未来

テーマ:

大人になればなるほど、近くなってくるのかと思ってた

それなのに、どんどん見えなくなっていくんですね


久しく書いてないと思ったらしょっぱなから弱音かい!ってまた自己嫌悪・・・凹

mixiに魂吸い取られました 浮気してすみません


ていうか非常にホームシックですわ

冬休み帰らなかったのは大きいね

耐えてる分だけ成長しましたが。しかしなんなんだこの心に吹きすさぶ隙間風は。

手嶌葵聴いてたら切なくてリーディングどころじゃなくなってしまった


rootlessっていう言葉が頭から離れないや

自分の基盤ってのがわからなくなってきたね

同じところに留まれない性質だとしてもだよ、どこにも属さないっていうのもinsecureな感覚でしょ

なんかもーこういう不安定な精神状態を引きずり続けるくらいなら

ひとつのところに落ち着いちゃいたくもなるけど・・・

でも今時間とお金が有り余るほどあったらなにをしたいって


旅をしたいよね


夏休み

どうすっかなぁ

AD

keep on thinking

テーマ:
週末なのにim super stressed out
damnnnn

でも昨日のwesCFはなかなかよかった
いつもと違って知らない人いっぱい来てたし。
wesCFがひとつの特殊なコミュニティとして
diversityにどう関われるか、どう貢献できるか
みんな真剣に考えてました。
たしかによく見たら
この団体にはstudents of colorがわんさかいる。
白人男性がマイノリティだもん。レアですよね。

経済の授業でも、race and ethnicityについてのをいっことってるもんだから、いろいろ考えてんだけど。
こないだguest speakerが来て、
cosby consensusを全否定。racial discriminationの現状をstatisticsで示してくれた。
教育とか、employmentとか、黒人は白人に追いつけばいいってだけじゃない。白人のstatusも向上してるわけだから差を縮めるのはさらに難しくて。。。
cosby consensusってのは、
raceをめぐる状況が昔より悪くなってるっていう主張で、
そのスピーカーさんはそんなことない!!ってめっちゃ反対してたけど、
あたしはそのcosby consensusになんらかの価値を見出してもいいんじゃないかって思った。
統計が示す現実だけじゃなくて、
どうして多くの人が still think there is a huge gap between different races and why they think it's a crisis
ってことに注目したら
統計だけじゃわからないところまで掘り下げてけるんじゃないかと。
そういう意味では、経済学は視野をかなり狭めるのかもね。
それを見落とさずにいられればな。。。。

そういう意味では、昨日wesCFで話に出た、
ひとつのコミュニティがどんなに多様な人々を含んでいても、外の世界で問題になっていることに目を向けないようでは意味がないってのには同意。
自分たちはめっちゃdiverseで、getting along with each otherだからって満足してるようじゃ甘いんだぞと。
外で起きてることを持ち込んで話し合えるんじゃなきゃ、コミュニティの多様性がもったいないってことですね。
それはうちの大学全体にも言えることじゃないかなって思った。
sth needs to be done
but i can see the progress this year..... hope we can make more changes.

うう疲れたぃ
経済経済経済
楽しいけどこの単純作業は・・・・・

そして迷う。。。。。。
人は幸せすぎちゃいけないね。麻痺しちゃうし不安になるし自分を保てなくなるし。
ほどほどが一番。
AD

オリエンテーション前夜

テーマ:

オリエンテーションが明日から始まる!

スタッフであるだけにも関わらず

一年生より緊張&興奮してるんじゃないかあたし!?

この二日間のトレーニングで

色々話を聞いては考えさせられた

スタッフってけっこう

責任持たされる。。。。。

そうこなくっちゃ!!!


一日目の昨日。

私たちみたいなinternational studentsが否応なしにぶちあたる
カルチャーショック
についてたくさん話した。


もしあなたが
目に映るものはすべて赤い部屋で生まれたら
なにを知らずに育つだろう?
もちろん、他の色が存在することを知る由はない。
そして、
自分が目にするものが
赤いということをも。


あたしもそうだけど
自分の文化圏の外に出て初めて
新しい環境に戸惑って初めて
自分がもっていた「常識」が
絶対的なものでないことを知った。
倫理的価値観、習慣、食生活、規則、
なにもかもをまっさらにされて初めて
文化とか国を超えて
生身の「自分」に向き合える
そんな気がした


