海老沢稔のブログ“えびぶろ”

麻雀業界にずっと携わってきて、ある日突然麻雀プロになることに挑戦することになった、ある男の麻雀的日常。


テーマ:
 と、いうわけで。


 
 最近考えてるしょーもないことを。


 ある団体のプロ試験を受けた旧知の知り合いがいまして。先日飲みながら、僕にそのプロテストを受けた理由を喋ってたんですけどね。


 “自分の強さをいろんな人に認めてもらえるようになりたい”


 と言ってたんです。


 よく考えたらけっこう当たり前っちゃ当たり前のことなんですけど


 実は、僕にこの感覚がもともとあんまりないなぁ…ってことを改めて思ったんです。


 この感覚の差を感じることが最近けっこういろんな場面でありまして。


 
 強いって認識されることで、まあルール裁定が説得力が出たり麻雀的にトラブル回避できたりって部分もあるんですが…


 以前はね、麻雀店業界の矛盾として。強くなきゃやってけないけど、お客さんから強いって嫌がられて敬遠されてもやってけないってテーマがあったと思うんです。


 そこで出てくるのがスタッフ規制だったりっていう側面もあったりするわけです。


 
 モロヒッカケ禁止とかね、それならまだいいけど、三連勝禁止とか聞いたことありますw


 ちなみに僕が20歳の頃の店は、東場の満貫以上のアガリ禁止でしたw 裏3乗ったら後ろから蹴り入れられたことありますw



 僕も麻雀そこそこ強くなってから一時期、けっこうお客様から同卓嫌がられることに散々悩みました。 小手返しとか強打とか、煽りに繋がる要素を自分の動作からなくしてみたりとか、点数申告の仕方を相手によって変えてみたりとか


 そういう部分で嫌がられたりするのはダメだなって思うんですよね~



 ちょっと人には言えないような額のやりとりしてた裏のお店でやってたような人とかって、実際けっこうみんな所作は丁寧です。“あー、この人は昔はけっこうなところで麻雀してたんだろうなー”とか思うことありますw


 他には、ピンフドラ3ダマってたら“男らしくない”とかキレられたり、白のトイツ落としを白ポッチじゃない方から切ったら“汚ない”って言われたりww


 この仕事はいろんな価値観の人と遊びの場を共有する上に、お客様からスタッフへの価値観の押し付けも日常茶飯事なのが頭が痛いところ。


 キビシイ規制をつけた上に相手の価値観にあわせてやってたりしたら、とても成り立ちません。


 なぜなら。以前よりはるかに、一般麻雀レベルが上がってるからです。


 なのでここらへんの要素はもうそんなに気にしない方がいいなぁとは思うんですけどね


 実際、鳴き多いのを嫌がられたりするのを空気で察して、つい仕掛けられないのとかはまああります(。>д<)


 まあそんなわけでね。


 プロとしては強さを追求していかなければなりませんので

 長いこと育ってきた環境と習慣とはまた別の戦いがそこにはあるわけです。


 実はプロになってよかったと思うことがひとつありまして…


 こんなに“自分の勝利のためだけに麻雀する”ってことが楽しいことだと改めて思ったことです!


 つらくて嫌いになる時期も多かった麻雀をこんなに好きでいられるって、それがどれだけありがたいことか…


 ま、そんな最近の雑感です!w
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。