平野博文官房長官は16日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設で鹿児島・徳之島への一部訓練移転に理解を求めるため、鹿児島市内のホテルで受け入れに積極的な住民グループと面会した。出席者によると、平野長官は、政府との交渉を拒む徳之島3町長との会談に意欲を示し、住民側に仲介を求めた。
 面会には、住民側から14人が参加。地域振興につながるとして、移転の実現を要請した。これに対し平野長官は、徳之島空港の滑走路を拡幅する方針などを説明したが、振興策に関する言及はなかったという。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)
逃走した男を逮捕=路上の夫婦刺殺、殺人容疑-京都府警(時事通信)
首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)
信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)
<産廃問題>「ホテル開発」が市を提訴 議会の反対で処理費用予算化できず(毎日新聞)
AD