1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-08-31 22:30:28

Dead Risingレポ

テーマ:zombieマニア

本日、無事にDead Rising北米版が到着!


早速プレイしてみました。


まだ30分ほどしかプレイしてないんですが大変面白い。


軍によって封鎖された街に民間のヘリで取材に向かうフリージャーナリストのフランク。


ヘリで街の上空を飛行していると人が人を襲い食らいつくという異様な光景が広がっていた。


軍のヘリによって邪魔されるがフランクは無事に街のショッピングモールに降り立つことに成功する。


ショッピングモールで最初に謎の男カリートと出会う。


カリートと会話をした後フランクはショッピングモールの中へ。


ショッピングモールの中では押し寄せるゾンビたちから身を守るために


バリケードを組んでゾンビの進入を阻止していた。


しかし、そのバリケードを自分の飼っている犬がいないと


錯乱した老婆によって崩されてしまいショッピングモールの中に大量のゾンビが進入。


フランクの72時間の地獄が始まったのだった、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


このゲーム、本当に面白いです。まるでDOTDの世界に入り込んだような気分になれます。


フランクのヘリに気づき助けを求めるもゾンビによって食い殺される人々。


ゾンビに怯え錯乱する人々などなど色々な登場人部がいて大変面白い。


ゾンビに人が食い殺されているのに写真を取って見殺すことも


自ら武器を手に取り襲われている人々を助けるもプレーヤーしだい。


ゾンビファンならば買いですよ。本当に楽しいです。


ショッピングモールの屋上から駐車場に押し寄せる


ゾンビたちの姿を見ると圧巻です。身震いがしてしまうほど素晴らしい。


ゾンビゲームの最高峰ですyo!近いうちにショップなどで


試遊台などが設置されると思いますんで試しに遊んでみてください。


因みにこのソフト、ジョージAロメロ作品のDawn Of The Deadの関係者から


ライセンスを受けた商品ではないと記載しております。


やっぱ開発陣がDOTDを相当意識したって事ですよねこれ。


カプコン
DEAD RISING(デッドライジング)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-31 21:48:22

ルール 封印された都市伝説   8月のテーマですよ。

テーマ:ホラーマニア

さて、ぎりぎり滑り込みセーフを狙って今頃8月のテーマの記事を書いてます。


さて、ルールと言えば90年代後半に作られたティーンホラーシリーズで


1作目の犯人をロバート・イングランドが演じたある意味ナイスな作品。


で、今回紹介するのは正式な3作目の


ルール封印された都市伝説(URBAN LEGENDS: BLOODY MARY)


このシリーズの2作目のサブタイがFINAL CUTだったのに


何で3作目があるんだyo!って突っ込みは無しの方向で、、、、、、、


さて、この作品何が驚くかって犯人がしょっぱなわかる。


で、犯人が約30年前に同級生によって殺されてしまった少女メアリーの怨霊。


これは、、、、、本当にルールか、、、、、、、、、、、、、、、


犯人は今まできちんと人間だったのに3作目で怨霊ですか、、、、、、、、、


凄いぜっ!凄すぎる、一体どうやったら犯人が急に怨霊になるんだ、、、、、、


この作品で殺される高校生たちは都市伝説と同じように殺されていきます。


にしてもあれが面白かったなぁ高圧電流が流れてる


金網に立ちションしちゃって感電!


そのお陰で物が真っ黒焦げになって死亡、、、、、、(藁


なんて無様な死に方なんだ!


エルム街でのジョニデのベットに挟まれて死ぬのより無様じゃないか!


とにかくワラエル。何であんなに笑える死に方なんだっ!


この映画の中であのシーンが一番面白かったじゃないか!


にしてもこの映画、企画段階で誰かが


"プロデューサー!今やジャパニーズホラーブームですよ!

                日本のモンスターsadakoが出てくるようなの作りましょうよ"


なんて言い出してそれを聞いたプロデューサーが


"ワォッ!!イッツナイス!Ringとかダークウォーターとか当たってるし、

                         うちもこのブームに乗っかっちゃおうか!"


