Good bye 2004

テーマ:
いよいよ今年が終わる。
「忙しい」を口癖にして、いつだって早足でせかせかと歩いて、目を回しては胃を痛めてきた。
それでも、最高に楽しかった、2004年。
英語にどっぷりと漬かり、息苦しさをなんとか乗り越えてきた。
TOEFLもSATも、完全に短期集中型。
留学すると決めてから3年もあったのに大半のvocabularyは今年取り込んだと言っていい。
これから留学する人の、励みになるかな。1年しかなくても、焦れば大丈夫。

大好きな学校も、残すところ3ヶ月。しかも登校日は2週間分もないのだから、寂しい限りなのだ。
書いておかないと忘れるので、、自分用にメモ。
まだまだ、やらねばならないことがある。
卒業アルバム、完成させねば。まだ受けていない面接を、受けねば。答辞の内容、考えねば。中国、日本、アメリカについて、世界について、もっと、深く知っておかねば。そしてもちろん、英語を、勉強せねば。
まだまだ、やっておきたいこともある。
ジムに通って、一年で溜め込んだ贅肉を落としたい。今年入ったNPOで最後まで、活動したい。ギターを習いたい。バイトをしたい。本を読みたい。先生とおしゃべりしたい。後輩たちに私の思いを伝えておきたい。受験を目前にした級友たちにエールを送りたい。そしてあれこれと、考えたい。
こんなに自分の自由が利く時間をまとめて得られることなど、この先はまずないだろうから。時間が足りなくても、もう、やり残したことを先送りにすることはできないから。

日本を離れるときに、私が切り離していくものはなんだろう。新しく繋がる世界はどんなだろう。
アメリカの生活は魅力的だけど、自分が中国で生まれ、日本で育ったことを押し込んでアメリカ色に染まりたくはない。
中国人の、おおらかさとか。日本人の、謙虚さとか、自然に対する配慮とか。私の中に根付いたものを大事にして、生かせればいい。
今は民主主義を騙るだけになってしまったアメリカに、let's blow a blast of foreign air.
同時に、アメリカの学生たちの活発な意見交換とか、学ぶことに身を乗り出す姿勢を、教育のあり方を模索し続けている日本に、見せたいとも思う。

やりたいと思ったことの半分しか実行できない私は、これくらい欲張りでないとだめなのかもしれない。
You are what you do, not what you say.
と、自分に言い聞かせ、口に出すだけで満足しないように、信念を実行に移せるように、頑張る。よしっ。
来年も、力いっぱい生きていきましょう。
AD

アメリカ留学

テーマ:
これからアメリカの大学を目指そうという人のために。
そういう人が増えてくれることを願って。
アメリカの大学、私立とLAC合わせて9校に出願しました。
誰かの好奇心を満たすために書いておくと、
Harvard College
Williams College
Wesleyan University
Carleton College
Georgetown University
Tufts University
Brown University
Colgate University
Vassar College
アメリカの大学を知っている人には、ビッグネームばかりにそそられてしまったことがお分かりでしょう。良いとは限らないのにね。
願書を出し終えて、今は合否通知待ちです。
3ヶ月以上、待つしかないから、考えすぎてもしようがない。
日本の大学に推薦で受かった友人たちと一緒になって、受かった気で卒業までの日々を楽しむのみです。
振り返ってみると、アメリカの大学の出願システムは私に合いすぎるほど合っていた。日本の大学を受験していたら得られなかったことが、沢山ある。
日本でいうAO入試の形。
TOEFLやSATなど受けるべき試験のスコアのみならず、成績、課外活動、推薦状、エッセイ、ボランティア、職務経験などが審査基準となる。
つまりは一人の人間としての価値を包括的に評価される。
何事にも手を抜けない緊張感は思った以上に大きかったけれど、毎日の生活が未来へ確実に繋がっていくということが、プレッシャーをエネルギーに変えてくれた。
エッセイも、トピックが多種多様で、「書く」訓練をしてこなかった私にとっては頭痛の種でしかなかった。18歳でここまで深く自分の半生を振り返ることになるとは・・
粘り強く考え、言葉として形にすることで、曖昧だった考えとか、うやむやにしようとしていた気持ちを、見つめ、練り直すことができたのは、怠け者の私にとってはとても貴重なもの。
高校の3年間を、公式や年代を頭にねじ込むだけの受験勉強に明け暮れるのでなく、毎日の活動に意味を持たせながら、自分を高めようとアンテナを張り巡らして過ごすことができて、本当に良かった。

留学については、まだまだ書ける。
ひとたび受かってしまえば、偉そうにアドバイスをしたりも、できるんだけどなぁ。

AD

お初。

テーマ:
年の暮れも暮れに初めまして。
こんな急に、ブログを作ったのは、留学準備も一段落つき、ゆとりがあるうちに部屋と共に自分の頭をきれいさっぱり掃除しておきたくなったから。
留学のこと、自分のこと、学校のこと、世界のこと、大好きな人たちのこと、いろいろ、考えるのに、その場から忘れてしまう。
だから、押し寄せては流れ去ってゆく、私の色とりどりの思いを、ぶちまけつつ記録するべく、作ってはみたものの・・・
人に見せられるようなものにはならない、自信があるぞ。
うまく言葉を紡げるようになるための訓練場と、なってくれればいいです。
AD