平戸と大島の間にある「度島」へ。小さな島にも関わらず、キリシタン領主・籠手田氏の所領として領民の一斉改宗が起こり、その後のキリシタン史でも重要な出来事の舞台となりました。数年前にトルコツアーに参加した際にご一緒した日本基督教団の牧師さんのご親族が度島におられるそうで、ぜひ一度行ってみるといい、と勧められたのが「度島」に関心を持ったきっかけでした。




 平戸港からフェリーで30~45分ほどの距離ですが、具体的なキリシタン史跡の場所を知る情報が極めて少ないため(これまで平戸切支丹資料館のパネル展示-以下、資料館パネル-で参考にならない模式化された地図を見たくらい)島に渡って踏査できるような状況ではありませんでした。今回は森禮子氏の『キリシタン史の謎を歩く』(教文館)で取り上げられている史跡を中心にできる限りマッピングするという最低限の作業に出かけます。




 小さなフェリーは平戸から度島の飯盛港、そして本村港へと向かいます。12時15分に到着し、13時30分に出発するという綱渡りの滞在です。

 平戸のフェリー乗り場に度島の史跡マップの看板が立っていました。主要な道路も描かれた正確なもので、参考になりそうだったのでiPadで撮影していたら、地元の人らしいご婦人方から「どこにいかれるの?」と声をかけられました。キリシタンの史跡をまわっていることをお話すると、お一人が「行っても何もないよ」とおっしゃる。もうお一人がそれを遮るように「森さんがそういうことを調べていて詳しかった。いろいろと教えていた」と。郷土史家の森重郎氏のことだ、とピンときてお話を聞いていると、すでに亡くなられた由。非常に残念な思いを抱きつつ度島に到着しました。




 はじめに「立願寺」へ。処刑されたキリシタンたちの供養塔が2基とマリア観音像があるそうだが、今回は時間的制約で通過。ここにはキリシタン時代の殉教者約200人の過去帳があったが燃やされてしまったそうで。




 もう少し西に歩みを進め「秋葉神社」へ。石段を上って高台になった部分に社殿が立っていますが、ここが『上のテッペス』と呼ばれる教会跡だそうです。テッペスの語源はポルトガル語のTemple(寺院)が訛化したものと推察されています。資料館パネルでは「十字架跡」となっているので、教会の他に大十字架が立てられていたのかもしれません。また神社左側の宅地が宣教師7人の住院だった場所とのこと。(資料館パネルでは「寺屋敷・度島最初の教会跡」とされている部分?)
 『キリシタン史の・・・』では住院部分の民家を撮影していたら、住人の老女に叱責された逸話が記されています。面倒は避けたかったので、社殿を石段下から見上げた写真だけ撮って社殿のある高台に上りました。のぼりきってから下を見下ろすと、一人のご婦人が飛び出してきて周囲をきょろきょろした後でまた戻って行かれる姿が・・・。間一髪でお叱りを受けるのをかわしたのかもしれません。。。




 立願寺と秋葉神社の間にある「テッペス」の石段。資料館パネルではルイス・デ・アルメイダが住んだ度島教会跡、と記されています。アルメイダはこの島の宣教活動と共に投薬による医療活動を行なったことで知られています。
 また、このテッペスはルイス・フロイスが滞在して、あの有名な『日本史』を執筆したことでも知られています。




 中部公民館の片隅にある「つくし様」。「つくし」は「くすし=薬師」が音位転換したもので医者の意味。ここがルイス・デ・アルメイダの病院跡地とされています。かつては胸の辺りに十字がある人形が彫られた石の祠があったそうですが、誰かが持ち去ったとのこと。この場所に今でもアルメイダに治療を受けた人々の子孫が年に一度集まってお祀りをしているそうです。

 アルメイダは自ら宣教と医療に関わった度島に対して特別な思いをもっていたようで、この島を「天使の島」と言い表しました。また島民もアルメイダの慈愛を語り継いでいました。医師である東野利夫氏は森重郎氏からの聞き取りとして、あっけらかんとした性格の南蛮医師について古老の伝承があることを記録しています。




