1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-06-28 23:09:55

あなたの暇つぶしをお手伝いいたします。

テーマ:だらだら、ただ単にだらだら

最近なぜかフレンズをシーズン1から見直しているevil@管理人です。


さて、今回ですが久々にクイズでもしてみようかと、


ジャンルにはこだわらずありとあらゆる映像作品から問題を出します。


暇つぶしにでもどうぞ、ついでに一言頂ければ転載して頂いても結構です。


Q1.スター・ウォーズ(オリジナル)第一作の上映時間は何分?


Q2.アラン・スミシーJrの偽名を使う映画監督は?


Q3.フロム・ダスク・ティル・ドーンに出演した時のトム・サビーニの役名は?


Q4.悪魔のいけにえ2にてレザーフェイスとチェーンソーでチャンバラした俳優は?


Q5.ゾンビことDAWN OF THE DEADは何バージョンある?


Q6.マッドマックスサンダー・ドームに出演したティナ・ターナーの元夫の名前は?


Q7.次のうち無名時代にホラー映画に出演した事が無い俳優は?

1.ケビン・ベーコン 2.ジョニー・デップ 3.チャーリー・シーン


Q8.十二人の怒れる男にてヘンリー・フォンダは陪審員番号何番だった?


Q9.ターミネーターにて当初T-800を演じるはずだった俳優は?


Q10.ロバート・デ・ニーロはゴッドファーザーシリーズの全作に出演しているか?


さて、時間の都合により今回は10問のみですが今度は多めに問題を準備します。


えっと、回答は数日後にUPします。


あ、コメント欄への回答はご遠慮下さい。


それではまた






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-25 23:09:16

ホラー映画の立場について

テーマ:考えてみる

以前evildeadの裏日記(新版)にて"物事をあまり考えない"と言ったが


今回は少々考えてみる事にする。


さて、結構前の話になるがROCKSTARが製作しカプコンが日本にて


コンシューマ向けにリリースしているGTAが一部都市において


有害図書に指定されてしまった。


このまま行けばホラー映画も次々に有害図書に


指定されてしまう可能性が出てくる。


昔からホラー映画、特にスプラッタホラーは何か事件があるごとに


加害者の精神状態に影響を与えたと言われ


頭の固いTVのコメンテーターや知識人といわれる人々に


社会のゴミとして扱われてきた。


さて、暴力描写の強い作品て一体何時ぐらいから


社会のゴミと言われてきたんだろうか?


かなり昔からホラーは悪影響を与えると言われていたが


社会のゴミと言われるようになったのは80年代後半に起こった


とある殺人事件がきっかと言われている。


その事件について言及するつもりは全く無いので


気になる人は想像するなり調べるなりして下さい。


まぁその事件にて犯人の自宅に和製スプラッタ"ギニー・ピッグ"の


VHSソフトが発見されたことで"犯人が人を殺したのはホラー映画の影響だ"


と言われるようになり、知識人といわれる人々からホラー映画は


社会のゴミと言われるようになった。


そのお陰で日本のホラー映画産業はかなり下火になり


日本でスプラッタ作品が作られる事はほとんど無くなった。


そして90年代中ごろに兵庫で発生した誰もが知ってるあの事件。


あの事件にてスクリームは日本公開が延期になった。


因みにあまり知られていないがこの事件で漫画、多重人格探偵サイコの


ラジオドラマの放送が急遽中止された。


この事件によりまたもやホラー映画がバッシングされる事となる。


そして、その後も殺人事件の加害者宅からホラー映画の


ビデオが発見されるたびにホラー映画による悪影響で


犯罪を犯したのではないか?と言われ集中的にバッシングされる。


最近では、ジャンルは違う物のコスプレ監禁事件によりアダルトゲームが


かなりバッシングされている。


こういった事があるごとに"製作側に問題があり責任を取るべきだ"


と言う声がよく聞かれる。


しかし、責任があるのは本当に製作側だけなんだろうか?