と言った大変軽い乗りでOK出しちゃったに違いない。


だからあんなにB級臭を放ち、いろんな意味で面白いのだ。


因みに、この作品の監督はペットセメタリーのメアリー・ランバートです。


いろんな意味で面白いルール 封印された都市伝説オススメです。


しかしながら、けっして真面目に見ないでください。


真面目に見てしまってはこの作品の面白さが無くなります。


ご注意を、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-31 00:12:33

9月のホラー同盟テーマ発表!

テーマ:アメブロホラー同盟

さて、最近体調が優れず若干ダウン気味なevil@です。


顔色が本当に悪い、ノスフェラトゥなみだよ、、、、、、、、、、(欝、


ノスフェラトゥって言っても解ってくれる人が周りにあんましいないyo!(欝、


みんな"ゾンビ映画好きが祟ってほんとにゾンビみたいな顔色になっちゃったねぇ"


なんて言ってくるよ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


ゾンビは白じゃなくて緑なんだがな俺の中では、(藁


えっと、そんな事はさて置き今は若干体調がよくエルヴィス・コステロ聴きながらマッタリしてます。


(この辺はノウテンキと被るな、)


私、8月のテーマ記事書いてないんで明日には何とかしようと思って


ジーパース・クリーパースとルールどっちにしようか考え中です。


さてまぁそんな事はどうでも良くて9月のテーマなんですが


私がプッシュしてます期待のゾンビゲーム"DEAD RISING"がアメリカにて発売2週間で


50万本突破と言う嬉しいニュースを聞きましたんで9月はゾンビ映画で行こうかと、


(去年の9月はLOTDでゾンビ映画にしたような、、、、、、、、、、、、、、まぁ良いか)


さて、10月のテーマなんですが皆様から募集いたします。


こんなテーマが良い!というのがありましたらコメント欄かこちら まで、


ちなみに、evil@不健康人間と話がしてみたいと言うチャレンジャーな方は


msnメッセンジャーで登録してみてください。


登録時にはコメントメールを送ってください。


メールが無い方は申し訳ありませんが登録拒否させていただきます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-27 20:12:11

ウルトラQ dark fantasy 第2話 らくがき

テーマ:ホラーマニア

え~、、、、投稿してみたら予想通り変なトコで改行されてたりしてますんで


スクラップ(ホラーに関するあれこれ、)で読まれることをお勧めします。


ご迷惑かけてすみません。





ウルトラQ dark fantasyようやく全話見終わりましたんでこれからチョビチョビと


感想などを書いていこうかと。


まず、ウルトラQ dark fantasyなんですが04年に製作されたSFオムニバスドラマ、


オリジナルのウルトラQとは一応繋がりがあるんですが


まぁ別物だと考えてください。


dark fantasy全体の簡単な説明を、


この作品、大抵の話にグローバル マガジン ジャパンの記者:坂本剛一(袴田吉彦)


カメラマン:楠木涼(遠藤久美子)


変わり者の大学教授:渡来角之進(草刈正雄)


が登場しますが彼らは主人公ではなくあくまでレギュラーメンバー、


この中の誰かが主人公になったりする話もありますが


大抵の場合主人公はゲストが勤めます。


オリジナルのウルトラQは怪獣路線でしたがdark fantasyはオリジナルに比べよりトワイライトゾーン、


アウターリミッツに近づいた作品になっておりこの手のSF物好きにはたまらない物になってます。


で、今回紹介するのは第2話の"らくがき"


第2話のらくがきは話としては下らなく、人によっては説明不足でどうしようもない話として


終わってしまうんでしょうが妄想により話を勝手に広げてしまうevil@としては


この説明不足、のお陰で色々と妄想してしまい大変楽しめる話です。


妄想を広げすぎて素で恐ろしい話だと思ったりもしましたが、(藁


ではまぁらくがきの話についてまず書いていきます。


私の妄想部分も書きたいので完全なネタバレです。ご注意ください。


高級住宅地に住み主婦、藤野加代子は"宇宙人を見たから誰か話しを聞いてください"


