*** 桜の花が咲く頃に ***

子育ての答えは1つじゃないんだね。
だから、自分に合う答えを探そう!
「いいからいいから!」
子供に教わった言葉を胸に子育て頑張ってます♪


テーマ:
私がOL時代に体験したことのひとつです。
((((((((;゚Д゚))))))


これは、後輩I子と、出張した時のこと。
私の仕事がとても1人では、無理とのことで
課が違うI子をアシスタントへ付けてもいい。
との部長からのご配慮をいただき
ありがたく、そのご好意をたまわりつつ~
I子と、とっても遠い、高千穂、日之影出張へと向かいました。
とりあえず!2泊3日の予定でね。

私は、登記事務っていう、
土地の調査をする仕事についてます。
法務局や役所で土地についてあれやこれや調べる業務です。
説明したいのですが、たいてい、詳しく説明したところで
誰も分かる方はいらっしゃらないのであります。

いつもね、どんな仕事?って聞かれて
結構わかりやすく説明したな~今回は!って思っても
「ふ~ん。わからん」
わからんのかい!おのれ~~~!
で、たいてい終わってしまうのです。はい。

今回は、距離にして30kmほどの
長さを法務局で公図を出し、コピーして、
そのコピーをつないで、大体の土地の形を作り・・・・。
なんて作業をず~~~っと
やっていかなきゃならないなんて
きっとI子は
わかってないだろうな~お気の毒・・・・・と思いながら
高千穂までの道のり、車で約3時間を走っておりました。

行きがけの車中・・・。交代で運転していた私達。
I子に交代してもらい、はあ~ゆっくりしよ~なんて思ったら!!
このI子様ったら、運転すると、口の悪さが倍以上にもなって
とっても凶暴になられるご様子です。

「おらおらどけんか~!こら~!」
「は~~?赤ちゃんが乗ってます~~ぅ??
乗ってりゃ、ちんたら
走っていいと思っとんのかい??
行かんか~!早よ~こら~!」
あおるあおる!!抜きまくる。幅寄せしまくる・・・・・。

とまあ、すさまじいわ、怖いわ。
毒吐きまくるは!
私・・・。
助手席でずっと足つっぱってましたです。はい。

「こらこら、冷静にならんね!急がないでゆっくりでいいから」
となだめる私に
「車運転すると、人格変わるの~。ごめんね!emyuさん♪」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

言葉も無く、この恐怖のドライビングは到着までの90分繰り広げられました。
おかげで、つっぱってた私は足が筋肉痛じゃい!!!!

『あかちゃん乗ってます』
ってあれって私、もし自分の子供出来たら
付ける派なんだけどな~~。
みなさんどうですか??
I子みたく思ってる人も
少なからず存在するってことですよね~。
私は「赤ちゃん乗ってます」が
前方走ってたら、気をつけるけどね^^;
どないなんでしょか~~~~。

まあ!そんなこんなで高千穂法務局へ到着~。
とっても寒い2月で、雪もぱらつく季節。
「寒いね~~。けっこうきついかもしれないけどよろしくね。」
と、I子に少なからず、挨拶しといて。

さあ!開始。
出るわ出るわ!公図の山!!
この時の、高千穂法務局のSさんと
パートのおばちゃん大変ご苦労様でした。
A2サイズのマイラー図面を
いいいいいい~~ぱい、出してくれました。
だって、会社から渡されたお金いくらだと思います?
この調査だけで、150万だよ!ひえ~~~~~!だよね。
持ってるだけでも怖いのに・・・・。
コピー代も〆て5万円!この5万円ぶんを
アシスタントのI子ちゃまが永遠と
コピーしまくってくれたわけです。

とまあ、1日めも2日目も3日目も
こんなかんじで業務をこなして行ったわけです。
結局は2泊3日の予定が、とても終わらず、
3泊4日になり、終わらなかったけど
帰ってこい命令の末、やっと帰れたってわけなんだけどね。

一日目・・・・。泊まった旅館がひどいったらありゃしない~。
いくら、会社の出張っていっても、
もうちょっといいとこ泊まらせてくれよ~。
ってくらいなの。だってね、廊下歩く度に、ミシミシ言うし。
上下、左右の話し声は聞こえるし・・・。
木造旅館で、築100年~~??
ってくらい古いの~~~。暖房器具は石油ストーブのみ。
「自分の家かよ!!!」
っちゅうくらい、旅館という言葉からかけ離れてました。

