渡米前オリエンテーション

テーマ:

のお知らせが日米教育委員会から来た。みなさんにも来たのかな??今年出発する人用らしい。

http://www.fulbright.jp/j4/orient.html
こんなものがあるんですねぇ。勢いで登録しちゃったけど、水曜日かよ・・・。

AD

5年越しの帰省

テーマ:

4月22日から5月3日まで中国に帰省します。

御用のある方はEメールでどうぞ。携帯メールも使えますが(なにしろグローバルスタンダード☆笑)高くつくのでやめてください(せこいなグローバルスタンダード)

5年振りってなかなかすごい。前に帰ったときは中1だったってことか。今より10cmくらい小さかったな・・・

 

今回はいろんな意味で楽しみです。

反日騒ぎが向こうではどう受け止められているのか、はたまた話題にさえ上っていないのか、この目でしかと見てきたい。

 

 私としては、どっちの国民の気持ちもわかるが、どっちの政府の対応にも不満があるといったところだろうか。

「謝れ」「そっちが謝れ」とかやってる場合じゃない。

どちらの国民にも事実を多面的に知ってもらう、湾曲した情報から生まれる誤解で、不必要な警戒心や猜疑心を増大させないようにする。これが先だろ。

そのために今は協力してほしい。自らを譲歩し、相手の言葉に耳を貸す態度を見せてこそ、国民の信頼を勝ち取ることができるのだから。

 

でも、日本がどんなに頑張っても情報規制で半分目隠しされている中国国民に伝わらないのかと思うと悲しい。

そんなときこそ個人間の交流がものを言うのだろう。

私もいっちょ頑張らにゃ。

AD

最後の春

テーマ:

今までパソコンをウイルスに侵されていました。よりにもよってこんな時に!

回復したからいいものの、バックアップしたデータ以外全て消滅。画面がすっきりしちゃったよ・・・。

お気に入りページが消えたのはイタイです(泣)今まで集めた留学関連ページたち、も一度探しなおさねば。

 

ふぅ。エッセイやらなにやらでちょっと気疲れ。たまには脱線しようっと。

息抜きにと外に出ては桜を眺めてばかりです。もう満開を過ぎた今日なんかは、風が吹くたびに辺り一面の桜吹雪に見とれていました。これで見納めかと思うと寂しいです。

次に日本の桜を見られるのは何年後だろう。どんな自分がいるんだろう。私がどれだけ変わっていても、そのときにはまた、友達とお花見をしたり、桜並木が続く河原で家族と写真を撮ったり(なぜか毎年の恒例行事と化している)、今までと変わらない春を過ごしたいなぁ。

AD

最後の悪あがき

テーマ:

なんだかコメントが書けないので(頼むぜアメブロ)記事にしちゃいます。

皆様温かいコメントをありがとうございます。
まず、ファンさんへ。International StudentsにとってFinancial Aidがネックになるのは確かです。

HarvardやYaleのように完全にNeed Blindの大学ならば気にしなくいてもいいと思います。が、中国などの優秀な学生と競えるほどのステイタスがない場合、金銭面で切実な彼らから奨学金を奪うのは難しいでしょう。
私の場合は出願した大学全てに対して要請したのがいけなかったのです。ただでさえ高望みだったのに(苦笑)出願者の中で自分が一番上だろう、と思える安全圏の大学をいくつか定め、そこに対してAidを申請するなら、きっともらえると思います。これは単なる憶測ですが。
私は今回、なんの考えもなしにねだったことを深く反省しています。だからといって初めから奨学金をあきらめる、ということはできなかったと思いますが。もっと準備していれば、というのが心残りです。
奨学金をもらうのは難しい、と認識した上で戦略を練っていけば道はあるはずです。頑張ってくださいね!!

Qookieさんも、アドバイスありがとうございました!今、Carletonに出すessayを書いております。最終的な結果がどうであれ、納得の行くまでやることやっとかなきゃ気が済まないという、意地っ張りな奴です。
Wesにも、半分入る気で、合格者のコミュニケーションの場として提供されているらしい、メーリングリストに登録して投稿を傍観しています。Wesについてあれこれ論じ合っていてなかなかおもしろい。判断材料になるほど信憑性があるかどうかは謎。

皆様、本当にありがとうございます。周りの支えを励みにしつつ、まだまだ不安定な生活を送ります。。

これが現実

テーマ:

ここまで公開しておいて、結果に凹んでいるからといって書かないわけにはいかない。精神的に回復しつつあるからこそ書く気になったのだが。

自分が今までしてきたことはなんだったのだろうと、思わずにはいられなかった。そんなことはないと知っていても、自分の全てを否定されたようで自信を粉々に砕かれた気さえした。なにより、まだ待つのかよ!?

Harvard College: 不合格

Brown University: 不合格

Tufts University: 不合格

Colgate University: 不合格

Georgetown University: Waiting List(補欠)

Williams College: WL

Vassar College: WL

Carleton College: WL

Wesleyan University: 合格

もう言い訳さえしたくない・・・。とりあえず、WesleyanのRegularにも応募しておいて良かった。フリーマンには裏切られたが、Wes自体はとても良い学校だと聞く。昨夏訪れたキャンパスの中でも一番綺麗で過ごしやすそうな印象を受けた。

でも、面接がうまくいったGeorgetown、Essayに力をいれたCarletonに更に焦らされることになるとは。Williamsは逆に考慮に入れてもらえる気さえしなかったが。

もう待つことには慣れたけど、正直WLは考えてなかったので(おい)かなり面食らった。

Carletonに行きたいよ~~。

聞くところによれば今年は激戦の年だったようで、運が悪かったとしか言いようがないのかもしれない。でも反省すべき点は探せばぽろぽろ出てくるだろう。辛い時期はこれからってことか。

 

情報求ム

テーマ:

今私が知りたいことは、

Wesleyan University(CT)について。是でも非でもいいから、噂、実態、意見etc

Waiting List について。可能性はいかほど?待機中にすべきことは?

予想が甘すぎたのは確かだが、それにしても予想外の厳しい結果。うーん、耐えるしかない。

これから大学留学をする方に今言えるたったひとつのことは、手当たり次第にFinancial Aidを申請しないこと。これが壁だったのだと、実際にAdmissionsの方もおっしゃっていたから。全部の大学に出すことだけは、やめておいた方がいい・・・。