操縦席が乗っ取られた飛行機や船を想像してみてください。

一般的にはハイジャックされたといいます。犯罪です。

 

国家多文化主義、グローバリストに乗っ取られた状況を想像してみてください。

 

いま、安倍総理が強力に推し進めている移民拡大政策とTPPなどの主権放棄条約が、そのハイジャックされた状況を作り出そうとしています

 

そして、すでにハイジャックされて何十年も経過したスウェーデンでは、国民にアイデンティティを放棄するべきだと、政府後援の団体「Individual Relief=ひとりひとりの安心」が、75秒のとんでもないTVコマーシャル下矢印を流しました。

(英語字幕付きですが、下に日本語を付けてみました。間違えていたらごめんなさい。ペコリ

 

 

 

時間は戻りません。スウェーデンは昔の姿に戻ることは決してありません。

ヨーロッパは変化しています。

そしてスウェーデンは、避難先を求める人々ための安全な場所として必要とされています。

 

今私たちは将来に目を向け、一緒に助け合って生きていく道を探さなくてはいけません。

 

新しく入ったスウェーデン人が、彼らのための居場所を要求することを理解すべき時が来ました。

そして彼らの文化、言語、習慣を持ち込むことを、前向きな力と見なすべき時が来ました。

 

スウェーデン人になるためには、肌の色や生まれた場所よりも、共にみんなと一緒にいる“あなた”であり“私”であることが求められます。

 

統合への努力が求められているのは、新しくスウェーデンに来た人だけではありません。

すべての人に統合が求められています。元からいたスウェーデン人も同様に統合を求められます。

 

統合とは相互理解を見つけることです。

 

平等な役割に基づいた未来を作りましょう。現実と信念のある未来を。

 

憎しみと恐怖を捨てて国を作りましょう。

 

私たちの世界観と考えと行動の中では、私たちみんなに新しい国があります。

 

一緒に国を作る時が来ました。それは誇らしく、誰にでも開放的で持続可能な国です。

 

新しい何か。 新しい国。

 

 

このコマーシャルの最後「新しい国」の映像がこれ下矢印ですからね。

イスラム国家にでもなるつもりでしょうか。え゛!

 

WATCH: ‘Swedes Must Integrate With Migrants,’ Says Government-backed Org 

ByPamela Geller on September 20, 2016 

 

 

欧州では受け入れた移民をassimilationintegrationでよく論争が起きています。

すごく大雑把に言うとこんな感じでしょうか。

assimilation 同化(移民が受け入れ国の文化風習を受けいれる)

integration  統合(移民の文化を保持する)

 

今回のTVCMは簡単に言うと、同化を非難し、統合を推奨、こんな感じです。

 

「スウェーデン人は、移民の文化、宗教、言語を自分たちが受け入れて統合しなさい。

かつてのスウェーデンはもうありません。新しいスウェーデンを作るのです。」

 

サウジアラビアは、イスラム教過ぎると言われますか?

ソマリアが黒人過ぎると言われますか?

どうして先進諸国だけ多人種、多様性、多宗教を強要されるのでしょうか?

 

多分、先進国は国民全部が「既得権益者」と見なされているのだと思います。

今リッチだからです。

先進国の富を世界中の貧困者に分け与え、企業の製品を購入できる層を増やしたいのです。

だから、いつまでも既得権益にしがみつくな!とグローバリストが怒って私たちをいじめるのです。はこ怒る

この場合の既得権益とは先進国に生まれ育ったこと、だから先進国でのナショナリズムを悪とみなし攻撃します。

 

治安の悪化は織り込み済みでしょうし、中間層の消滅も願っていることです。

 

この異常なイデオロギーの先頭を走ったために、すでに第三世界の飛び地になっているスウェーデンですが、一昨日夜(水曜日)にもイエーテボリで、移民たちが暴動をおこし、警察官に怪我をさせています

彼らは、車にはねられた人を救護する救急隊員に石を投げて妨害し、警官にはレーザー光線で目を負傷させました。もちろんお馴染みの車放火なんかも当然やっています。

 

スウェーデンが移民でどうしようもなくなっているのは今までにもいくつか記事にしています。

ネオナチが子供難民を集団で攻撃したと全くの嘘を報道したスウェーデンメディアの事件

・イエーテボリのソマリア人犯罪組織の抗争でアパートに手榴弾が投げ込まれ子供が死亡

・19歳なのに15歳と年齢詐称のエリトリア人を多文化主義の女性が自宅に泊め、彼女の娘が痴漢された事件

・スウェーデン移民統合の成功例としてTV出演したシリア人移民が、ブラッセルのテロ事件犯人の一人だった

・連日のように移民が集団で暴動をおこし放火、投石、ロケット花火などで警官を襲撃していること

豪州のTVクルーが移民のNo Go Zone地帯を撮影中に襲撃された事件

15歳の難民が施設の女性職員を刺殺

14才のシリア移民が逆恨みで15歳のリトアニア少年を刺殺。スウェーデンメディアが隠蔽。

野外音楽祭で移民男性が集団で女性を性的暴行。当局が隠蔽。

まだありますが、このくらいにしておきます。

 

 

新しい国なんて言っていますが、ソマリアやアフガニスタンを目指そうということであり、別に新しくもなんともありません。

自国を破たんさせた人間たちを受け入れて、今度はスウェーデンを破たんさせようとしているだけです。彼らのノウハウを借りて。

 

さすがに、このCMは評判が悪いようです。

昨年、欧州で一人当たり一番多くの難民を受け入れたスウェーデンですが、今月初めの調査で、国民の6割ほどが難民受け入れを減らすべきと考えていることがわかりました。

 

2015年にもっと難民を受け入れるべきとしていた31%の数字は、現在13%に落ち込んでいます。(13%もいるのが驚きですが、帰化人かもしれませんね)

 

 

ジェノサイド条約というものがあります。(日本は確か武力行使の関係で批准していないようです。)

 

ジェノサイドの定義(第2条)


この条約では、集団殺害とは、国民的、人種的民族的又は宗教的集団を全部又は一部破壊する意図をもつて行われた次の行為のいずれをも意味する。
(a) 集団構成員殺すこと
(b) 集団構成員に対して重大な肉体的又は精神的な危害を加えること。
(c) 全部又は一部に肉体の破壊をもたらすために意図された生活条件を集団に対して故意に課すること。
(d) 集団内における出生を防止することを意図する措置を課すること。
(e) 集団の児童を他の集団に強制的に移すこと。

 

大げさかもしれませんが、行き着く先が怖いです。

 

絶滅危惧種スウェーデン人の貴重なビデオ下矢印がありました。(現在との対比あり。約2分)

 

 

 

移民を入れるというのは、積極派にとっては自殺反対派にとってはジェノサイドに繋がる恐ろしい政策なのです。ガクブル

 

 

 

 

 

AD