 さら元禄15年建立の六済供養塔(薬師如来御堂の裏手。キリシタン迫害の当事者が立てた供養塔)を経て、島の中央の高台へ。夏の日射しの中を坂道を登るのは徐々にキツくなりますが、フェリー出発時間に遅れるわけにいかず、気力をふりしぼります。

 畑地の横に、木の生い茂った場所。その中に小さな祠が立っていました。殉教したキリシタンを葬ったという「千人塚」です。塚というからにはこの土地全体が墓地である可能性もあるわけで・・・。踏み込むことをせず、遠くから眺めるだけにしました。




 もう一カ所、フェリー乗り場の看板には千人塚とその東の井元権右衛門(度島のキリシタン取り締まりのために派遣された役人)墓の間の地点に「寺屋敷(キリシタン教会跡)」と書かれていました。マップのドットのある地点は、おそらくこの畑のあたり。もしかしたらキリシタン関係に興味を持つ人が無断で侵入するためか、網や糸などで厳重にガードされていました。

 もと来た道を帰っていくと、この畑地の下にある民家からご夫婦とおぼしき人が出て来て、こちらをジッと見ています。近づいていくとその表情が険しいことに気がつきました。すれ違いざまにこちらは挨拶をしたのですが、無言でにらみつけられ家に入っていかれました。島の人はキリシタンの祟り(祟りませんが)を恐れているそうなので、不要の来訪者が殉教地を荒らすことに神経を尖らせているのかもしれません。まあ、こういう歓迎されていない雰囲気を味わったのは某市の遺跡分布調査以来かな。




 「寺屋敷」と思われる付近は島の中央の背に当たるため、北方には大島がきれいに見えました。




 こちらは南に下ったところ。平戸が間近に見えています。一時間歩きづめでバテぎみになりながら再び本村港へ。途中出会う若い年代の人たちは挨拶すると笑顔で挨拶を返してくれて、ちょっと気持ちが癒されました。度島には他にも史跡が多く、1587年の伴天連追放令に際して宣教師たちが集まり対策を協議した洞窟、迫害下で信者が潜伏した洞窟などもあります。それらもいつか見たいと思いながらも、再び来る機会はあるのでしょうか?度島を後にします。




 今回まわった度島の史跡をマッピング。その他はフェリー乗り場の史跡マップで場所を特定できそうですよ。いまや『キリシタン史の謎を歩く』は度島歩きの貴重な資料になりそうです。



AD


 今年は慌ただしく夏休みも確保しにくそうだったので、早めの夏期休暇。長崎の離島を少し周ってきました。数年前の長崎巡りの記事もまだ未完、その後の天草などもまったく整理できていないのですが、時間が立つと記憶が薄れるので、とにかく短くまとめておきます。

 まずは五島列島の福江島。一番南の大きな島です。



 長崎空港、あるいは福岡空港から飛ぶか、長崎の大波止からフェリーや高速船で行く、という方法があります。前日から長崎に入っていれば翌朝の船、というのが早いのですが、ホテルと高速船の費用よりは飛行機の方が早いので、長崎からORCで移動。当日は雨降りで五島も霧がでていたので引き返すかもしれない、とアナウンスされながら、なんとか福江空港へ。
 レンタカーの電気自動車を借りて、帰りのフェリーまでの間の5時間で出来る限り周る強行ツアー開始。




R384を北上して水ノ浦教会へ。明治時代に入り信教の自由が認められると1880年に建てられ、1938年には鉄川与助氏によって新築。大浦天主堂と同型の構造をとっています。




 江戸時代には五島の対岸の長崎(大村領)から潜伏キリシタンが移住しており、この水ノ浦にも定住していましたが、1865年に長崎・大浦天主堂でキリシタンが発見されて後は、信仰を公にするようになります。その結果1866年12月25日夜のクリスマス集会中に38名が捕縛、水浦久三郎宅を牢として収容され、一時はこの20坪の牢に100名以上が押し込められていました。この状況は1871年のキリシタン禁令の高札撤廃まで続きました。
 現在も教会近くにある民家の場所が牢跡らしいのですが、これは探せませんでした。が、教会に隣接した丘の上に子孫たちが建てた牢屋跡の記念碑(日本二十六聖人の一人、五島出身のヨハネ五島像)がありました。