私、evilの個人的意見だが頭の固いコメンテーターや知識人にも


重大な責任があると思う。


なぜかと言うと、こういった人々は暴力描写のある映画や


ゲームが悪いと言うだけでなんら対策をとろうとしない。


ただ単に口で言うだけである。


いや、ただ単に口で言うだけではなく製作側が全ての原因であると言って


情報を自分なりに整理する事が出来ない(メディアに対して免疫が無い)人々


に無意識のうちに色々なイメージを植えつけてしまっている。


コメンテーターなどは"ただ単に口で言ってるだけだ"としか


思っていないだろうが、


"口で言うだけ"であれば誰にだって出来る。


誰にだってできる事をテレビでやるだけで知識人として


金をもらって生活している、


あ~いった人々って正直どうなのよ?


口で言うだけではなくカナダを見習って欲しい。


カナダでは1980年代に今の日本と同じような事が


続発し社会問題となっていた。


そこでカナダが行った事は学校教育にメディア学習の授業を取り入れたのだ、


メディア学習とはメディア(製作側)がオーディエンス(視聴者)に対して


どのような情報を発信しているのか、どういったテーマがあるのか


相手の伝えようとしている事を読み解く学習である。


簡単に言うとメディアからの情報を鵜呑みにせず


自分なりに理解する事が出来るようになる為の学習である。


こういった事をするだけでもホラー映画が原因と言われる犯罪は


減るんじゃないんでしょうかね?頭の固いコメンテーターや知識人の皆様、


こういった事を取り入れようとする動きもせずにただ単に"製作側が悪い"と


言い続けるのが一番の問題だと思うのは私だけでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追加更新


そうそう、久々に"ゆうきまさみのはてしない物語"(最近再販された文庫版ではない)


