥龍桜(がりゅうざくら)」(樹齢推定約1100年)が満開になった。

【写真特集】写真で見る日本各地のサクラ

 樹高約20メートル、幹回り約7メートルで緩やかな斜面に東西約30メートルの枝を張るエドヒガンザクラの巨木。幹の形が龍が伏した形に似ていることから名付けられた。同市一之宮支所産業振興課によると、昨年より4日遅く今月16日に開花。20、21日の暖かさで一気に花が開いた。週末が見ごろという。

 21日の東海地方は晴れ間が広がり気温が上昇。岐阜県恵那市、愛知県新城市などでは最高気温が25度を超えて夏日になり、汗ばむほどの陽気となった。日本気象協会中部支社によると、22日は未明から終日雨で気温は上がらず、各地の最高気温は21日より10度前後低くなる見込み。【宮田正和】

【関連ニュース】
【特集】日本全国のサクラ情報満載
【写真特集】写真で見る花見今昔 飲めや歌えは連綿と
【写真特集】春のきれいな草花がたくさん 毎日植物園
【関連写真】神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧

長野の一家3人死体遺棄、4人を逮捕(読売新聞)
「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)
米の作家、マーク・トウェイン没後100年 「ハックルベリー」現代にも教訓(産経新聞)
<モンドセレクション>バッケンモーツアルトのチーズオムレット、最高金賞(毎日新聞)
<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)
AD