と言ってグローバル マガジン ジャパンへやって来る。


不審者だと思われ警備員を呼ばれそうになるが坂本が対応し


加代子の話を聞くことになる。


加代子の話では夫に無理を言って高級住宅地に引っ越してきたものの


自分の理想と現実とのギャップが激しくそのギャップが許せなくなり


住宅地の落書きを消して回る活動を開始。


落書きを消して回ることで落書きの数は減ってきたものの


一つだけしつこい落書きがあり消しても消しても次の日には必ず書かれているそうだ。


あまりにもしつこいので犯人を確かめようと思い夜中に隠れて見張っていたところ


背の低い銀色の宇宙人が落書きをしていた。


宇宙人に自分の事を気づかれたが宇宙人は急にいなくなった、、、、、


少し安心して周りを見ると自分の間近まで宇宙人が迫ってきていたが


まるで子供のイタズラで近づいただけの様に直ぐに消えてしまった。


その後、街中の落書きはなくなったが今度は加代子を追い詰めるかのごとく


家の中に宇宙人の落書きが現れるようになった。


さらにこの住宅地で過去に一家失踪事件があったらしく


それが宇宙人の仕業ではないかと考え加代子は宇宙人に


命を狙われていると思うようになり


誰かに話を聞いてもらいたくなり出版社までやって来たのだった。


この落書きの件で坂本は涼に調査協力を依頼、


涼は聞き込みをするも落書きの事は解らずじまい。


坂本は加代子からまた家の中に落書きがあったと連絡を受け


加代子の家まで行ってみるが落書きは無かった、、、、、、、、


坂本も近隣の主婦などに落書きについて聞いてみるも誰も知らず


加代子に対する変な噂話ばかり聞かされるのだった、


その後、編集部に戻った坂本は過去の失踪事件を調べ


失踪した家族の家に例の落書きがあったことに気がつく。


さらに涼と一緒にテレビを見ていたらアメリカにて巨大なミステリーサークルが


現れたとのニュースが流れそのミステリーサークルは例の落書きとまったく同じだった。


心配になった坂本たちは加代子の家に向かうが加代子は体をかきむしっており


救急車で搬送されるところだった、、、、、、、、、、、、


翌日、加代子の搬送された病院に向かった坂本。


加代子は"医者から強迫神経症と診断され宇宙人も妄想だった"と坂本に話す。


坂本はミステリーサークルの話をしようとするが佳代子の事を考え


その場を立ち去るのだった、病院のロビーでミステリーサークルが現れた


牧場の持ち主が失踪したとのニュースを見た坂本は急いで


加代子の元へ向かうが加代子は車椅子だけを残して失踪したのだった、、、、、、、、、、、


さて、話としては何の解明もされておらず見る人によっては


本当につまらない作品だと思いますがこうも何の説明や解明が無いと


さっきも書きましたが妄想大好きevil@としては


色々と考えをめぐらす事が出来てしまうわけですよ。


まず、宇宙人(設定ではジラフ星人)が一体何のために


地球にやってきてわざわざ落書きをしているのか。


おもいっきり謎です。はっきりいって意味解りませんよ。落書きしてる宇宙人て。


さて、宇宙人が地球にまでやってきて落書きをしている理由なんですが


1.地球がジラフ星人の縄張りであることを他の宇宙人にアピールするためのマーキング。


2.ただ単に地球にフラッと立ち寄ってイタズラで落書きをしている。


3.何らかの侵略計画を考えておりその計画段階を表す為の落書き。


4.街中にあった落書きに関しては加代子しか気がついていなかった事から


 何らかのテストの適合者を探し出すために落書きをしている。


では無いかと、


その他に、ジラフ星でグラフティが流行っておりグラフティの本場(?)地球にやって来て


グラフティの腕前をアピール、なんて下らない事を考えましたが


あまりに話の内容からずれてしまっているので却下。

ジラフ星人が加代子を"らくがき"によって追い詰めた理由は


一番考えやすいのは自分たちの姿を見られてしまったから。


そして加代子の周囲に現れたらくがきは加代子以外誰一人として見ていないし


病院に搬送される直前に体にも落書きされているので


加代子を精神的に追い詰め、宇宙人を見たと騒がせることで周囲から


孤立させる目的もあったと思われ。


病院に搬送された後加代子は医者によって強迫神経症と診断されているため


ジラフ星人の精神的に追い詰め孤立させる、という作戦は成功している。


