国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の公訴時効を受け、警視庁が教団信者グループが関与したとの捜査概要を発表したことに対し、オウム真理教(現アレフ)の荒木浩広報部長は30日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「教団信者の関与はないと確信している。法的な手だてを検討したい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判

アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)
ケア付き高齢者向け住宅の選び方で小冊子―東京都(医療介護CBニュース)
原宿・竹下通りのイベントで多数倒れ 13歳少女がケガ(産経新聞)
元役員らに懲役4年=イー社未公開株詐欺-神戸地裁(時事通信)
小声で「間違いありません」=初公判で元首相秘書-東京地裁(時事通信)
AD