今日。思い出させられた。

去年アメリカに来て
自分にはどうすることもできなくて
フラストレーションがたまった現実
「もったいない」
食堂とか、自分が食べられないような量をとって
当たり前のように残す
トイレで手を乾かすものは使い捨ての紙
ハンカチ持参の人なんて見たことない

無駄が組み込まれたような文化
どうしようもないのかと
思ってたら

なんだかいろいろ
リサイクルのプログラムが始まったらしい
食堂でテイクアウトをするときのお皿
竹でできたものになるとか
竹は3ヶ月周期で再生するからだって
ほんと!?すげえなあ

電化製品も
universal wasteとして
捨てちゃだめなものなのだと
よく考えたら
日本で当たり前に行われてることだった
うーんでもこっちじゃ進歩なのかな

トイレに
手を乾かすあの
ぶぉーーーーってやつを置いてくれれば
もっと感動するんだけど
アメリカ人はあの数秒も待てないのかも
ハンカチをもって学校に行こうなんて
習わないのよね


なにげなく毎日をすごしているだけだったら

すぐに忘れてしまうこと

たまには凝視して

じっくり考えてみるのもいい

そんな機会を

このオリエンテーションで

自分に与えられるなんて

思いもしなかったよ


ボストンとか行きたかったし

めっちゃ忙しそうだから

最初は

やっぱやめときゃよかったかも・・・とか正直思ったりした

けど

一度時間の使い方を決めたら

それをフルに楽しむようにしよう

いえいポジティブ万歳




AD

春休みのたび

テーマ:

わんわんバウワウ!

なっなにこれ。。絵文字なんていつの間に登場したんだぁ。


ブログ更新の気力を振り絞るのも一苦労だわ。。

2学期目の生活をupdateしようと思うのですが・・・なにから書いていいやら。


いろんなイベントに手を出したセカンドセメは、さっさと通り過ぎていきましたよ。

いちばん心にくっきりと刻まれてるのは、やっぱり春休みの mississippi tripだな。飛行機

HABITATのプログラムで、Wesleyan Christian Fellowshipにくっついて家を建ててきました。家

春休みの一週間を、だれかのために使う・・・そんな風に言われかねないけど、

結局はものすごーく自分のためになった旅でした。

WesCFと一緒に行ったからっていうのが大きいんだろうな。

キリスト教とのお付き合いは今に始まったことじゃないけど、大学でまたこういう出会いを果たすとは夢にも思ってなかった。

アメリカでキリスト教っていうと、かなり保守的で敬遠したくなるイメージでしょうけど、

うちの大学ではマイノリティなのね。。。そのせいもあってか、特殊な人たちが集まるのかしら?

大学に入ってからクリスチャンになりましたってひともいるし、今までの人生で信仰を見失ったり、いろんな回り道をして今に至る人もいっぱいいて、そういう意味では抵抗なく溶け込めました。

この旅を通して、自分の中にあるfaithを感じ始めたといっていいくらい。おっきく、揺さぶられたんだよ。


JGにいたときも、礼拝や授業での聖書の取り上げ方は、嫌いじゃなかった。でもどんなに生活に結びついていても、いまいちピンとこないほど、学校っていう枠の外な感じがしたのかな。。。

でもmississippiで出会った神さまは、私たちの輪の中にいた気がする。すぐ近くに。同じ目線に。

正直、まだ神さまを信じていると言い切ることはできないけど・・・

少なくとも、神さまを信じる、人間のほうを信じたいと、この旅で出会えた人達を見ていて思ったの。

一緒に話していて、たくさんのことを学んだよ。夜はbible study time なんだけど、なにをモチベーションにそこにいるか話したり、今までで触れた死について語ったり、濃い時間を過ごせた。。最後の夜、その旅を振り返って自分と向き合う時間をもらったときは、涙が止まらなくなったんだ。


自分たちの手を通してfaithとloveを人に伝えるんだ、って言った彼ら彼女らの目に、強い信念を見た。

これだけ助けを必要としている人がいる世界で、自分の手をだれに差し伸べるかっていうのは私の中で昔から答えの出ない問いだったから。

mississippiで建てた家の持ち主は、そのときも既に住む車(中に家の機能完備よ。。)があった。

半年も経っていながら、まだ崩壊した家や車の残骸がそのままになっている地区を見てきた私たちとしては、もっと切実に助けを必要とする人々がいるのではないかと、気になって仕方なかったんだ。。
慢性的な貧困とか、もっと規模を拡大すればまだまだ私たちのやっていることは甘いんだと。

