メルマガ購読・解除
 



euzak_fpをフォローしましょう




お得な情報満載!!大好評のメールマガジンの登録はこちらから↓↓↓


 「あなたの知らない?保険の世界」 毎週金曜日発行


 PCはこちら  → http://www.mag2.com/m/0001251252.html


 携帯はこちら → http://mobile.mag2.com/mm/0001251252.html


 ブログの更新よりもいち早く情報をお届けします♪



メルマガ第82号5月11日配信です。


テーマは「失業手当(4)~会社都合退職の範囲」です!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-05-20 10:36:15

失業手当(4)~会社都合退職の範囲

テーマ:メルマガバックナンバー

今日は「失業手当(4)~会社都合退職の範囲」についてです。



会社都合での退職といいますと、

会社が倒産したり事業主に解雇されたりといったケースが当てはまります。


この場合には給付制限の3ヶ月を待つことなく、

失業手当を受給することができます。


このように会社都合退職となった人のことを「特定受給資格者」といいます。



ただ、この「特定受給資格者」になる要件は、

会社の倒産や解雇だけでなく、もっと範囲が広いのです。


※ 特定受給資格者の範囲(ハローワークHPより)
 ⇒ https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html




上記のサイトをみてみますと、

「倒産」等により離職した者、「解雇」等により離職した者となっています。


「等」とあるのは倒産や解雇以外にも要件がある!ということなんですね。



具体的には、会社が移転してしまい通勤できなかったり、

賃金未払いの状態が2ヶ月以上続いたり、

時間外労働が月あたり45時間以上の状態が3ヶ月以上続いたり。


はたまたセクハラや自己都合退職するように圧力をかけたりなど、

そんな場合にも要件を満たします。



知らないと、受給手続きのときに自己都合扱いにされてしまいます・・・。



会社が自己都合退職として書類を作成していても、

納得がいかない場合にはハローワークに申し出て、

その証明ができれば「会社都合退職」に変更できます。



ただ、実際にこれをやるとなるとかなり面倒くさそうですが(汗)


私も会社都合を証明するのは難しいと判断してあきらめた経験があります。

ハローワークの職員も面倒なのは勘弁みたいな雰囲気だったのもありますが。


現実は厳しいですね。





■メールマガジン 「あなたの知らない?保険の世界」


 PCはこちら  → http://www.mag2.com/m/0001251252.html


 携帯はこちら → http://mobile.mag2.com/mm/0001251252.html


 メールマガジン読者さま限定の特典もあり。


 わかりにくい保険の世界を単純明快に!


 保険選びのヒントとなるあれこれをFP目線で書いてます。




■今さらながら、ツイッター始めました♪


 基本的にはフォロー返しさせていただいております。


euzak_fpをフォローしましょう


■フェイスブックもやってます。


AD
いいね!(68)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2012-05-11 22:41:35

失業手当(3)~自己都合退職の落とし穴

テーマ:メルマガバックナンバー

今日も前回からの続きで失業手当シリーズ3回目、

「失業手当(3)~自己都合退職の落とし穴」のテーマでお送りします。





前回のおさらいになりますが、

失業手当を受給するまでにはまず7日間の待期期間があること。


その後、「会社都合退職」であればすぐに受給開始となり、

「自己都合退職」であればさらに3ヶ月待たなければならないこと。


をお話していましたね。





しかし、しか~しですよ!


この「自己都合退職」であっても3ヶ月待つことなく、

受給できる場合があることを、あなたは知っていますか?



例えば、私のケースですが、

8年前に結婚を機に岡山から福井に引越することになったため、

派遣で働いていた会社を辞めることになりました。


こんな場合には自己都合であったとしても、

正当な理由があるということで給付制限(3ヶ月)がなくなります!!



このように正当な理由によって退職した人たちを「特定理由離職者」といいます。



他にも病気や障害などで退職をした場合や、

配偶者の転勤などで勤めている会社を辞めざるを得ない場合なども該当します。


※ 特定理由離職者の範囲(ハローワークHPより)
 ⇒
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html




8年前にこのような規定があったのかどうかはわからないですが(笑)

もしこれに当てはまっていたのだとすると・・・。


知らなかった自分がとても悔やまれます。



3ヶ月待つのと待たないのでは、

失業後の生活設計が大きく変わってきますよね。


FPの視点からすると見過ごせないポイントです!



次回は会社都合退職についても鋭く切り込んでいきたいと思います。



■メールマガジン 「あなたの知らない?保険の世界」


 PCはこちら  → http://www.mag2.com/m/0001251252.html


 携帯はこちら → http://mobile.mag2.com/mm/0001251252.html


 メールマガジン読者さま限定の特典もあり。


 わかりにくい保険の世界を単純明快に!


 保険選びのヒントとなるあれこれをFP目線で書いてます。




■今さらながら、ツイッター始めました♪


 基本的にはフォロー返しさせていただいております。


euzak_fpをフォローしましょう


■フェイスブックもやってます。



AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-20 14:45:38

失業手当(2)~受給までの流れ

テーマ:メルマガバックナンバー

前回は失業手当の受給要件についてお話していました。

今回は「失業手当(2)~受給までの流れ」についてみていきます。




会社を退職してから失業手当を受給するには、

当然ですがハローワークに手続きに行かなければいけません。



受給するまでにはまず7日間の待期期間があります。

その後、「会社都合退職」であればすぐに受給開始となり、

「自己都合退職」であればさらに3ヶ月待たなければならない。



これは私が言うまでもなく知ってるよ~という方も多いと思います。




私は自己都合退職で失業手当の受給をしたことがありますが、

退職してから7日間 + 給付制限3ヶ月 

で受給がはじまるのだと勘違いしていました(笑)



実際には「手続きに行った日から」日数のカウントが始まるので、

早く手続きに行かないとそのぶん受給が遅れる!というわけです。



さらに失業手当の給付が受けられる期間は、

退職の翌日から1年間と決められています。


ですからいつでもいいや~とのんびり構えていると、

受給日数が残っていても最後まで受けられずに終わってしまう・・・。


なんてこともあり得ます。




手続きに必要な書類としては、


■ 雇用保険の被保険者証

■ 離職票(退職した会社から受け取ります)

■ 写真つきの本人確認書類(免許証など)

■ 写真2枚(たて3cm×横2.5cm)

■ 本人名義の預金通帳・印鑑



特に離職票は会社に用意してもらう必要があるので、

なかなか手元に届かないときは催促しましょう。

退職者の手続きは後回し~になってることも多々ありますから・・・。




■メールマガジン 「あなたの知らない?保険の世界」


 PCはこちら  → http://www.mag2.com/m/0001251252.html


 携帯はこちら → http://mobile.mag2.com/mm/0001251252.html


 メールマガジン読者さま限定の特典もあり。


 わかりにくい保険の世界を単純明快に!


 保険選びのヒントとなるあれこれをFP目線で書いてます。




■今さらながら、ツイッター始めました♪


 基本的にはフォロー返しさせていただいております。


euzak_fpをフォローしましょう


■フェイスブックもやってます。


 お友達になってくださ~い♪


AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。