血と水

テーマ:

ここ1年くらい、思い出したかのように頭にふわっと浮かんでは私の思考を独占したこと。


それは、家族のあり方。


家族ってなんだ?

血が繋がっているから家族?

いつも一緒にいるから家族?
家族は一番愛し愛されるべき対象?


最も確かな繋がりのように見える「家族」でさえ、

考えれば考えるほど掴めない不確かな存在のように思えてくる。


近頃、子が親を、親が子を虐待・殺害する事件を耳にすることは珍しくない。

血の繋がりに束縛されているようにでも感じるのだろうか。

いくら家族でも、みんな人間、相性が合わない人は合わないものなのだそうだ。

理解できるよう努力する根性とか、思いやる力が足りないとき、居心地が良いはずの「家庭」も崩壊してしまうのだろう。


一方で、不妊に悩む人は増加傾向にあるらしい。8組に1組とか。

私は絶対に子供が欲しい。不妊とかいう言葉を聞くと恐ろしくてたまらなくなる。

正直、願わくば血の繋がった子供が欲しいと思うけど、今の時代に他にも選択肢があることを心強くも思う。

代理母、体外受精、養子縁組などなど、簡単なことでも、自然なことでもないのかもしれない。


去年、向井亜紀さんの著書を2冊読んだ。彼女は子宮がんを患った後、アメリカに渡り、代理母出産に何度も挑戦した結果、双子の男の子が生まれた。

それまでの道のりが平坦なものではなかったことが、本を読めばわかると思う。


彼女は問う。

「お腹を痛めて生んだ子供だから」愛おしいのか?


必死になって命の誕生を追うことを、その手段ゆえに間違いだというのか?


代理母出産の是非は、倫理的問題も絡まってなかなか難しい議論である。

向井さんの場合はうまくいった。周囲の理解もあった。人柄のよい代理母に恵まれた。

しかし日本では認められていない代理母出産を、まわりにだけでなく、子供にも、隠しとおす人も多いという。


倫理的な議論に、出口は見えにくいもの。


だが、どんな家族の形でも認め理解できる社会は必要だ。

養子縁組だって、日本では成立に漕ぎ着けるのは難しい。国際養子縁組ならなおさら。

守ってくれる法律。周囲の理解。

政府よ、少子化に歯止めを掛けたいならもっと柔軟に考えろ。


技術の進歩とともに、人間は自然の摂理を都合の良いように操ってきた。

代理母出産や養子縁組も、その「不自然さ」ゆえに多くの物理的・精神的障害を伴うものには違いない。

しかしそこから生まれた可能性は、決して冷淡なものではないと信じたい。


そう、愛情の形が広がったのだと思えば。

血が繋がっていなくたって、愛情は生まれる。人一倍の愛情を込めて育てるのなら、そこから育まれる関係はむしろ、濃密なものになり得るのではないか。


家族のあり方。

一義的には定められないからこそ、ひとりひとりが探し求めて、それぞれの形で大切にしていければいいものなんじゃないか。


血が水より濃いとは決して思わない。

家族というぬくもりのある空間なら、そこに流れる温かみは、一緒だから。


AD

Mona Lisa Smile

テーマ:

をDVDで見た。


率直に言っておもしろかった。


1950年代のWellesley Collegeという舞台に興味を引かれただけだったものの、


ストーリー自体はとても楽しめた。ラストはちょっぴし泣けた。。


人生を変える教師との出会い。私が今までにしてきたもの、そしてこれからも待ち望んでいるもの。

それに、まぁまさか同じとは言えないだろうが、私の大好きな女子校独特の雰囲気(笑)

生徒と教授の交流を通して互いに成長し、信頼関係を築いていく姿は、とても微笑ましいものがあった。

こんな先生と出会えたらいいな~。


それにしてもWellesleyって昔はこんなにConservativeだったのか!と素直に信じ込んでしまったが、


どうやらそういうわけではないらしい。


Amazonのリビューでは、★★★★★を挙げる人が大勢いるなかで、

Wellesleyの卒業生が「そんなわけねーだろ」と批判を連ねていたのが目についた。

なぜかそのwebsiteを見失ってしまったけど、映画で描写されていたことをことごとく否定していた。


結婚にしか興味がないわけでは決してなくて、学部課程を終えても学び続けることの大切さを教授は説くし、みんな自分の意見を持っている。

全員が教科書丸暗記、決まった答えしか言わないなんて、ちょっとやりすぎだろう・・


そりゃもちろん映画というのはものごとを極端に描きがちなもの。

物語として楽しむのは良くても、その背景を全て信じこんじゃだめだけど。


私は50年代のアメリカをよく知らないのでだれがどれだけ正しいのかよくわからない。


保守的にも程があるのか、そんな時代が本当にあったのか。


所詮エンターテインメントの域、漠然とした感触しかつかめないものかな。

英語の勉強にもなるという言い訳ができるから、また借りちゃいましたけど、DVD。


にしてもWellesley College、キレイなとこだなーv

年度が始まるときの儀式(?)は今も同じなんだろうか。


学問の扉をたたくの。


とても印象深かった。かっこよかった。


くーーっ

早く大学行きてーー!!



