携帯アクセス解析
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-23 01:06:24

さうんどプロアマ♪

テーマ:その他
��������������シ(マ�)�シ��シ�

��ォ��。��ャ��ェ��ウ��������ァ���������マ�

��������ー�����シ�シ�
��。�����シ��������ー�����シ

��������。���マ���ィ��イ��ィ��ソマ����マ�
��ソ��������セ��イ��コ��������ァ��ィ���

����キ�������
����ケ�������
��ェ��������イ��ィ���
��������������ョ��イ��ィ���

��ソマ���ェ��。��ゥ��。��ゥ
��������。��������セ�����������」(��ァ�����ヲ)��ェ��ェ��ェ


��������������カ��������ッ
�����������������」��������������セ���マ���ェ




AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-11-14 21:01:31

ぷぅー♪

テーマ:ぬこ

























































































































AD
2014-11-14 16:45:00

つづき

テーマ:その他
火葬のとき。

るるちゃんの、すべてが
しずかになってわずか三時間半。

体もだいぶ、
かたく、つめたくなっていた。

でも相変わらずふわふわで
可愛くて、
今にでもまた動き出しそうだった。
なでてるうちにゴロゴロいいだしそうだった。



お母さんに運転してもらって
私がダッコしながら
火葬場にいくと、

大きくて、つめたい、こわい機械。

入り口のところにるるちゃんを
寝かしてくれと言われ寝かせた。

今からこのこわい機械でぜんぶぜんぶ燃やされてしまうんだとおもうと、
涙が止まらなかった。

布団とかはだめといわれ、
最近いただいた
私の大好きな紫のばら一輪と、
私のハンカチと、
お手紙をかざった。

さいごのお別れをしてくださいと言われた。
でも涙があふれて言葉にならなかった。手紙を書いてよかった。


そして、
がしゃんっという大きな音がして
るるちゃんがその機械にいれられ、
一瞬でシュボッと炎に包まれる。

もう死んでいるとわかっていても
苦しいんじゃないかと心配になる。
心臓がぎゅうっとなる。

るるちゃん。るるちゃん。





数十分後にみたるるちゃんは
真っ白な骨だけになっていた。

魂もなくなって、
ついに肉体もなくなってしまった。



るるちゃんがほんとうにいなくなってしまった。

ふわふわな体ももうなでられないし
ぷにぷになにくきゅうだって
もうさわれないし、
大好きな水色の綺麗な目をみることももうできない。
わたしを見てもらうこともできない。

よくふんずけて、
るるちゃんにおこられた立派な尻尾だって

かまってほしいときは、
爪をしまって私が痛くないようにかりかりしてきた優しいお手ても、


ぜんぶぜんぶもうさわれない。
みられない。

大好きなゴロゴロの音
呼吸のおと。
心臓のおと。
変な鳴き声。

きけない。

すべてが記憶でしか会えなくなってしまった。


これから毎日実感するんだろう。

夜遅く家にかえっても
るるちゃんは玄関に来てくれないし

夜寒くても、お布団に来てくれないし

なにかいやなことがあっても
幸せの、おとをきかせてくれないし




るるちゃんが家にいないし

毎日実感するんだろう。



でも、
明日から関西にいくその前でよかった。
一緒にいられてよかった。
最近忙しかったのに、
この一週間ほとんど一緒にいられた。
よかった。ありがとう。

ほんとは、おかしくなってまだ歩けるとき、外にすごくでたがっていた。

一回だしてあとをついていったら、
めが見えなくて、
地面をふみはずしながら
いままでいったことないような
方向に歩いていって、
慌てて家に閉じ込めたから、
るるちゃんはほんとは、みえないところにいきたかったのかもしれない。

最後まで飼い主思いな、るるちゃんだから苦しい弱ったところ見せたくなかったのかもしれない。

でも私はどんな姿になっても
苦しそうでも、
確かに苦しそうなところみたときは、
ぱにっくになっちゃったけど
それでも一人にはしたくなかったし、
最後までそばにいたかった。
ごめんね。

本当は夢を叶えて、ワッペンを見せたかったけど間に合わなかった。
それもほんとうにごめんね。

でも、
ひきこもりで、
こみゅしょうで、
やみやすくて、こんな私が人前にでるしごとをしてて、
なかまもたくさんできてきて、
こんなゆうきをくれたのも、
るるちゃんの、存在は本当に大きいよ。


やっぱり、こうかいばっかになっちゃう。
もっと、しゃしんとればよかった。
もっと、美味しい食べ物とかあげたらよかった。
もっと、なでてあげればよかった。
もっと、いっしょにいたらよかった。
もっともっと、、、。

未練たらたらでダメな飼い主のことは
気にしないで、天国で楽しくやってください。

また来世で会いたいなー
次は私が猫で!
それか、人間の姉妹。

幸せをたくさんありがとう。
だーいすき!



