Call Me/Queen Of Times

テーマ:
Call Me/Queen Of Times




この曲は、A-BEAT-Cレーベルの

哀愁ユーロ+ピアノの代表曲です。


他にもピアノを使ってる良い曲は、何曲か有りますが、

この曲は、その中でもTOPクラスです。


ヴォーカルも凄くBGMに合ってるし、

本当に完璧なんで、ユーロじゃなくて、普通の曲として

聴いても充分だと思います。


初めて哀愁ユーロを聴く人に是非薦めたい曲です。

有る意味、ノーマのTOUCH ME TOUCH MEを

越えてる部分もあります。


総合評価は、異例の120
AD

HONEY AND HEART/ROSE

テーマ:
HONEY AND HEART/ROSE






この曲は、TIME,哀愁ユーロ全盛期の中でもとても良い曲です。

曲自体は、歌の部分が、もの凄くコンパクトにまとめられてますが、


中身がとっても濃いです。

特にBメロが素晴らしい。


ジャンル敵に細かく分けると、

イケイケ哀愁ドライヴユーロって所じゃないですかね。 ←余計にゴチャゴチャしとるし。


総合評価は、95
AD
baby i'm sorry/giselle





この曲も、イントロパートから

曲の最中まで、ズーット80’Sユーロのお約束である

低音が、惜しみなく使われてるんで、

かなり、お気に入りの曲です。


キャニオンから出てたコンピのユーロビートファンタジー VOL.15

にしか収録されて無かったはず。 (しかも、Non-STOP)。



EXTENDED Versionは、CDでは入手出来ない筈。

何で、俺持ってるんだろうWWW。


94
AD