AD

あと3ヶ月日本にいるよ

テーマ:

しばらく更新を怠っていました・・・。

ブログのネタにも困るほどつまらん生活を送っています。

このブログでどうでもいい私生活話をしたことがない気がするので、

増えつつあるJGviewerの為にもちょっぴし公開。

なんちゃって5月病→夏バテへと直行しかけているとしても、、とりあえず生きてるんでご心配なく。

心配してくれるなら連れ出してちょうだいなv


んで、なにをしてるのかって言えば


本や雑誌でリーディング、Harvardの講義が聴けるHPでリスニングの練習をしたり、

 (なによりも力を入れるべきなのはライティングなんだけど・・・)


バイト先のデパ地下で、渦巻く人間模様を観察したり、


スポーツジムに通って、泳いだり踊ったり踊ったり踊ったり。

 基礎っぽいジャズダンスやヒップホップが習えるんだけど、

 私が体操で培った筋力や体の使い方がことごとく否定された気がする。

 アメリカでもダンスやりたいけど、ついていけるのかなー・・?


あとは、日本の大学ツアーをちょこちょこ決行したりしてます。

今のところ行ったのはICUと慶應だけ。なので今の時点ではノーコメント。

もうちょっと増えたら記事にしてみよう♪


一人でいる時間が長いと考え事をしすぎてしまって頭が非常に疲れます。

たまにはどうでもいいことも書いていこーっと。




AD

本の虫

テーマ:
になるべく、せっせと身の回りに本をかき集めているところだ。
アメリカの大学での読書量は半端ないという。
速く、大量に読む訓練としても、あちらの学生との距離を少しでもつめておく意味でも、かじった程度しかない英米文学に今こそ足を踏み入れるとき!
どなたか、お勧めがあれば教えていただきたい。英米文学、日本文学、ジャンルも問わない。とっておきの一冊を紹介してください。

私が今読んでいる本は、
The Scarlet Letter (Nathaniel Harthorne)
沈黙の春 (レイチェルカーソン)
オレンジガール(ヨースタインゴルデル)
台所のおと(幸田文←大先輩。)
近代科学を超えて (村上陽一郎←卒業式の祝辞)
科学・哲学・信仰 (同上)

ついつい同時読みをやらかしてしまう。
違う種類の本なら大丈夫なんだけどね。

今までに読んだもので印象深い本は、
1984 (George Orwell)←必読書。
貧困に立ち向かう仕事 (西水美恵子)
世界の半分が飢えるのはなぜ? (?)
歴史を変えた誤訳 (鳥飼玖美子)
あなたが世界を変える日 (セヴァンスズキ)

好きな本は、
車輪の下 (ヘルマンヘッセ)
9.11ジェネレーション (岡崎玲子)
ソフィーの世界 (ヨースタインゴルデル)
カードミステリー (同上)
宮沢賢治全般

徹底的に趣味娯楽に走り続けたようで・・
これから読もうと思うのは、
ディケンズ、トルストイ、ヘミングウェイ、オースティン、ブロンテetc
と、どこから手をつけたらよいやらわからない状態。
どなたか救いの手を差し伸べてください。
六年分でもなんでも、沢山読まなければ。
本は心の栄養だしね。

アンチ受験

テーマ:
こんな時期に書きたくないけど、こんな時期だから書くべきこと。

近頃、受験生として勉強している友達を見ていて、どうにも煮え切らない気持ちが日に日に強くなってくる。
登校日は3月までしばらくお預けだが、先日のセンターの結果に一喜一憂している彼女たちを見るのはとても辛かった。一緒に泣く私も私だけど、その涙には別の悔しさが入っていた。

今に始まったことじゃぁないが日本の入試制度に疑問を感じずにはいられない。
教育自体に問題があるってことも言いたいが、その集大成ともいえるのではないかと思える受験制度を変えることができれば希望も持てるのではないか。
試験の点数だけで合否を決めるのは酷すぎる。場合によっちゃ完全に運試しになってしまう。
センターでも、いつもはできた科目ができなくて落としたり、直前に見ていたところがそのまま出て大当たりだったりという話を実体験として友達からも聞き、ムラがありすぎて実力を測れているようにはとても思えない。
もし私が受験生であったらしかし、「仕方ないよ」と割り切っていたであろうことも自分でよくわかっている。
なにしろかくいう私も、小学校の時には塾が大好きで、順位をつけられては誇らしげにしていたし、そういう受験制度の下で今の学校に入って大喜びをしていたのだから。そういう仕組みは私に合っていただろうから。
勉強だけすればいいというのは、正直楽だった。
そこがいけないのではないかと、今は思う。

