宮崎県で家畜への口蹄(こうてい)疫感染が拡大している問題で、消費者庁は17日、食品業界や流通業界などに対し、販売の際に非感染を売り文句にするなど、消費者に誤解を与える不適切な表示を慎むよう要請した。
 同庁などによると、口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳は市場に出回っておらず、また摂取しても人体に影響はない。しかし問題発生後、量販店やインターネット上で、「宮崎県産は使用していません」「口蹄疫の恐れのない産地の肉です」などの表現で食肉や加工品を販売している例が数例確認されたという。 

乾燥大麻をネット販売、北海道の男2人逮捕(読売新聞)
沈黙続く党内 「小鳩枢軸」で民主、奇妙な安定感(産経新聞)
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)
<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)
振り込め詐欺急増、撲滅月間を緊急実施 警視庁(産経新聞)
AD