トイレは共同。お風呂ももちろん共同~。
な・な・・・なんと、お風呂はミシミシ言う階段を
降りて地下にある檜のお風呂です。
まあ!これは、他に比べると合格点だったけどね。
毎夜毎夜、二人で、歌を歌いながら、楽しく入ったけど
きっと旅館中に響きわたってただろうことに、
今始めて、気づいた私って・・・・。
あははははははは~~~~♪

部屋へ戻り、残った仕事を終え、布団に着くと、
I子が、「emyuさん、私霊感があるの。
ココ、私達に危害は加えないけど
霊がいっぱいいるよ~~~。」って・・・・・。
だってよ!だってよ!ただえさえ、
出そうな感じなのに、そんなこと言われたら
ちびりそうよ。あたいはよ~。
怖いテレビとか大好きだけど、さすがにこの時は怖かった。

確かに、I子の母親は霊感が強くて、修行したりしてるってのは
前に聞いたことあったしね。
I子にも霊感はあるけど、修行してないから、感じるだけで、
お払いとかは出来ないってこと聞いてた。

もう、怖くて怖くて眠れない!
目がギラギラしてるのをよそに
I子の寝息がスヤスヤと・・・・・。
その瞬間!!!!!
部屋の障子や窓が「ガタガタガタガガタガタガタ」
動き出したの~~~~。
ひいいいいいいいいいいいい~~~~~~~!
慌てて、I子を起こす!
揺さぶりながら「I子起きて!」
一向に起きる気配はない。何かに取りつかれたかの様に
ぐっすり無表情で深い眠りに入っている。
5分ほど揺さぶってただろうか、やっとI子が目を覚ました。

そのとたん「ガタガタ」もおさまったのだ。

私は半泣き状態でI子へこのことを話す。
するとI子の口から
「私が寝る前にあんなこと言ったからだね。
霊を呼び寄せてしまったんだね。
悪い霊じゃないから、怖がらなくてもいいよ。
私と遊びたかっただけだと思う。」
って~~~~~~~~~!!
怖いちゅうに~。なんじゃおぬし???
幽霊ちゃまとお友達なんかい??

それから私はI子のことを「I子様」と
呼ぶようになったのは言うまでもなかろう。
・・・・・・だって、怖いんだもん。

I子の家族って本当、お母様もこんな感じなの。
こんな感じってね・・・。
以前私のアパートに用事があって、一度来たことあったのね。
I子のお母様が。その時、ココは土地が悪いね。
霊がいるよ。って
聖水をアパートにまいて行ってくれました。
ひえ~~~~~~。
そんなこんなだけど、今だに、
ココのアパートに住んでるけどね^^;
私、何にも感じないしね・・・。どうしたもんだろう。

ってな感じの出張ではありました。
無事帰還出来たことを幸せに思いつつ
もう、二度とI子と出張へは行かないと
誓った私がいたのでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はちょちょ~いと
ママンの高校時代のバスケット時代のお話をしたいと思います。
ああ~~~恐ろしや~恐ろしや~((((((((;゚Д゚))))))



それは・・・・
私がまだ、入学してまもない、1年生の練習中。
その日は監督の虫の居所がとっても悪かった。
体育館の雰囲気もただならぬ、緊張感でいっぱいだった。

何人もの人が殴られ、蹴られした練習だったから、恐怖感もあっただろう。
もう、お分かりだとは思いますが
うちの監督ったら、と~~っても凶暴でいらっしゃるものだから
怒ってるときはそれはそれは鬼よりも怖いものに
変身しちゃうのでございます。

ギラギラと私たちを見る目は
ちょいミスも逃さないくらい
体にへばりついて取れない視線でありました。
「へびかよ!」っちゅうくらい怖い~~~目だったわよ。
(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜)ヒイイイィィ(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜)ヒイイイィィ

もう、これ以上汗も涙も出ないって頃・・・・・・・・・・
みんなヘトヘトだった。
最後の気力を振り絞って走っていた。

地獄の練習が永遠と続き、時計の針が22:00をさす頃

監督の


「終われ」


の一言。



みんな内心


「やった~~~~~!!」


という安堵感でいっぱいだったろう。




そんな時、いきなり2年の先輩のKさんが




「ふふふふ・・・・あはははははは・・・いひひひ」



って笑い出した。
気がふれたかのように・・・・。

みんな何事??( ̄◇ ̄;)エッ
って顔をしているけど・・・・

( ‥) ン?本当に何事???