その後、病院から失踪する前に坂本に対し意味深な発言をしているので


自分がジラフ星人に連れ去られる事は解っていた模様。


連れ去られた理由としてはさっきも書きましたが


ジラフ星人の姿を見てしまったため、


何らかの適合者であったためのどちらかではないかと。


そうそう、この話ラストの部分で加代子の血液を検査したところ


赤血球にまでも落書きされていたという事が解るんだが


この血液検査をするというのが解せない。


何度か入院をしたことがある人ならば分かると思いますが


普通、外科で入院した場合あんまり血液検査ってやらない。


精神科で血液検査をするかどうかは謎なんだが。


で、血液検査をしてもわざわざ電子顕微鏡で赤血球まで検査するはずが無い。


こういった部分が解せない。


さて、ここまでは宇宙人がいたらという視点で書きましたが


ここからは全て加代子の妄想だったのではないか?という視点で書いていきます。


そもそも、街中のらくがきとジラフ星人を目撃したと言っているのは加代子しかいない訳で、


街で坂本と涼が聞き込みをしてもジラフ星人のらくがきを見た人間は一人もいない。


高級住宅地で生活を始めてみたものの理想と現実のギャップや


夫が仕事で家をかなり空けている、と言ったことでかなりのストレスを抱えているし


落書きを消すと言う行為に異常に固執していたりしたため


精神的に参っておりそれにより見た妄想ということもありえる。


らくがきに関しては坂本がネットニュースの過去ログで同じ模様を


発見しているので加代子もネットニュースで同じものを見た可能性がある。


宇宙人に関しては背の低い銀色の生物というシンプルなデザインだったため


テレビのUFO、オカルト番組等で見た宇宙人のイラストが元になっている可能性がある。


そして宇宙人に襲われると言う妄想から自らの体をかきむしり病院へ搬送されてしまった。


で、病院で失踪した理由なんだが周囲に迷惑をかけたと言う理由から失踪したか


テレビのニュースでミステリーサークルが発見された牧場のオーナーが失踪していると


流れていたので坂本がやってくる前にそのニュースを知って


自分も宇宙人に連れ去られるのではと言う妄想により何処かへ消えてしまった。


この内のどれかではないかと。


ただ、そうなってしまっては赤血球にまで落書きをされてしまっていることが


第三者によって確認されてしまっているので辻褄が合わなくなる。


う~ん、やっぱり加代子の妄想説より実際に


宇宙人の手にかかってしまった説のほうが有力かな。


でもなぁ、電子顕微鏡で血液検査するのがなんか解せないんだよなぁ、


あっ、気がついてみたら普段書いてる映画に対する感想より


30分の作品に対する感想、つうか妄想のほうがはるかに長い、、、、、


そういった訳で今回はこの辺で、、、、、、、、、、(苦笑

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-24 14:38:09

サイレントヒルDVD情報

テーマ:通販マニア

さて、11月22日にサイレントヒルのDVDリリース決定です!




早速予約しようと思ったんですがこのDVD、日本版は3バージョン存在してます。




amazonで漁ったんですけど詳しいことが書いてなく色々なショップを漁ってみたところ




紀伊国屋のフォレストプラスにて大体の事がわかりましたんで書いておきます。




まず、発売されるのはアルティメット・ボックス、プレミアム・エディション、ノーマル(シングル)の




3バージョン、値段は9,240円、6,090円、3,990円となってます。




シングルは映画本編のみ、プレミアム・エディションは映画本編、映像特典、




コナミスタッフによる映画版とゲーム版の内容の違いを解説した特典ディスク。




で、最後にアルティメット・ボックスなんですがややこしい事に内容は




プレミアム・エディションと一緒でディスクがDVDでは無くブルーレイ、、、、、




なぜにブルーレイって言うだけで名前が違うんだ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




ややこしいじゃねーかっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!




