先日来ご紹介しています、全幅6mという、あまり日本では見ないサイズのロートアイアンのゲートの、施工が始まりました。

 

 今回の施工は、まずはまる一日かけて、お客様が大切に育てられている花や植栽、樹木を出来るだけ傷付けないため、丁寧な移動を心掛けつつ全幅6mのロートアイアンのゲート、別に一部稼働式のフェンス、別に門扉などを取り付けるための、スペースを確保するところから始まりました。

 (写真上が、スペースを確保し終わったところです)

 

 翌日、確保したスペースに墨出しし、床仕上げが10年経って良い味が出ている(これぞ経年美の出始めといった趣でしょうか。)レンガを、なるべく省スペースで切り取っていきます。

 さすがに本物志向のお客様らしく、この床のレンガも本物で、厚みだけでも6cmもあって、施工もしっかりされていて、お蔭様で後から施工する側は、大変です。

 よくある、表面だけはレンガに見える、ペラペラなタイルとは、全くもって話が違います。

 本物だからこその、経年美でもある訳ですね。

 

 大きく壊してしまった方が、新しい施工には非常に楽なのですが、そうするとまた後で新しく貼るレンガの代替品、また前述の偽物レンガタイルとの差が激しくなり、また、スペースも大きくなってしまうため、チグハグさがより目立ってしまいます。

 

 写真下が、切り取っている最中の部分です。

 ここには、全幅6mのロートアイアンのゲートがきますが、横スライドオープン式で全開口させるために、上と下にはレールがつきます。

 この切れ込みに、V型レールが埋め込まれ、また、一番向こう側には100mm角の柱が立つ予定です。

 しかも、目地に沿って切るならまだしも、レンガがナナメ方向に貼られているため、目地に沿う訳にもいかず、そのため、あまり強力な機械を使用するとテキメンにレンガが割れますから、マイルドな機械と手彫りの勢いです。

 そこで6cm厚のレンガが、しっかりと施工されていることが効いてきます。なにせ、難儀です。

 

 いやあ、難儀な工事ほど、愛着が湧きますね。

 早く、完成したところを見たいです!

 今回は特に、それまでの数々の苦労も、文字通り吹き飛ぶようなインパクトでしょうからね、自分が一番楽しみにしているかも知れません。

 

  

 お洒落で格安なロートアイアンのユーロスタイル

 http://euro-style.asia

AD

 先日来ご紹介しています、全幅6mという、あまり日本では見ないサイズのロートアイアンのゲートの、施工が始まりました。

 

 同じく先日来、同じ6mクラスのロートアイアンのゲートを、垂直方向に電動スライド開閉する、全く新しい試みの邸宅をご紹介しました。

 普通に横方向にスイング開閉すると、その開く部分のスペースがかなり取られますから、敷地の狭い日本ではなかなか難しいところ、画期的な解決策となりえます。

 

 今回の邸宅では、水平方向に手動スライドし、最後に扉がくるっと回転、すべての扉をパタパタと全開口できる仕組みにしました。

 イメージは、会議室のパーテーションや、全開口サッシの感じです。

 これも、上記同様に考え方としては開くスペースがほとんど必要なく、敷地の狭い日本では、画期的な解決策となりえます。

 

 さて、今回のお客様は、まるでヨーロッパのように、邸宅中を花や植栽、樹木で実にお洒落に飾っています。

 今回の施工は、まずは全幅6mのロートアイアンのゲート、別に一部稼働式のフェンス、別に門扉などを取り付けるために、スペースを確保するところから始まりました。

 鉢、ポット、壺に価値ある物もあるため、また、お客様が大切に育てられている花や植栽、樹木を出来るだけ傷付けないため、丁寧な移動を心掛けつつ、しかしあまりに巨大なため1人では動かすのがギリギリ、もしくは動かせない物も多く、結局移動だけで1日終わってしまいました。

 なかなか写真ではその苦労が伝わりづらくて恐縮ですが、写真上が作業前、写真下が作業後の、ちょうど全幅6mのロートアイアンのゲートが設置される箇所になります。

 

 正直、かなり大変な作業ではありましたが、しかし、常日頃から日本の街並みをヨーロッパのように美しく変えたい、そう思えばこそ、ロートアイアンや、大理石、花や植栽、樹木などは、そのための必須アイテムであるはずです。

 つまりは、建物デザインにだけ気を遣っても、結局は全体的には美しくない、バラバラ、チグハグになると思っています。

 今回のように、花や植栽、樹木などで邸宅を飾ろうとすると、その手間暇はそれなりに大変なのだと改めて認識するのには、ちょうど良い機会だと思います。

 それはそうですよね、相手も生き物なのですから。

 

 8月だというのに、雨が多く、湿気が多く、日照が乏しく、涼しく、外周りの工事には大変な気候が続いていますね。

 今後は是非晴れた日が続いてもらいたいものです。

 また進捗をご報告します。

 

 

 お洒落で格安なロートアイアンのユーロスタイル

 http://euro-style.asia

AD

 日本ではほとんど見ないほど本格的な、お洒落なロートアイアンの外灯(ランプ)をご紹介します。

 以前、別の邸宅で取り付けた際に、あまりに評判が良かったもので、いつかシリーズ化して売り出したいと思っていた物の、別バージョンになります。

 

 いやあ、手前ミソですが、今回もお洒落すぎます。

 素敵です。

 ちなみに写真上が、置き型タイプ。門柱の上などに取り付けることをイメージしています。

 写真下が、壁掛けタイプ。建物の壁などに取り付けることをイメージしています。

 

 色は、今回のお客様用の特別仕様ではありますが、溶融亜鉛メッキの上に、緑青色の静電粉体焼付塗装をして、さらにその上に濃い緑色と黒色でヴィンテージ加工色塗装、最後につや消しクリアで保護塗装という、手間の掛け方です。

 

 近く日本に入荷しますので、その後、本物のガス灯っぽいイメージでアクリル板を取り付け、電球などの電気工事をして、完成になります。

 また現場取付などが進みましたら、さらに詳細をご案内いたします。

 

 やっている自分達が、一番楽しみにしているかも知れませんね。

 

 

 お洒落で格安なロートアイアンのユーロスタイル

 http://euro-style.asia

AD