 途中、道の駅「遣唐使ふるさと館」で日本三大うどんの一つ「五島うどん」をいただき、福江島の北西部にある貝津教会へ。大正13年建設の小さな木造の教会です。西日の時間にはステンドグラスから入る光が美しいそうです。




 来た道を引き返し、島の北中部にある楠原天主堂へ。1912年に宣教師と信徒が一体となって建て上げた会堂です。残念ながら施錠されていて内部は見れませんでした。 




 楠原天主堂前を走る県道31号線を少し北東へ進むと「楠原牢跡」があります。幕末の浦上信徒発見後、楠原の信徒も公に信仰を表明するようになりますが、1868年に狩浦喜代助以下33名が捕縛、喜代助宅の仮牢に押し込められます。後に彼らは城岳を越えて水ノ浦牢に移されて1871年の釈放までそこで過ごすことになります。
 牢であった狩浦喜代助の屋敷は老朽化したため昭和29年に解体されて、建材の一部が近くの修道会の建物に使用されていたが、それも平成7年に解体されたために牢跡に建材を使用した復元牢屋が建てられました。外側はコンクリートとトタンでカバーされていますが、内部は木造建築のままで、信徒捕縛当時の写真の展示などがされているようです。




 岐宿から県道162号線に入り本当に細い山道をハラハラしながらひた走り、堂崎教会へ。明治12年にパリ宣教会のマルマン神父によって小聖堂が、後任のペルー神父により明治41年に現在の教会が建てられ、二十六聖人のヨハネ五島を記念する教会とされました。
 現在は別の場所で礼拝が行なわれていて、ここは内部がキリシタン資料館となっています。イエズス会宣教の時代から江戸禁教期、明治、現代に至るまでの多くの資料が展示されていて、少し見学するつもりが1時間近く滞在することに。

 靴を脱いで入館するのですが、海辺にある教会。見学を終えて外に出ると靴の周りにフナムシが・・・。嫌な気配を感じつつ靴を履くと・・・(略)。




 堂崎教会の外庭には記念の植樹、モニュメントなどがいくつかあります。その中の一つがレリーフ「出会いの日」。イエズス会宣教師ルイス・デ・アルメイダと日本人修道士ロレンソが1566年に五島を訪れ、十八代領主・宇久純定の病気治療と布教を行なった時の様子を描いています。1576年にはその子純堯は受洗してキリシタン大名(ドン・ルイス)となり、五島では約2000名がキリシタンになりました。




 さらに県道162号線を南下し、途中で奥浦港(久賀島行きのフェリーが出ている。アルメイダが奥浦に五島最初の教会を建設した際に上陸した地点、また五島を離れる際の出帆の港。)、そして五島最初の教会跡と推定されている栄林寺などを通り抜け(時間的に割愛。いつか久賀島に渡る時に!)、六方の浜へ。
 この海岸は、1797年に五島藩から大村藩への要請で、長崎の外海の農民たち(彼らは潜伏キリシタンだった)が五島に移住するために上陸した地点です。これを始めとして約3000名の移民が五島に定住することになり、これが幕末・明治のキリシタン弾圧の複線となります。
 



 最後は市街地に戻ってきて、ルイス・デ・アルメイダ上陸地点付近へ。現代のフェリー乗り場に近い河口付近からクリーム色の一番高い建物「五島第一ホテル」を見ています。アルメイダたちが宇久純定と会見した城は今は面影がありませんが、ちょうどホテルのある辺り、河口から見て小高い丘になっている場所がその跡だと考えられています。実際、岸からホテルの方へ向かう県道49号線はホテル部分を頂上とする山状の坂道になっています。




 わずかにホテルの脇に建てられている「江川城跡」の石碑。碑の横がゴミ置き場になっていて、環境はあまり良くありません。

 最後に江川城の後に五島氏の居城となった石田城跡敷地内にある五島観光歴史資料館へ。係の方が五島の紹介ビデオを見せてくれたので、見学時間がなくなってしまい駆け足でおいとまし、レンタカーを返して港からフェリーで長崎港へ。所要時間5時間の旅でした。




 今回周った地点をマッピング。


(つづく)

