奥平亜美衣オフィシャルブログ「人生は思い通り」Powered by Ameba

『「引き寄せ」の教科書』『引き寄せスパイラルの法則』
奥平 亜美衣 公式ブログ

あなたの夢や願いは、必ず叶います。
あなたが、あなたの現実に既にある「幸せ」を感じ続ければ。
あなたの人生を変える、具体的な方法。

当ブログにご訪問くださりありがとうございます。

こちらのブログでは、引き寄せの法則を意識的に利用して、喜びいっぱいの人生を創るための考え方や、誰にでもできる練習法をご紹介しています。

初めての方は、こちらからどうぞ → 人生は思い通り

本ブログは、リンクフリーです。ご紹介なども、ご自由にどうぞ。
(ブログ等で紹介して頂いた場合は、メッセージくれると嬉しいです。読みに行きますので)

執筆・原稿等のご依頼は → こちら からお願いいたします。

コメントは、アメーバによる承認制になっております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ


テーマ:

16796935_10212556620176743_8372320875977782755_o.jpg

バリのデンパサール空港からジェットスターでパースへと向かう。

料金は、ひとりたった1万円強。

東京から大阪へ行くのと変わらない。

海外を飛び回っていると、よくそんなお金があるね、と思われることも多いけど、そう思う人が考えるほど実際はお金はかからない。

それにしてもひと昔前は、バリからパースまでこんなに安く行けるなんてことはなかったと思うんだけど、もしかしたら私の「高い」という思い込みが、値段を検索することさえも邪魔していたのかもしれない。

 

エアアジアやジェットスターなどのLCCが登場して、10年くらいだろうか。

LCCの登場で初めて飛行機に乗ったり、海外に出たという人は、特に東南アジアの人の中には多いと思う。

たくさんの人の、不可能だという思い込みを可能にしてきたLCC。

ビジネスの究極の目的は利益かもしれないけれど、こんな風に人の夢を叶えたり、楽しみを提供したり、幸せを与え、そして人がもっている自分に課した制限を解放するビジネスは単純に素晴らしいと思う。

乗り心地は決していいとは言えないこともあるし、近頃では普通の航空会社と値段が変わらないような路線もあるけれど、私はLCCが大好きだ。

 

今回の旅のメンバーは、私、娘のちはや、娘の通うグリーンスクールの友達親子であるキョンキョンとエマちゃん。

エマちゃんは、1年半前、ちはやと全く同じ時期にグリーンスクールに入学した。

お父さんは中国人。

当時同じ2年生で、おなじように日本人の血が半分のハーフで、英語はほとんどしゃべれない状態。

どちらの家族も、海外の学校、しかもかなり特殊な学校であるグリーンスクールへの入学に不安がなかったわけではないけど、それぞれの思いから引き寄せられるようにグリーンスクールへとやってきた。

日本語が通じる友達がいたことは、親はもちろん、本人たちもとても心強かっただろう。

クラスは違ったけれど、そんなわけで、ふたりは急速に仲良くなった。

クラスが違ったことは、最初は少し残念だったけど、本人たちの英語の上達のうえではとてもいい環境だということがすぐにわかった。

 

出会って1年半、喧嘩もいっぱいするけど、授業の時間以外は学校ではいつも一緒。

仲良くなる、以外の選択肢がないような出会い。

人の出会いというのは、やはり決められているとしか思えない。

生まれてきたときに最初に出会う両親や家族から今まで、自分で決められた試しなんてないのだから。

でも、私がこれを書いている横でこの日記を読んだちはやがこういう。 

「そうじゃないよ、私が親を決めて生まれてきたんだよ」って。

彼女は生まれる前の記憶が多少あるらしい。


旅のきっかけは、キョンキョンに、「ビザランでパースに行くんだけど一緒にいかない?」と誘われたこと。

ビザランというのは、外国に滞在する際には滞在許可の関係で一旦国外に出なければならないことがあるんだけど、その際にする周辺諸国への小旅行のこと。

このビザランでヨーロッパまで行ってしまう人もいるので、小旅行とも限らないんだけど。

 