を読み返していたら今回記事に書いた80年代後半に起こった事件について


"野次馬のつつしみ"と言うタイトルでコラムが4回に渡って書かれている。


そのコラムにてコメンテーターや我々野次馬達の持つ


狂気について書かれておりなかなか面白い。


因みに湾岸戦争のネタもかなり面白い。


ただ時事ネタ満載なので世代によって面白くないと感じるかもしれないですが、


興味のある方は"ゆうきまさみのはてしない物語"を購入されたし、


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-22 12:58:03

掲示板

テーマ:だらだら、ただ単にだらだら

スイマセン、思いっきり手抜きなんですがこの記事を掲示板代わりにしたいと思います。


新しく掲示板をレンタルしてくるのが結構面倒なのでご勘弁を、


さて、まぁ貴方の映画にかける熱い想いをバンバン書いちゃってください。


遅くなると思いますが確りと返信させていただきますので

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-22 12:39:52

ランキング不参加だからできる事、

テーマ:アメブロホラー同盟

さて、ランキング不参加にしてから客の入りが


めっきり減ったブログの管理人evilです。


ただランキング不参加にしたお陰でウチのブログを


御ひいきにしていただいてる読者の正確な人数が


大体わかるようになったので不参加にして良かったと思っていますが、


えっと、ホラー同盟の共同記事、7月のテーマですが夏はSF映画のシーズンなので


SFホラーを特集記事として扱っていこうかと、


SFホラーってジャンルはB級、いやいやZ級の宝庫なんで


ガンガン記事を書いていきましょう。


まぁ強制ではなく自主参加なので暇な時にでも書いて下さい。


お願いいたします。


あ、そうそう掲示板ですがリンク切れになっておりました。


そんでまぁいちいち設置しなおすのが面倒なんで


掲示板と言う記事を設置させていただきます。


そこにてバンバン映画に対する感想、意見などを書き込んできだされ、


そんじゃまぁこのへんで



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-22 00:23:23

SHAUN OF THE DEAD

テーマ:zombieマニア

さて、二日後にはもうLAND OF THE DEADが全米公開されますね。


それを記念してロメロゾンビに対する愛に溢れる傑作


SHAUN OF THE DEADの紹介を、


この作品ベースはDAWN OF THE DEADのパロディ、


そんで04年にリメイクされたDAWN OF THE DEADの


関連作と思われがちなんですが実際はオリジナルである


78年公開のゾンビことDAWN OF THE DEADをベースとしたパロディです。


なのでロメロゾンビ三部作を見てから


SHAUN OF THE DEADを見ると大変笑えます。


SHAUN OF THE DEADの簡単なあらすじを、


ロンドンに住む30代目前のショーンは特に目標も無く友人エドと


休みに遊びまわりパブ、ウィンチェスターに入り浸る生活を送っていた。


3年間付き合っている彼女のリズとデートする時もエド同伴で


ウィンチェスターに行きリズと険悪な感じになってしまう。


そこで土曜の夜に魚料理のレストランに二人だけで行こうと約束するも


土曜日当日、デートする事をすっかり忘れ店を予約できなかったショーンは


ついにリズに愛想をつかれてしまう。


その後ロンドンの町はゾンビに占領されショーンはリズと家族を救出すべく


ある計画を立てるのだった。


さて、この作品とってもおバカなんです。


何がバカかって言うとまず、ショーンとエドがゾンビを退治すべく


最初に行った事が頭部を破壊する為にレコードを手裏剣のようにして


投げつけると言う事、しかもレア物のレコードを保存しておきたいショーンと


どうだって良いエドのやり取りはかなり笑えます。


そして誰もが一度は思ったであろう


"ゾンビって歩くの遅いから走ったら逃げられるんじゃないか?"


と言う事を映画の中で実践してくれています。


さらに台詞中に「"ゾ"の言葉の付く呼び方をするなっ!」と言うシーンがあって


結構笑わせてくれます。


さらに映像特典にてショーンことサイモン・ペッグが


"最近の理論とは違いゾンビは鈍い"と言っていて


それも結構笑ってしまいました。


それとBGMもシーンと不釣合いなクイーンの曲が掛かったり


明らかにゴブリンサウンドを意識した曲(とってもスローテンポですが)


が掛かったりといろんな所で楽しませてくれます。


そして爆笑だけではなく最後にはちょっぴり感動もあるSHAUN OF THE DEAD


なぜか劇場公開されずソフト販売のみとなってしまった作品ですが


コメディ、ゾンビ、どちらの視点から見ても傑作に仕上がってます。


とにかくロメロゾンビが好きな人なら爆笑間違い無しのSHAUN OF THE DEAD


ゴアシーンも中々な物で大変良い仕上がりになってます。


とにかくゾンビ好きでまだ見てないと言う方はご覧になってください。


オススメですので、何てったって


ロメロお気に入りのゾンビ作品なんですから、(藁



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-21 16:48:51

リング 完全版

テーマ:ホラーマニア

さて、ようやくながらアメブロホラー同盟の共同企画記事、


6月のテーマであるJホラーの記事をUPします。


言いだしっぺが六月末に記事を上げるのはどうかと思いますがまぁご勘弁を


さて、今回紹介するのはリング完全版です。


今更リングの紹介ですか?と突っ込まれてしまいそうですが


ちょっと違うんですよこれが、


今回紹介するのは1995年(今から10年前)にCX系列にて放送されたTVM版リングです。


因みに何が完全版なのかというと放送コードの関係でカットされたシーンを


追加したバージョンなので完全版です。


話の内容はリングなので皆さん既に知ってらっしゃると思いますんで飛ばすとして


このリング完全版ですがTVMなので低予算、ビデオ撮りとB級臭がプンプン


漂ってますが結構面白い。


映画と違い原作に忠実なのでなかなか良いです。


キャストも高橋克典、原田芳雄、田口トモロヲなど


何気に演技の上手い人が出ている。


脚本も共同脚本ながら何気に飯田譲治である。


さて呪いのビデオですが低予算ながら結構良い出来にしあがってます。


貞子が呪っている人や物が乱れた映像の中に映りこみ


老婆が何か喋っておりテープの最後で"一週間後にお前は死ぬ"と出てきて


その後"助かる方法は"と出てきてそこで映像が切り替わってしまい


助かる方法が解らないままテープは終ってしまう。


映画版の呪いのテープよりこっちの方が何気に好きである。


で、まぁ内容的にはほぼ一緒なのだがTVM版は


リング0バースディに関する部分の映像があり(仲間ユキエは出てこないが、)結構楽しめる。


最後の高山が死ぬシーン、映像は明らかに映画版のほうが上である。


だが内容的にはTVM版の方が上、映画ではただ単に貞子の呪いが解けずに


死んでしまったがTVMは死ぬ直前に呪いを解く方法に気が付くが


貞子の呪いの連鎖を止める為に自ら貞子に命を捧げるのである。


さて、何気に素晴しいものの知名度の低いリング完全版、


多分近くのレンタルショップに置いてると思いますんで


梅雨でじめじめしたこの時期にぜひともご覧になってみてください。





いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-20 11:33:30

13日の金曜日特集その⑫、フレディvsジェイソン(番外編)

