フィリピン国際結婚情報局

☆★☆フィリピンの国際結婚情報とニュースを集めています☆★☆
(フィリピン女性の写真紹介と国際結婚情報サイト 国際結婚フィリピン情報提供)
婚活/お見合い/国際結婚/国際恋愛/国際交流/海外移住/口コミ/評判/ニュース


テーマ:

※アメブロの「フィリピン国際結婚情報局」を見たでブログ割ありひらめき電球

 

image

 

以下、国際結婚フィリピンホームページより引用

 

バハラナ

バハラナ とは「神様がなんとかしてくれる」、つまり「何とかなるさ」ということ。一般的にフィリピン人は先のことを計画したり、慎重に物事を考えて行動しません。最終的には何とかなるだろうと楽観的に考えるのです。

 

 

タグリッシュ Taglish

タガログ語(Tagalog)と英語(English)が混ざったもの。

How are you na? など文章の最後にNa(な)を入れる。ほかにはLet’s eat na とか。それとE(え)をいれるときもある。Not possible e。

 

ちなみに、シンガポールだと、Singapore+EnglishでSinglish(シングリッシュ)と言われ、Lah(らー)を入れる。Ok lah とか No need lah とか。

 

マノポ

年長者に対して尊敬の意を表す挨拶の身振りで、年長者の前でひざまずき、右手を両手で持って、自分の額に押し付けるという伝統的な習慣がある。

 

子供たちはこのジェスチャーを通して、年上の人に尊敬の意を表すよう教えられていて、年上の人からの好意を受け取ることを意味している。

 

 

ティト Tito

おじさん。

ちなみに、ティタ Tita はおばさん。

ニノン Ninongはゴッドファザー

ニナン Ninang はゴッドマザー。

 

バランガイ

最小の地方自治単位であり、村、地区または区を表す独自のタガログ語。全土で合計41,995のバランガイがあり、バランガイキャプテンが治める。

 

INC

Iglesia ni Cristoイグレシア・ニ・クリスト。1914年7月27日にフィリピンでフィリピン人マナロFelix Manaloにより創立されたキリスト教会。英語の正式名称はChurch of Christ。創立者マナロ(2009年8月没)を〈神の最後の使い〉と規定する独自の教義をもち,この教会の信徒となる以外に救いはあり得ないとする立場を堅持している。

 

 

 

ウータン・ナ・ロオブ utang na loob

直訳すると「内なる負債」という意味。この負債とは、絶対に完済されない負債で、両親と後援者に対する絶対的な恩義。自分を育ててくれた目上の人には、過度と言っても良いほどの厚い忠誠心を示す。

 

パキキサマ pakikisama

グループの意思に譲歩すること、または、集団と強調して上手くやっていくことという意味。これはアメリカ人の個性の主張や個人主義とは対立する概念で、協調性がなく単独行動を好むフィリピン人は無礼・不作法と見なされる。

 

職場や社交の場において、フィリピン人は反対意見を直接述べようとしない。「~ではないのでしょうか」と質問形にして間接的に表現したり、または単純に沈黙という形をとる。

 

カババヤン

同胞、同国人、同郷人という意味。海外でカババヤンに出会う時、フィリピン人は「つながり」を認識して、特別待遇をしようとする。

 

 

バヤニハン

助け合いと言う意味。引っ越しの時、困ったことがある時は、地域の皆で助け合います。フィリピンでは近所の人も、家族同様大切にします。皆で協力することにより仕事がはかどったり、新しい友達ができたりするからです。

 

ビレッジ

高級な住宅地。ビレッジにはゲートがあり、守衛も立っていて、部外者は立ち入り禁止。

 

サブディビジョン

一般の住宅団地

 

バリックバヤン・ボックス Balikbayan Box

海外のフィリピン人が祖国の家族等に物品を大きな箱に詰めて送る

 

ニックネーム

フィリピン人はお互いを愛称で呼び合うのが好きです。たとえば“えくぼ”というニックネームだったりします。夫婦はお互いを「マミー」「ダディー」と呼び合います。それと同じ言葉を繰り返すこともよくします。例えば「JUN」という名前だったら「JUNJUN」と呼んだり、Daidai、NOINOIなど。

 

フィリピンに進出する日本食レストラン – 外資規制

レストランビジネスは小売業に分類されるが、他の小売業と異なり地場資本保護の意識の強い分野に属し、ネガティブリストAの外資参入禁止分野の3「払込資本金が250万米ドル未満の小売業」に該当し、原則、外資の参入が禁止されている。

ただし、ホテル内に立地する場合には、外国人資本によるレストランビジネスは許可される。100%外資も認められるが、ホテルの資本に一部でもフィリピン資本が入っている場合には、その相手が1%以上の資本を持つことが要求される。したがって、100%外資で作られたホテル以外には、100%外資レストランはないということになる。

払込資本金250万米ドルをクリアできるのであれば100%外資で許可される。

 

 

 

 

 

 

 

 

※アメブロの「フィリピン国際結婚情報局」を見たでブログ割ありひらめき電球

 

image

 

読者登録してねペタしてね

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。