自民党の谷垣禎一総裁は21日夕、民主党の小沢一郎幹事長が自らの資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で再び不起訴処分になったことについて「(起訴相当を議決した)検察審査会の議決はよくできていた。(小沢氏をめぐる疑惑は)完全にクリアになっていない」と述べた。

 同時に「刑事面の進展とは別に、政治で何をするかも問題だ。衆院予算委員会の集中審議や証人喚問要求にはゼロ回答だ」と、国会での説明に応じない小沢氏を非難した。

 みんなの党の渡辺喜美代表は記者会見で「納得のいく、国民の腑(ふ)に落ちる説明をまだ聞いていない。国会での真相究明は引き続き要求していく」と強調した。

【関連記事】
小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部
「小沢氏の集中審議を」自民歴代幹事長会談
小沢氏「普天間、すんなりいかない」
福田元首相「輿石氏こけたら、小沢さんは、やりようなくなる」
郵政票目当て?小沢氏、亀井氏に「合併」打診するも振られる
中国が優等生路線に?

京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる(読売新聞)
<酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
<掘り出しニュース>注文主そっくりロボット製作が夢 そっくり人形の会社(毎日新聞)
取り調べ監督官 不適切行為14件発覚 警察の新制度で(毎日新聞)
AD