インドネシアからのビザランの目的地はシンガポールが多いのだけど、インドネシアに住んでいると、シンガポールに何度も行くことになり、そして飽きてくるので別の目的地を自然と探すようになる。

そこで選ばれた今回の目的地がパース。

オーストラリアの西の端であるパースとバリは、飛行機で3時間半ほどで意外と近い。

 

外国に住む際にはどうしても滞在日数に制限があり、個人の都合で好き放題永遠に外国に住むことはできない。

二十歳前後の若いころに、一番最初にこの事実を知ったとき、地球はなんと窮屈なところなのかと思った。自由に旅行できないこと、それは当たり前ではなくとても変なことのように感じ、何故だかわからないけど、悲しい思いとショックを感じたのをとてもよく覚えている。もちろんそれが、国の利益を守るためなんだということは今はわかっているけれど。

 

それでも経済大国である日本に生まれた日本人はとても恵まれている。

行こうと思えば行けない国なんてないのだから。

それに比べてインドネシアのパスポートの不自由なことよ。

日本人がビザなしで行ける国170カ国に対して、インドネシア人の場合は53カ国。

国籍によって、扱いがここまで違うということはさらにショックだった。

なんというか、世界の不条理に最初に触れた瞬間かもしれない。

その不条理と戦うのは、私は今はいったんお休みにしているんだけど、やっぱりこれは変なことなんだと今でも思う。

 

キョンキョン親子に誘われなければ、私自身はこのタイミングで出国する必要がなかったので、おとなしくバリにいるつもりだった。

去年、アメリカ、イギリス、スペイン、シンガポール、タイ、そして日本と仕事でもプライベートも飛びまわり、私は旅に少し疲れていた。

今年の目標は、仕事を少し減らすことと、落ち着いてバリを楽しむことだったのだ。
 

世界を飛び回りたい、知らない世界を見て、知らない人の中に飛び込んでみたい、美しい景色を堪能したい。

それは若いころからずっと私が望んでいたこと。

その頃から思えば、去年は理想どおりの完璧な一年。

でもそれが実現してみたら、仕事の忙しさと相まって、どちらかというと負の感情が許容範囲を超えてでてきてしまった。

だから今年はゆっくりバリの生活を楽しみたい、それが私の望みだったはずだ。

 

「もう十分すぎて必要ない」そう感じていると、十分な状態が引き寄せられてしまう。

世の中、宇宙の法則通りに動いている。たとえばお金も仕事も充分だからもういい、と本気で思ってたら、お金も仕事も引き寄せられちゃうのよ。

 

もちろん、誘われても断ることもできるんだけど、行ったことのないパースという目的地(そして、パースは美しく十分に訪問する価値があるという情報は私の中にすでにあった)、お友達親子と一緒だという最高の条件(これまでも、友人親子と旅行することは親にとっても子供にとっても最高だという経験が少なからずある)、日本から行くことに比べバリから行けば極端に安く行ける。

これらの好条件すぎる条件を目の前して、私の中でゴーサインを出さないということはできなかった。

 

「旅行はもういい」じゃなくて「ただバリで落ち着いていたい」そちらに意識のフォーカスがあってきたら、そうなるだろう。

でも、そもそも私は旅が大好きということもあって、旅行への意識がなかなか薄まらない。

その切り替えまでにちょっと時間がかかりそうだ。

もしくはずっとこのような旅から離れられない人生を送るのかもしれない。

まあ、どちらでも私の人生のなかのいい時間であることは間違いないからいいか、と受け入れる。


その②につづく
 

=======

 

今後のイベントの予定 

3月25日~30日 LICA & FUMITO & AMY と行く! 

         静寂の日を体験して宇宙とつながる バリ島スピリチュアルツアー  こちら

 

※ あと数名で満席になります。お申し込みをお考えの方は、お急ぎくださいませ。最終締め切りは、2月末です。

 

4月8日(土) 『小さな宇宙人アミの言葉』刊行記念セミナー こちら

=======

  ↓↓↓ LINEメッセージ配信中!& ブログ更新情報が届きます。

 

友だち追加数 
@amyokudaira
   

(LINEブログがメインブログになります。アメブロには、LINEブログの内容を数日遅れてUPしています) 

いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「その他海外」 の記事

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み