エバンジェリスト ZORO

日本一のビジネスコピーライター ZOROのブログ


テーマ:
以前に予告したとおり、インディーズ作家の如月恭介さんについて、
私の思うところを述べてみたいと思います。

以前に如月さんの書籍がいくつか無料キャンペーン中でしたが、
読んで頂けましたでしょうか?

まだ読まれていない方は、
是非お読みになられてからこの記事を読んで頂きたいと思いますし、
以前に無料で入手できなかった方は、以下の書籍が現在キャンペーンで、
通常250円のところが99円になっていますので(期間不明)、
この作品だけでも読まれることをお奨めします。


除妖師 其の一 ―電脳の目―

私は上記の作品はもちろんのこと、如月さんの作品は全作品読みました。

如月恭介さん全作品

その上で、私の感じたことなのですが、
この如月さんという方は、「本当にいい人なのだろうな」ということです。

これは言葉にすると語弊があり、誤解が生じそうですね。

「いい人」という言葉は通常褒め言葉というよりも、
あまり良い意味を持たないほうが、圧倒的に多いからです。

悪口ではなくとも、他に褒めるべき所がないから、
そして可もなく不可もなくだから無難な言葉として使われることが多いです。

ですが、そのような無難な褒め言葉としての「いい人」ではなく、
本来の意味合いでの「いい人」だと感じさせてくれるのが如月さんです。

そして、如月さんの作品の全てでテーマになっていること、
つまり、根底に流れていることが「いい人」の追及だと思うわけです。

私は如月さんとは面識がありませんし、インタビューをしていませんので、
すべてが私の推測でのことになりますが、
言葉にすると陳腐な人間としての純粋さ(ピュアさ)や「いい人」さを、
追求したのが、すべての作品の主人公像だと思います。

つまり、良い意味での「いい人」如月さんが追及する、
如月さんご自身が、そうありたいと願う姿が主人公として描かれているのでは?
と思うのです。

地位や名声、財産、肩書き、さらには才能など目に見える形あるもの以上に、
もっと根本的に素晴らしいものが人間にはあるのではないのか?

という、直接的な言葉にすると陳腐になってしまうことを、
小説というフィクションによって読者たちに訴え続けているのが如月さん。

そう思っています。私の考えが当たっているのかどうかはわかりませんが。

ですが、そう思って読んでいる私は、如月さんの小説が好きです。

たぶん、小説としての完成度としては低いという評価になると思いますが、
如月さんの初期の作品らしき「名探偵の事件簿」に、
そのコンセプトが端的に現れているように思います。

探偵というよりも何でも屋に近いお人好しの主人公が、
金にならない仕事ばかりを年寄りや子供に頼まれて引き受けてしまう。
探偵らしきことは何にもやらず、全然まったく名探偵ではないのですが、
その生き方が賞賛され、受け入れられる世の中になったらいいなと、
子供の夢物語のようなことを、ついつい考えてしまう作品です。

現実はそうそう甘くないのですが、そんな甘い現実が将来訪れて欲しいと、
自分の子供達が大人になったときを思い、願う次第です。

そして、最後に、如月さんという方について、もうひと言お伝えすると、
この方の作品は、まだ現在進行形で進化中だと感じます。

初期の頃の作品に比べて、最近の作品のほうが圧倒的に完成度が高いです。

優しい悪魔」そして上記「徐妖師」となるにつれて良くなっています。
たぶん、「徐妖師」の続編ではさらに進化するのではないかと期待しています。

そんな期待感もあるのが如月さんの魅力です。

如月さんという方は、プロフィールを拝見するに、
たぶん、私ほどではないにしろ「おじさん」だと思います。

その年齢で進化や成長することは非常に難しいものです。

人間20歳を超えたらなかなか成長など出来ません。
ましてや30歳を超えたら退化しても進化(成長)する人は珍しいです。

過去の遺産で食いつなぐのが普通ではないでしょうか?
まあ、知識だけは無駄に増える人は多いですけどね。

その意味で、いまだ成長中ということは、驚嘆に値します。
そのような意味からも、今後の作品に大きな期待をしています。

作品に対する好き嫌いはあるかと思いますが、
あなたも是非、この如月ワールドのファンになって下さることを、
一人のファンとして願ってやみません。


優しい悪魔

今日の話に関して「面白かったよ」と思って下さった方は、

この↑ボタンをクリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
優しい悪魔とは、如月恭介さんの書籍の作品名です。


優しい悪魔

この書籍が現在、無料キャンペーン中です。
ですので、如月さんの作品を読まれたことのない方は、
無料のうちに是非1度、この作品を読んでみて下さい。

私のレビューでは星を4つにしていますが、今にして思えば、
そして、非常に生意気な感想を述べるならば、たぶん・・・・・・

この作品「優しい悪魔」が如月さんの現時点の作品の中で、
最も出来の良い秀作だと思います。

星5つで評価した「出来損ないの天使」よりも、
優しい悪魔のほうが、キッチリと描かれていると思います。
好き嫌いで言えば、
どちらが好きかは意見の分かれるところだとは思いますが、
私個人は、この「優しい悪魔」のほうが好きです。

如月さんの代表作と呼んでも良いのではないでしょうか?

いずれにしても、現在は無料ですので、是非どうぞ。

そして、無料と言えば、昨日も伝えましたが、晴海まどかさんたちの、
アンソロジーと題された以下の最新作品も無料です。それだけではなく・・・・・・


わーくしょっぷ [アンソロジー短編集]

晴海まどかさんの作品としては異色の作品ですが、
以下の作品も現在無料になっています。(いつまで無料か知りません)


そして、世界は静寂を迎える

この機会に是非、3作品とも、無料でお楽しみ下さい。
このように良い作品がいくつも無料キャンペーンになる機会は、
そうそうありませんよ。

尚、晴海さんの短編「三月ウサギは知っている」は、先に、無料作品の、
N氏と2万4071日目の三月ウサギ」から読まれることをお奨めします。

今日の話に関して「面白かったよ」と思って下さった方は、

この↑ボタンをクリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。