スピード違反を取り締まる警察官を装い現金を脅し取ったとして、茨城県警水戸署は8日、同県那珂市飯田、建築業、大津建次容疑者(59)を恐喝容疑で逮捕した。同署によると、白色の普通乗用車に覆面パトカーで使われるような赤色灯を付けニセ取り締まりを実施したという。

 容疑は、6日午後8時15分ごろ、水戸市内の市道で、40代主婦を脅し、現金5000円を奪ったとしている。主婦の運転する車の後方で赤色灯を点灯して車を停止させ、警察署の所属と階級が書かれた偽造名刺を示して「スピード違反だよ」と自分の車に呼び込んだうえ「なかったことにするから、あなたもリスクを背負ってください。金銭的なものとか、肉体的なものとか」と脅したという。事件があったのは「春の全国交通安全運動」の初日だった。

 警察手帳の提示を求めたが見せなかったため、主婦が不審に思い、車のナンバーの一部を覚えて後で署に連絡した。

 大津容疑者は容疑を認めているという。他に周辺で同様な被害がないか調べている。【杣谷健太】

【関連ニュース】
日本医師会館:火災、実は職員の不注意
脅迫:ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ
宅八郎氏:不起訴処分に…神戸区検
脅迫文:兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り
恐喝未遂:「ステレオポニー」の掲示板で現金要求 男逮捕

名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄-「さらに科学的検討を」・最高裁(時事通信)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)
放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
立川談志さん 13日に復帰(毎日新聞)
遺体は32歳韓国人女性=スーツケース事件-金沢(時事通信)
AD