Candyからの投稿
AD
2014-11-14 12:00:00

だ あ い す き

テーマ:その他
るるちゃんに異変が起きて
ちょうど1週間がたちました。

そして今日の朝、
るるちゃんは、
いってしまいました。

11がつ14にち11じ。



わたしは
この前書いたblogのあと、
結局皮下注射は続けると決断しました。


注射をやめると、
おしっこがでなくなって、
臓器が毒になったり、
脱水症状で苦しいというのをきいて
そうしました。

延命ではないとはいっても、
延命になるかもしれなくて、
とにかく苦しいところみるのが
いやだったというわたしのわがまま。

てんかんの発作もつらそうなので、
のうあつを、下げるステロイドもうってもらいました。



獣医さんはとても優しくて、
るるちゃんのことをかんがえて、
三日目からは往診にしましょう。
といってくれて、
時間外にきてくれました。

7日目の朝、
るるちゃんの体調がすごく悪くて、
パニックで開店時間前にでんわしたのにもでて相談に乗ってくれて
休みの日にも往診してくれました。
最初行ったときは、注射?、え?って、不信感たくさんだったけど、
たくさん、丁寧に説明してくれて
ほんとうにいい先生に出会えました。



ほぼ寝たきりになってから
六日目の火曜日

突然元気になりました。

それまでは、
べちゃあというかんじで
ねたきりで一切うごかなくて、
うごいたとしても発作で
目を開けたままバタバタ。

意識はたぶんなくて。

でもこの日は
ご飯を目の前にもっていくと
ちゃんとたべて、
歩こうとします。

意識がある!という感じで、
目も、キラキラしてて
私を認識してくれているかんじです。

首もおきあがっているし。


そして
たくさん、なきます。

昔からほとんど、なかない猫で
だから鳴き声はおかしくて

「ぷぅー♪」

ってたくさんいいました。

いままで無反応だった注射の時もほんきでいやがって、

ぷぅーぷぅう!!

と大きな声で鳴きました。
注射中はじめて、笑いました。


というかこの日は
家族みんな笑顔でした。

ねっころがっている、
るるちゃんをなでると
ゴロゴロと幸せそうにします。

弟も数年ぶりにかえってきてくれて
(正月とかも忙しい!といって一切かえってこない系男子)
おばあちゃんもきて、

私も幸せで幸せで、
えいようざいの注射だけでは
太らないからよくなりはしないといわれていたけど、
このままたくさんたべてくれれば、
げんきになる。
まだまだ大丈夫だ。

老衰じゃなかった。
栄養たらなくて、貧血で
ただそれだけだ。

なんて、残酷なきぼうがぐるぐるわたしをしはいしはじめる。

この、
一週間ずっとネット検索でいろいろしらべていて、
薬をつづけたねこは、
一回奇跡的に回復しているぱたーんがおおくて、

それもわかってたのに、
でもるるちゃんはたぶんちがう。
これは奇跡であり、
回復であり、
るるちゃんはいなくならない。

なんておもっていて
でもそんな
夢から覚めたのはその日の深夜。

また、
ぷぅー♪といいながら
歩こうとしていて
可愛くて可愛くて
ニコニコとみていたら、
大きめなてんかんの発作が。

瞳孔はひらき、
あわをふきながら口をあけしめ。
手足はバタバタ。

それから
また寝たきりになりました。

ろうそくの火が消える前
一瞬とても、おおきく燃える。
まさにそんな日でした。

この日は本当は仕事にリーグだったのに、
変わってくれてありがとうございました。リーグもごめんなさい。

でも本当に幸せな一日。

そして今日。
昨日の夜、先生に注射してもらって、
いつもとちがったのは、
シリンダーでのませた水を
苦しそうに一回吐いたこと。

そのあとは
私の部屋で
いつもどおりるるちゃんの隣で
ねっころがっていたのだけど、

一週間あまり眠れてなくて、
寝ている間になにか起きたら、
が不安で。  

でもこの日は2時過ぎから
30分おきくらいに
意識がとぎれて、
睡魔に負けてうとうと気味。

でも頻繁に目は覚めて、
るるちゃんを、かくにん。

5時位に呼吸がおかしくて
お母さんを起こす。

それから、お母さんもちょこちょこみにきてくれるようになり、
でもお母さんが10時すぎくらいから
仕事で少し家を離れる事に。

少しなでて、
息もととのってきたしって
安心してまた意識がとぎれて、
次きづいたのが11時頃。

あいかわらず、隣で寝ている。
寝ているけど安心するために一応お腹に手をあてる。

???

今まではお腹にてを当てたら一瞬で安心できたのに、
うごかない。

心臓がうごいてない。

あわてて顔を見ると
少しだけ吐いた跡。

意識なくても耳だけはぴくぴくしていたのに、それもない。
鼻をつついてみてもなにもない。

本当の静寂。

昨日の夜先生は、
この状態だと、本当に眠るようなかんじで気づけないかもといっていたけど

吐いたことに気づけなかったのはしょっくだったけど、
もがく様子もなく、
大きな声もださず
苦しくはなかったのかな??

でも、
本当にこの日がくるとは思わなかった。

1週間前まではいつもどおり元気で
歩き回って、
いつもどおりで。

ここ1週間は寝てはいたけど
ちゃんと、生きていて。

霊とかそういうものは
私は全く信じてないけど、
さっきまであった命は
ほんとうにどこにいってしまったんだろう。
心は?記憶は?
るるちゃんはどこ??

今から火葬。





Candyからの投稿
2014-11-13 23:19:32

てすとてすと

テーマ:その他
��ォ�����シ��������������ヲ�����ィ



���
��ク��シ��コ��ッ��ウ��」�ー����
�オ��ア������ォ��ッ���
��「�����ェ����ュ「��セ�����セ��������ァ�����。��シ��ォ����ク���������������ェ�����������ェ��ォ�����ァ�����ェ�����」�����ョ��ァ�����������������������ヲ�����セ������������

��ェ�����������シ��������������������������。�����������ヲ�����。��ォ�������シ��シ�
�����」�������ス「�シ���ソ��������ォ��ェ��」��ヲ��������ッ�����������������ウ

��セ��������ウ��。�����������ェ�����ィ

��������」��ヲ�������、ァ��ェ��ェ
��������������ァ���

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>