ルース駐日米大使は28日、都内で自民党の額賀福志郎元財務相と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「米国は今でも(キャンプ・シュワブ沿岸部への)現行案をベストだと思っている」と述べた。ただルース氏は「鳩山政権が5月までに結論を出すといっている。どういう対応をするか見守っていきたい」とも述べた。額賀氏が額賀派の会合で明らかにした。

【関連記事】
平野長官が普天間問題で強気発言 首相のフリーハンド狙うも神経逆なで、収拾付かず
小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」
普天間問題 政府・与党が再び迷走 官房長官発言で右往左往
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」

小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
海に落とし遊泳20分強要し殺害、元組員に無期懲役判決(産経新聞)
普天間移設「協力したい」=山梨・忍野村長、鳩山首相に伝える(時事通信)
無許可業者のごみ収集容認=うその証明書も発行-大阪・松原市(時事通信)
政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)