毎日自分たちの生活が満足にできている前提でしか人を助けようとは思わないのかと。

そういったところに、裕福な環境に甘やかされた人間の弱さを感じた。

それでもあたしには捨てられない生活と未来がある。それを脅かさない範囲内でしか。。。

oops...ここまで書いたらまた憂鬱になってきた。いけないいけないガーン

中高時代に信じきれなかった聖書の話。許せなかったイエスキリストの偏った人助け。

でもそうやって、自分の通った道で人々を助けることで彼がしたのは、

決してただの気休めでも自己満足でもなく、

信仰っていう足跡を残し、広げていくことだったんだなって。

時代をまたぎ、国境を越えて、今その信仰はたくさんの人の心に宿って、serviceを行う源になる。


・・・・ってなことが文字通り行われているとすればこの世界はもちっと平和なのかもしれない。

キリスト教に限らず、どの宗教だって過激な人達を抱えてるし・・・むしろキリスト教の主流になんて保守的な人しかいないのかもしれない。そこらへんは私にはわからん。うん、偏見に固まって知識不足。


でも、だからね、宗教を頭ごなしに否定したり肯定したりすると、そこに潜在する大切なことを見失うんじゃないかと思うの。

だからあたしがミシシッピに行って感じたこと、感動したことも、あのグループだったからこそだろうなって。

彼らに会いたくて、話がしたくて、今もWesCFに行くんだもの。そこになら会いたい神さまがいて。

それでいいんじゃないかな。違う立場に身をおく余裕を持ちつつってな感じで。。


充実したセカンドセメのなかでも、ものすごーーーーく存在感のある、春休みの一週間なのでした。。。

来年も、きっと!!!


my life in 2nd sem

テーマ:

what i've got this sem.


academics:

International Politics

Japan's Others

Chinese Masculinities

Third Year Chinese

Modern Dance I

Intermediate Tennis (probably)


Extracurricular:

MABUHAY (an Asian event show)

Committee itself....

Sooranbushi

Taiwanese traditional dance

Korean pop dance

Spring Dance Concert

Japanese Conversation Partner

EAS outreach program (teaching Asian cultures to middle school kids)

UNICEF


sonna kanji.....

ready?

テーマ:

crazily busy...

haven't even talked to my parents online......lol ... gomen!!

haha i love it tho!!

i'll do a lot more things this sem...

so happy and excited

one thing... i came back to my room at 2am last night (or rather this morning) and woke up at 6:40 to read..... hahaha i'm ready to die

will update my daily life later when i'm settled!!

yaaaaaaay

bye

moving on

テーマ:

ok i'll leave tomorrow and go back to wesleyan.

yeeeeeees finally!!!


the problem is that i might be unable to write this blog from my laptop again....lol

f...!! ok let's try not to swear :P

anyway i suppose i'll be too busy or too lazy (well, they can coexist according to my principles) to visit here... gomen.


have a great year, everybody!!


my dear people in japan....

you form a big part of my purpose to live..

no matter how far away i'm from you, it's always true.

love you always!!


最後に某芸人の言葉を借りて。


人生には3つの坂がある。

上り坂。

下り坂。

そして、

まさか!!!


はい、なにが言いたいのか自分でもわからないままオチのない話を終わらせていただきます。

ばいびー

FIVE MORE DAYS

テーマ:

what the heeeeell

haha i'm missing my crazy life back at wesleyan sooooooo desperately now...

began packing... one half of my suitcase is occupied with clothes, and the other half with food... well by now it's mostly snacks. iyaaaaaaa craaaazyyyyy ><

i dunno when i'll come back next time, so wanna bring as much food as possible...

kimchi toka... curry toka... cook do toka...haha... aojiso dressing toka... noodle mone!

doraemooooooooon, help meeeeeeeeeee!! lol


ていうか日本寒いねー


today i'm so random.... hehe it's become me though... wesleyan people made me more random than ever.

well, in JG i was made to be so weird and now this new environment is fostering my wierdness more! huh!

but i like both a ton... i can behave naturally and just become myself so comfortably...


wanna go baaaaaaaaaack

see people

hug people

talk to people

laugh with people

and lead my crazy life again


missing yooooooooooooou

well haha i'm not reluctant to leave japan this time...

jaaneeee