テーマ:ホラーマニア

6月って全然記事を上げてないなぁと思う今日この頃、


皆さんお元気にしてらっしゃるでしょうか?evildeadです。


ランキングに参加しなくなってから記事を全然上げていませんが


映画自体は最近結構見てますんで巻き返しを図っていこうと思います。


えっと、今回で13金特集は最後になります。


正直言ってフレディvsジェイソンは13金特集に入れるかどうか


考えてしまったんですがまぁジェイソン出てくるんで


一応特集に入れとく事にしました。


さて、簡単なあらすじを


エルム街の住人に忘れ去られてしまい人を殺す能力が無くなってしまった


フレディがジェイソンを使いエルム街を恐怖のどん底に陥れ


自分の事を思い出させて無くなってしまった力を復活させようとする。


しかし暴走しだしたジェイソンを操る事が出来なくなったフレディは


ジェイソンを抹殺しようとするのだった。。。。。。。。。


この作品の監督は「チャイルドプレイ/チャッキーの花嫁」、「ケミカル51」など


ぶっ飛びムービーを監督してきた「ロニー・ユー」


因みにロニー・ユーは13金、エルム街どちらのシリーズも


1作目ぐらいしか見た事が無かったそうな。


まぁ、マニア魂満載で失敗してしまったポール・W・S・アンダーソンの


エイリアンvsプレデターの事を考えるとあまり知識が無い


ロニー・ユーが監督して正解だったかも。


この作品、簡単に言うとマニアのお祭りムービーなので


13金、エルム街どちらかのファンで無いと見ることをあまりお勧めしません。


どっちも見てない状態で見るのもまぁ面白いと思うんですが


やっぱどっちかのファンだと過去のシリーズを


なぞっている部分があったりしてかなり楽しめますよ。


因みに私13金特集の記事かいてますが実はエルム街シリーズのファンです(藁


リアルナイトメアが最高だったなぁ、


さてまぁ、内容に関しては実際に見て笑っていただきたいので話さない事にして


今作のジェイソンですが何かみすぼらしい。


今回ジェイソンはケイン・ホッダー演じておらずなんだか力強さに


欠けてしまっていてしょぼく見えてしまう。


それにホッダージェイソンと比べると何かスリムになってるしねぇ、


なんか物足りなさを感じてしまう。


で、フレディですが1作目からずっとロバート・イングランドが演じており


相変わらずのブラックジョークを交えつつ愉快に殺人を行っていく姿が大変良い。


やっぱフレディはあ~じゃなきゃねぇ、


にしても続編(フレディvsジェイソンvsアッシュ)は作られるのか?


大変楽しみだなぁ、でも出来たら出来たでまたマニアックムービーになるんだろうなぁ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、忘れていたが日本版パンフについていた"みなごろしスゴロク"が


とってもいい加減ながらマニア心をくすぐる作りになってて結構良かった。


あれを考えついた日本のスタッフはナイス!


エージェントスミスvsフレディの100人対決、スミスはフレディに訴えられて敗訴


と言うのがメチャメチャ笑った。にしてもエージェントスミス(マトリックス)とフレディの


ネタがわかる人って何人ぐらいいるんだろうか?






いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-14 20:47:40

13日の金曜日特集その⑪、ジェイソンX(10作目)