AD


 お昼から敦賀の旧港にある『人道の港敦賀ムゼウム』に出かけてきました。パネルや映像展示が主体で、施設としては少し豪華な緑地の休憩所という感じです。それでも数カ国語での音声解説やパンフレット類も用意されていて、職員も常駐。平日にも関わらず団体さんをはじめ客足が途絶えませんでした。

 敦賀はウラジオストクなどとの航路によりアジア、ヨーロッパへの玄関口として、政治家、文化人、さまざまな人々が足跡を残しました。また同様に大陸からもこの敦賀を訪れた人々もいました。その中にはヨーロッパで悲劇的な状況を味わい、この敦賀でようやく安息を得ることができた人もいました。
 1920年~22年にはロシア革命の影響で孤児となったポーランド人の子どもたち(彼らの先祖はロシア帝国によるポーランド併合によって政治犯とされシベリアに抑留された者たちでした)763名と付添人39名がウラジオストクを経由して敦賀港に上陸、体力の回復をまってアメリカ、ポーランドへと送り出されました。

 さらに1939年のドイツとロシアによるポーランド侵攻によりポーランドからリトアニアに逃れたユダヤ人たちは、カウナスの日本領事館で杉原千畝氏によるビザ発給を受け、シベリア鉄道でウラジオストクに至り、そこから海路で敦賀港に上陸しました。彼らはシベリア鉄道内でも略奪や連行という苦難を経ていたので、日本人の親切な対応に感激し、敦賀が「天国に見えた」と証言しています。資料館には困窮していたユダヤ人が時計店に買い取ってもらったスイス製の時計などが展示されていました。




 『人道の港敦賀ムゼウム』の横にあるモニュメント「自由への扉」。ヘブライ語とポーランド語でもそう書かれています。




 かつて敦賀港の船着場があった方向から敦賀市外を眺めてみました。船から敦賀をみたユダヤ人が「天国に見えた」と言っていたのを思いながら。




 敦賀が大陸と航路で繋がっていたことを表したタイル画。右隅の樹木が植えられている辺りが当時の船着場の辺りになります。


 今も変わらず反ユダヤ主義はロシアやヨーロッパを中心に横行していますが、それに左右されない対応が、近年の東日本大震災の際のイスラエル医療チームの派遣に繋がっていきました。この件で当時の駐日イスラエル大使(現・外務副大臣)のニシム・ベンシトリット氏が「私たちはスギハラの恩を忘れてはいない」と発言しています。「反・嫌・ヘイト」ではない愛の行為こそ、後に自らを救うことになるという重大な歴史の教訓を覚えていたいものです。




AD

小浜島

テーマ:


 エメラルドグリーンのきらめく海。沖縄・小浜島にある日本最西端(と思われる)、ほぼ最南端(たぶん五本の指に入る)に位置する「エメラルドグリーンチャーチ」の開所祝福式に出かけたのが7月のことでしたっけ?たしか現地で誕生日を祝っていただいたので・・・もう2ヶ月過ぎました。

 依田先生から教えられたいろいろなことや、石垣のキリシタン遺跡のことなども書きたいのですが、作業が間に合わず、PCのHDDも空き容量がなくなっていて処理がままならない状態です。

 夏休みもとれない間に9月、、、もうすぐ10月、、、1年が終り、、、となってしまいそうなので、夏の一コマだけ掲載。

卒業式2013

テーマ:


 この日曜日は聖書学校の卒業式でした。9月始まりの年度になるため2013年度卒業式。今回は3年前に始まった牧師・献身者クラスも一巡して修了生を送り出すことになりました。みなさん、おめでとうございます。

 この3年間は自分自身も大きな転機になり、聖書語学や釈義、神学という教えたことのない分野の指導にあたったり、「いつかやりたい」と思っていたキリスト教史の通史を書く作業を始めたりしました。(おまけは英語の釈義テキストを訳したり。一番やっかいだったけど勉強になりました。)学生の皆さんにはその「試験運用」に協力いただいたわけで、フィードバックをもらってこちらが大きな益を受けたわけです。2014年度はもっと深めていかねば、と9月開講までの準備を始めています。

 ところで継続中の2013年の長崎踏査や高知の記事、手がつかない尾張キリシタン関係の記事、こちらも何とかせねば。。。