つか、ブルーレイ版出してもブルーレイプレーヤー持ってる奴って




そんなに多くないような気が、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



追記、

ハイサイさんから情報頂きまして、ノーマル版にも映像得点ディスクが付くとのこと。

ノーマルとプレミアムの違いはコナミスタッフのコメントディスクが付くかどうかだそうです。

ハイサイさんありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-18 16:13:33

ZOMBIE KING

テーマ:zombieマニア

本日、ZOMBIE KING見ちゃいましたよ。


この映画、くっ、くだらねぇ、下らな過ぎるぜ!(藁


まったく、ルチャとゾンビの組み合わせって誰が思いついたんだyo!


しかもエンドロールに


"Special Thanks To George A. Romero for guidance and inspiration"


って書いてあるけどロメロ翁はマジでこの映画に何か指導したんだろうか、、、、、


さらにその後に


"Stan Lee & Jack Kirby for showing us the way"


ってなってるんだがStan LeeとJack Kirdyってマーヴェルのスタンとジャックの事だよな、、、、


この二人が我々に道を示してくれたってなってるけどただ単に監督か誰かが


二人のファンてだけじゃないのか?、、、、、、、


さて、この話の簡単なあらすじを、


腐れ縁のルチャレスラーティキがゾンビと試合をすると聞きつけた


英雄ユリシーズは試合が行われる町へとやってきた。


その町には旧友のメルセデスとブルー・セイント姉弟が住んでおり


彼らと一緒にティキの試合を見に行く事となった。


ティキの試合は八百長といっても良いような内容で


呆れてしまったユリたち三人、


そんな時、外でゾンビに仲間が食い殺された!と騒ぎが発生。


ユリたちが外に出てみるとティキのトラックの近くにゾンビに食われた死体が、


容疑のかかったユリは自分のゾンビの仕業ではないと否定するが


その場から逃げ出してしまう。


犯人は本当にティキなのか?


それとも別のゾンビなのか?


ユリはミスターXに連絡をいれ捜査を開始する。


といった感じの内容です。


この映画、ルチャが一応メインなので登場人物のほとんどがマスクをかぶっている。


女性レスラーがマスク被っててもブスだと解る、、、、、、、(欝


ゾンビがプロレスバーでガソスタの女性店員を食い殺すときに


女性店員は二人いるんだが不細工の方には目もくれず


美人(マシ)な方だけを狙う。


ゾンビにも選択権があるという事なんだろうか、、、、、、、、、、、、、


普通、ゾンビ映画って人間とゾンビが対峙するときに人間は刃物とか


重火器で戦うものですがこの作品の主人公はルチャレスラー!


という事でゾンビにヘッドロックかましてそのまま髪をつかんで


首を引っこ抜きます!レスラーだからって力強すぎだろ。


パイプ椅子で殴るより素手で戦った方が強いって、、、、


そうそう、死霊のはらわたの某シーンのパロディ、つうかまんまのトコがあります。


まぁどこで出てくるかは見てからのお楽しみ。


妙にユルくタルいアフォ映画


こりゃある意味見なきゃ損!


いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-17 23:22:21

ウルトラQ

テーマ:テレマニア

なんか知らんが熱が出てきました。evil@軟弱者ッ!です。


一応バファリン飲んで冷えピタ貼ってます。


私、おでこがめちゃめちゃ狭いので大人用の冷えピタだと


眉毛が隠れるという事態が発生してしまいます。


最悪です。


あ、そうそうりょ介 氏に"台風どう?"と聞かれたんですが


私が住んでる鹿児島の南薩はきれいに台風が外れまして


大して風も強くなく、雨もそんなに降らず、ごく普通な感じです。


さて、貧血のためバイトを3週間ほどお休み頂いてるんですが


さすがに三週間も休んでるのは暇なので


質の悪い原稿を書きつつDVDで借りてきた


ウルトラQ(オリジナル)を見ております。


ウルトラQは円谷さんがトワイライトゾーンを意識して製作したもの。


私トワイライトゾーン(ミステリーゾーン)って結構好きで


AXNで繰り返しやってるのを結構見てます。


私、ミステリーゾーンでは人形が絡んでくる話が好きです。


なんか知らないがミステリーゾーンて人形が


絡んでくる話がどれも秀逸に思える。


特にあれが面白かったな、軍人とバレリーナ、ピエロなどが


謎の筒状のものに閉じ込められる話が。


あのラストは結構衝撃を受けますた。


さて、話を戻すとして今見てるオリジナルのウルトラQかなり面白いです。


さすが円谷さんといったトコで怪獣ばっか出てきます。


第一話の"ゴメスを倒せ!"なんてゴジラを流用した怪獣ゴメスが出てきます。


60年代の特撮なんで怪獣がショボかったり、


特撮が若干おかしかったりしますが


やっぱそれはそれで愛嬌があって好きです。


今のスタイリッシュなゴジラではなく、もさっとしててだらしない感じがする


初代ゴジラを元に創られたゴメス、確かにダサい怪獣ですけど


あの動きのタドタドしさ、尻尾の不自然な動き、リトラに目玉つつかれてるのに


瞼を閉じなかったあのゴメスが最高なんです!


あの当時の人達が一生懸命になって当時の最先端技術を使って


製作されたウルトラQ、傑作です。


突っ込みドコロ満載ですけど面白いんです。


第二話の五郎とゴローは不覚にも泣きそうになってしまったよ。


ウルトラQを見たことが無いという人、


映像作品ファンならこれは見なきゃ損ですよ!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-16 23:12:49

でっどらいじんぐ、凄い事になってきたyo!

テーマ:zombieマニア

さて、私evil@ゲームバカが今年の夏一押しのホラーゲームである


Dead Risingなんですがなんか凄い事になってきました。


このデットライジング、ベースは今月8日に発売された北米版。


9月30日に発売される日本版デッドライジングはCEROの圧力なのか


残酷表現が一部抑えられるという噂が、


9月8日にはヨーロッパ版が発売される訳なんですが


ドイツでは発禁喰らっちゃいましたyo!


まさにゲームの質さえ良ければレーティングは気にしないといった感じ満々のソフト。


多分この残酷描写のおかげでXboxオンリーになったんだろうな。


とにかくホラー、ゾンビファンにはお勧めですよ。


カプコン
DEAD RISING(デッドライジング)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-12 22:08:35

とりあえず退院しますた

テーマ:だらだら、ただ単にだらだら

とりあえず退院してみました。


というか退院させられました。


yokoneko さん、dorago さん心配していただき大変ありがとうございました。


正常値より5ポイントもヘモグロビンが少ないので


ヘロヘロの状況ですが何とか退院しました。


まぁ病院での話はノウテンキ にて。


ところで雨風呂がまたもやリニューアル、、、、、、、、、、、、、、


何回変えれば気が済むんだ!


と新しく入れなおしたIMEスタンダード君の頭の悪さ具合に頭を抱えているevil@でした。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-08-08 19:15:14

えっと

テーマ:ケータイから
携帯からブログの確認出来ないのでどうなっているか分かりませんが取りあえず近況報告を、病院でキングダムホスピタルと悪魔の墓場、セッション9を見てやろうと思い、後で金払うからポータブルDVDプレーヤー買って来て。と親に言ったらアッサリ拒否されました。とてもショックです。病院で病院の出て来るホラー見たかったのに、ムッキー!!!!!!ま、こんな事言ってるんで元気です。退院は今度の金曜か月曜です。多分ですが
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。