外敵の侵入で絶滅した動植物は数知れず、日本人もそうなるかもしれません。

安倍総理になってから外国人を大量に呼び込む政策がすすめられ、日本人はみんなで外国人を歓迎しないといけない雰囲気を作られてしまいました。
「外国人歓迎」なんて、一部の人しか儲からないばかりか、害悪の方が多いです。

「おもてなし」に税金を投入したり、日本人消費者から補てんしたりするのは止めてください!
「おもてなし」など不要です。

外国人は外国では肩身の狭い思いをして当たり前であり、その国の国民が気持ちよく暮らせることが大事です。

外国人だけが優遇され割引を受けるという異常な日本の店、
その場で免税するような諸外国に比べて行き過ぎたサービスなど。(少額は免税するなはこ怒る
大丈夫?「爆買い客」中毒になっていく日本経済 JBpress 2月23日)

結局は鉄道会社や店が外国人のみ安くした分は日本人が補てんすることになります。
また、夕方スーパーのお総菜売り場で値段が下がるのを楽しみにしているのは、日本の庶民です。
それを中国人が大量に買い占めホテルで食べるなんて、外国人観光客として最低の部類でしょう。

その国の庶民や低所得者の生活を脅かしたり、競合したりするような外国人は入れてはいけません。
来日外国人は金持ち限定にしてもらいたいです。



こんな記事もありました。
犯罪者の外国人を甘やかすからこういうことを言い出します。

「ご飯のクオリティ酷い」「私たちは動物ではない」不法在留外国人、国費負担の収容生活「改善」求めハンスト 2016.2.22 産経)

不法在留で国外退去を命じられ、大阪入国管理局で出国までの収容生活を送る外国人が2月、ハンガーストライキに打って出た。

ハンスト? 誰が困るんですか?
さっさと飛行機に乗せたらいいと思いますよ、ハンストのまま。どうなってもいいですし。?*

「私たちは動物ではありません、人間です」 だそうです。

なら、人間らしく法を守りましょう。
嘘をつくなど動物はしませんから、もちろん動物ではないですね。動物以下の犯罪者です。punpun#*

この犯罪者どもの滞在費と帰国費用が日本の税金で負担かと思うと怒り心頭です。
欧州と同じで、奴らには人権団体などが入れ知恵を授けています。
オランダでも同じようなことを言っています。

他人様の国で主張しないで、自国で主張してよい国になるよう自分が努力すべきです。

私たちは人間です

(Dutch Village Gets What it Voted For-オランダで、人口9000人の村に2000人の難民センターが出来て、犯罪が多発、極左の市長はその現実を認めなかったのですが、商工会などが陳情して警察署の設置が決まったという報道です。そこからの写真です)



もう一つ頭にくる報道は、トルコ人の偽装難民2人が、難民申請中の仮放免で自由気ままに日本で歩き回って、女性を集団レイプ、そして強盗までしたことです。
公衆トイレで女性乱暴し、金奪う 難民申請中のトルコ人2人逮捕 警視庁 2016.2.22 産経)

ついこの前は、難民申請中のネパール人が猥褻事件で逮捕されました。

欧州もそうですが、合法的に滞在許可が出ないような低レベルの途上国の人間をなんで、入国させ、檻にも入れず好き勝手に歩かせているんでしょうか?
口では女性の活躍とか言いながら、女性を危険な目に遭わせているではないですか?

だいたいが若い男です。低レベルですから、新しい土地でも疎外感を持つでしょう。
しかし、だからこそ、性欲しかなくて、貧乏で風俗にもいけないから、その国の女性を狙うんです。
こんなことわかりきったことなのです。欧州では大量の性犯罪がずっと起きていました。

グローバル脳は、先進国の女性を奴らの性欲のはけ口に使おうとしているのでしょうか?
日本人女性を被害者にしたい朝鮮人が日本を支配しているわけじゃないでしょう?
日本政府は自国民を守る政策をとるべきだと思います。


難民認定基準を厳格化すると日本政府は言いましたが、このトルコ人は、「親族間のトラブルがあり、トルコに戻れない」 これが理由です。はこ怒る

全然厳しくなっていないじゃないですか?政府がこれで厳しいというなら、他にどんなのがいるのか想像するのも恐ろしいです。

16歳と22歳の何の取柄もないトルコ人、こんなものが日本に定着したら大変です。
こんな奴らは難民申請即日に却下して日本から放り出すべきなのです。はこ怒る
そもそも最初から入国させなければいいのです!はこ怒る

結局、この報道も難民としての保護対象に「新たな形態の迫害」という枠組みを追加することがメインであり、難民認定者をどんどん増やす印象を与えたくなくて厳しくすると言ったのだと理解しました。
(新たな形態は女性であることを理由に身体的虐待を受けるケースだそうです。たぶんこういうことでしょう。)



ここまで紹介したように、日本も必死で欧州の破滅を追いかけていますが、次の記事を見た時に、オランダはここまで狂人ぶりが徹底しているのかと驚いてしまいました。

--------------------------------------------------------------

NEWS Netherlands: Man arrested for wearing pig hat
FEBRUARY 22, 2016 JIHAD WATCH
豚の帽子を被った男が警察に逮捕される

記事とそこにある動画から簡単に紹介します。

オランダでは、難民収容センターの設置に反対する団体があちらこちらでデモをしていて、
そしてその成果もあってかいくつかで建設中止に追い込んでいるようです。

今回はそういうデモの一つで、周りにはイスラム教徒もいませんし、暴力沙汰もなく、静かに人が集まっているだけでした。
そのうち一人の女性が警察から豚の帽子を脱ぐように命令されました。

pighat1


彼女は取りましたが、他にもいて、警察の命令に従わなかったこちらの男性は逮捕されてしまいました。男性は、帽子はどこにでも売っているのに馬鹿げていると言っています。


pighat3


記事ではこう書かれています。

線 オランダのシャリーア(イスラム法)警察は、ムスリムは豚肉食禁止だけでなく豚の帽子まで禁止していると思ったのでしょうか?
オランダ警察は豚の帽子が、「私はイスラム教徒が嫌いだ」という意味だと解釈したのでしょう。

たとえ、イスラム教徒が嫌いという意味だとしても、だからと言って、これは犯罪なのでしょうか?

豚の帽子を被ることは、イスラム教徒の洪水が押し寄せていることへの反発という意味なのかもしれません。

また、豚の帽子を被ることは、単に動物の帽子を被るという遊び心かもしれません。

この逮捕劇は、オランダ警察がどれだけイスラム教徒を恐れているのか、彼らを宥めることをいかに固く決心しているかを示しています。
たとえ彼らがその場にいなくても、オランダ警察はイスラム教徒が喜ぶことをすることにしているのです。

オランダの5年後 10年後を想像してみてください。
公の広場で「石打の刑」や「(手足の)切断刑」があるかも知れませんね。 線END

動画も貼り付けておきます。


----------------------------------------------------------------

豚が好きな人には人権侵害です。ムスリムが嫌うからといって、この警察の横暴ぶりには呆れかえりました。まともな国とは思えません。

それにしても、豚の帽子はかわいいですね。

pighat3


誰かが自宅に入り込んできて、カーテンが気に入らないとか、食事がまずいから変えろとか、勝手にお祈り部屋を作るとか、家族を呼び寄せ子供を産んで更なる部屋を要求する、こんな理不尽なこと想像できますか?

しかし、それは正しいし、反論は制裁する、逮捕するというのがメディアや政府です。

無関心は彼らの勝利、私たちの敗北となります。



AD