受験勉強が楽だなどとは決して言わない。
学校の先生は、こんなに勉強するのは今だけなんだから頑張り時じゃない、のようなことを言うが、その勉強の仕方と内容が本質に基かなっていないのだから私にはいまいち説得力を伴って聞こえてこない。
教育の本質ってなんだっけ?と、自分でもまだ考えている段階なのだが。
少なくとも、知識をどれほど詰め込めたかで大学に入れるかどうかが決まるというシステムを許すものではないはずだ。
自分と向き合い、考える時間も満足に得られないままに学部を決めなくてはならず、悩んでいる友達を何人も見てきた。
必ずしも選択を狭めてしまうわけではないようだが、なんとなくで選ぶのはやはりおかしい。

同級生たちを見ていても、高校に入った時から塾に通い、学校では必要な科目以外は「捨てる」ようになっていき、授業中は寝るか内職、という人も珍しくなかった。
中高一貫の名門(?)進学校であるわが校では、塾に缶詰にならなくても、良い(これも言い切りたくないが)大学に行くことは十分にできると、先生はおっしゃっていたし、そうしてこられた先輩方もいる。私は実感していないのでなんともいえないが。
比較的どころか、かなり自信をもって言い切れるほど自由主義なわが校では、受験に際して全く何も干渉してこない。
他の学校を知らないのでこれまたなんとも言えないが、プレッシャーをかけられない代わりに、頼まない限りなにもしてくれないだろう。
私自身は留学準備の為に頼み込んで先生方に時間を山ほど割いていただいた。
そんな学校が私は大好きなのだけれど。

ともかく、そんなわが校でも、生徒たちは焦りに焦り、私から見れば学校での時間も惜しむようになっていった。
私の観察眼に頼るだけでは怪しいものだが、もちろん例外がいることも見て取れた。
そういう賢い子達はうまくバランスをとって生活していて、学校の時間も有意義に過ごしていた。
自分のペースを崩さずに、息抜きのタイミングも知っていたであろう彼女たちは、受験もなんなく、でも確実に、乗り切っていくだろう。

どちらにしても、ともすると勉強以外のことを頭から締め出させてしまう受験生活は、多感な中高生にとって毒ではないのか。
彼女たちは勉強より大事なことがあると知っていながら、受験だから、と押し込めているとしか思えない。私もそうするであろうから。

なんだかまた心もとない文章を送り出してしまった・・。
アメリカの受験制度が素晴らしいと言いたい訳ではない。金やコネで受かったりと、理不尽なこともあるようだし。
なにより本当に正当な評価を与えることは不可能に近いのだから。
かなりの感情論だが、受験を敵視する思いは拭い去れずに膨らむばかりなので、むしろ、筋の通った反論を聞いて、不安を解消してほしい・・。


P.S.コメント欄、必見!!

Good bye 2004

テーマ:
いよいよ今年が終わる。
「忙しい」を口癖にして、いつだって早足でせかせかと歩いて、目を回しては胃を痛めてきた。
それでも、最高に楽しかった、2004年。
英語にどっぷりと漬かり、息苦しさをなんとか乗り越えてきた。
TOEFLもSATも、完全に短期集中型。
留学すると決めてから3年もあったのに大半のvocabularyは今年取り込んだと言っていい。
これから留学する人の、励みになるかな。1年しかなくても、焦れば大丈夫。

大好きな学校も、残すところ3ヶ月。しかも登校日は2週間分もないのだから、寂しい限りなのだ。
書いておかないと忘れるので、、自分用にメモ。
まだまだ、やらねばならないことがある。
卒業アルバム、完成させねば。まだ受けていない面接を、受けねば。答辞の内容、考えねば。中国、日本、アメリカについて、世界について、もっと、深く知っておかねば。そしてもちろん、英語を、勉強せねば。
まだまだ、やっておきたいこともある。
ジムに通って、一年で溜め込んだ贅肉を落としたい。今年入ったNPOで最後まで、活動したい。ギターを習いたい。バイトをしたい。本を読みたい。先生とおしゃべりしたい。後輩たちに私の思いを伝えておきたい。受験を目前にした級友たちにエールを送りたい。そしてあれこれと、考えたい。
こんなに自分の自由が利く時間をまとめて得られることなど、この先はまずないだろうから。時間が足りなくても、もう、やり残したことを先送りにすることはできないから。

日本を離れるときに、私が切り離していくものはなんだろう。新しく繋がる世界はどんなだろう。
アメリカの生活は魅力的だけど、自分が中国で生まれ、日本で育ったことを押し込んでアメリカ色に染まりたくはない。
中国人の、おおらかさとか。日本人の、謙虚さとか、自然に対する配慮とか。私の中に根付いたものを大事にして、生かせればいい。
今は民主主義を騙るだけになってしまったアメリカに、let's blow a blast of foreign air.
同時に、アメリカの学生たちの活発な意見交換とか、学ぶことに身を乗り出す姿勢を、教育のあり方を模索し続けている日本に、見せたいとも思う。

やりたいと思ったことの半分しか実行できない私は、これくらい欲張りでないとだめなのかもしれない。
You are what you do, not what you say.
と、自分に言い聞かせ、口に出すだけで満足しないように、信念を実行に移せるように、頑張る。よしっ。
来年も、力いっぱい生きていきましょう。