インターネットラジオを通じ、楽曲を配信したとして、群馬県警生活環境課と前橋署は12日、著作権法違反容疑で、長崎市小江原の会社員灰本恵司容疑者(43)を逮捕した。同課によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2009年11月11日、インターネットラジオサービスを通じて音楽を配信し、不特定多数の利用者が曲を聴ける状態にして著作権を侵害した疑い。
 県警によると、灰本容疑者はインターネットラジオサービスに自身の番組を開設し、ホームページ(HP)上に演歌や洋楽など約2万曲を掲載。HP閲覧者が放送を選択すると、同容疑者のパソコンからネットラジオのサーバーを通じて音楽が流れる状態にしていた。 

【関連ニュース】
海賊版「アバター」DVD販売=容疑の男、逮捕逃れ店舗転々
「AVの著作権認めて」=日本の業者が当局に訴え
「アバター」海賊版DVD所持=著作権法違反、露天商を逮捕
共有ソフトで洋画配信=62歳男逮捕、監視システムで初
「ゴジラ」、3D映画化へ=人気健在、12年公開

B型肝炎訴訟、和解協議へ=勧告受け最終調整-政府(時事通信)
警察官けった容疑で市職員逮捕 キャバクラ料金もめ聴取中(産経新聞)
虐待の厳罰化訴え、神戸と川崎で主婦ら署名集め(産経新聞)
「最低でも県外、場当たりでない」…首相が強調(読売新聞)
富士山 青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
AD