テーマ:ホラーマニア

すみません、更新遅れてしまいました。


本日から再開します。


さてまぁ、本題に入ってジェイソンXの紹介を


本作は一応10作目ではある物の今までのシリーズとの関連性はあまり無く


9作目であるジェイソンの命日は存在しなかった事にされている本作、


この作品にてジェイソンは軍に拘束されるも怪力で脱出、


軍人を血祭りに上げるも女性化学者ローワンにコールドスリープ装置に誘い込まれ


ローワンとジェイソンは人工冬眠する事になる。


その事件の400年後、荒廃した地球の調査にやってきた


ロウ教授とおバカな学生ご一行はコールドスリープ装置の中に入った


ジェイソンとローワンを発見、二人を宇宙船に持ち帰り


まずは状態の良かったローワンを復活させその後ローワンの反対を押し切り


ジェイソンを復活させてしまう。


宇宙船の中でバカな学生や海兵隊をどんどん血祭りに上げて行くジェイソン


ただ単にジェイソンが暴れるだけかと思いきやアンドロイドがジェイソンと戦い


ジェイソンをボコボコにして再起不能にしてしまう。


再起不能になったジェイソン、これで終わりかと思いきや


ジェイソンの遺体の近くにあった自動修復装置が誤作動してしまい


ジェイソンをサイボーグとして復活させてしまい。。。。。。。。


ストーリーは何時もの如く何でもありのおバカ路線なんですが


過去の13金シリーズにある真面目に作ろうとしたらしいんだけど


バカな作品になってしまったりバカ路線を狙って作っているも


勢いが足りなくて消化不良になった作品とは違い


ショーンSカニンガムが開き直ってしまったのか


宇宙や400年後の未来と言う新しい設定を持ち込み


過去の作品のパロディを混ぜ込んでおバカ路線を走った13金シリーズでは


最高傑作ではないかと思うぐらいに面白い。


この作品は怖がる為の物ではなく笑う為の物である、


ジェイソンのファッションも今作は結構格好良い、


私が好きな7作目のジェイソンに引けを取らないぐらい良い


首には400年前に拘束された時に付けていた鉄製の首輪とチェーンを付けており


服はグレーのツナギにボロボロになった茶色のジャンパー


そしておなじみケインホッダーの力強い演技で大変良いです。


この作品、過去の作品をすべて見てからご覧になって見てください。


そうすれば何倍も笑えてきますよ、本当に


あ、そうそう最後に、この作品にデビッド・クローネンバーグが出演してます。


何処で出てくるかは見てのお楽しみ。


そんじゃまこの辺で、

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-09 17:46:12

13日の金曜日特集その⑩、13日の金曜日:ジェイソンの命日(9作目)

テーマ:ホラーマニア

さて、今回は13日の金曜日2回目の完結作(藁)であるジェイソンの命日を


えっと、昨日のお知らせにて書いときましたがこの作品のビデオが入手できなかった為


私の記憶に頼りながら書いていきます。


なのでまぁかなりいい加減な文章になるかもしれませんがお許しを


今回ジェイソンは冒頭にて軍隊の総攻撃によって吹っ飛ばされます。


そんでもってバラバラになった死体を回収してみたら


心臓が動き出して皆さんまぁびっくり、


心臓は次から次へと人間に乗り移る


ジェイソン・ボーヒーズという完全体に戻るためには


ジェイソンの妹だか姪っ子だかの血が必要らしく


妹だか姪っ子だかを執拗に追い回すジェイソンの心臓、


で、まぁ意味不明に死者の書(死霊のはらわた)や


フレディのナイフの爪(正確にはナイフではなく爪ヤスリだそうだ)


等が登場、一体何がしたかったんだか分からないまま終ってしまった91分。


権利がパラマウントからニューラインに移って製作されたので


フレディの爪はお遊びとしては分かるが死者の書はねぇ、正直どうよ?


そもそもこの作品は13金としてやる必要があったのだろうか?


だってヒドゥンじゃん、どう見たってヒドゥンだよ、


他人に寄生して襲い掛かるって設定はヒドゥンだよ!


あぁ、カンニガムよあんたぁ一体何がしたかったんだい?


さて、次回ジェイソン宇宙へ行く、


スマセン、記憶がかなり曖昧なため今回これだけです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08 19:41:25

すんません、お知らせです。

テーマ:だらだら、ただ単にだらだら

お知らせ


ホラー同盟の企画であるJホラーの記事なんですが少々お待ちくださいませ。


13金特集が終ったらJホラーの記事を書きますんで、


13金特集ですが9作目のジェイソンの命日のビデオを置いているところが無く


どうしようかと悩んでる最中です。


まぁなんとしますが。


もう一つお知らせ


更新をサボりまくっていたevildeadの裏日記


更新を再開しました。


2ヶ月ほど放置してたんでどうしようかと思ってたんですが


まぁダラダラやってきゃ良いやと思い更新再開です。


裏日記は映画以外の下らない事なんかをダラダラと書いていってますんで


興味ある方は読んでみてください。


そんじゃ、お知らせでした。




いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。