3年の先輩が

「K~~~~~~~~」

って嘆くような声で呼ぶ。

一時沈黙が流れる。

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

監督はなんだ?という顔を一瞬しながら、監督部屋へと下がった。

(´▽`) ホッっと一安心。

先輩の一人が

「K~~~!どうしたのよ~~。やっと終わりなのに!」

って・・・。

そしたら、Kさん。

「どうしてみんな笑わないですか???
監督が

『笑え』


って言ってるのに。」って・・・・。




どうやらKさんには、

監督の

「終われ」



「笑え」


に聞こえたらしい。


Kさんの言うには、
あんなに緊迫した練習だったから
最後に監督が笑って終わらせてあげようと思っての
『笑え』とのやさしいお言葉なのだと
判断をしたようです。

んなことあるかい!!

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日で12年間働いた職場を退職した。 
盛大に送別会まで計画していただき、思い出深い最後となった。

あらかじめ、ひとりひとりへメッセージを用意していたので
幹事にそれぞれのテーブルへ置いてもらっていた。

なんだか結婚式みたいだけど席に座ったときに読んでもらおうと思って・・・

いろんなことはありましたが、やはり長年勤めて来た
この場所には私の場所があったんだなって
みんなの私に対しての暖かい言葉と気持ちとで
「ココで働けて良かった。」そう心から思った。
長かったようで短かったけど、最後は仕事も満足に終えることが出来ました。

始めは難しくて「こんな難しいのやってられない! 」って感じだった。
だって、法律やら法務局に行って調査とか
そんなそんな責任重大のお仕事なんてって思ってた私が、
仕事を任せてもらえて、出張まで行けるくらいになったんだもん。

何事にもどんな仕事にも初めから諦めたり、
やる気のなさを出すのではなく、自分なりのやりがいを見つけ、
努力することが大切だと思う。
時にはとても忙しいときにミスをして
時間のロスを出してしまい
自分ではどうしようもない時に同僚が助けてくれた。
私をココまで育ててくれたのが同僚のKさんだった。
私を女として育てるのではなく、戦力となるようにと、厳しく、正確に。
あの頃は悔しくて、「どうしてここまで私がしなきゃいけないの!!」
って涙したことも何度もあった。
あの頃にはわからなかったけど
あの時に涙しながらも歯を食いしばりながらくらいついたおかげだなって
感謝さえしたい思いでいっぱいです。

努力はきっと報われる!

私はこの言葉が大好きだな~。

「送別会は楽しみにしときなよ!」
との後輩のI子の言葉。その言葉の通り、とても楽しかった。

一人一人に名札が付けられ、ドラマのような演出でした。
『何でもやる係』=部長
『危険人物』=副長
『報道員』=後輩のH君
『本日の主役』=私。

などなどそれぞれがそれぞれの役割によって動き、
会社での役割をなくし、仲良くやっていこう!
とのはからいからだったのだけど。
部長がせかせかみんなのお酒を作ったり・・・。
普段はしないのにね^^;
ここぞとばかりに使いまくり!
(^w^) ぶぶぶ・・・

社長は自分で引いたにもかかわらず
『何もしないでいい係』でした。
「最後くらい!動きやがれ~~!」と
最後の最後でも思ってしまった私って・・・。
『なんでもやる係りだったらよかったのに。』

そんなこんなで花束贈呈。一番仲の良かった、
幹事まで進んで引き受けてくれた、I子からでした。

涙でぐちゃぐちゃになった顔で「寂しいよ~」と駆け寄ってきた。
I子が入社して5年。ずっと愚痴をいいあったり。喧嘩したり。
同僚というより友達みたいだったね。

同期の女の子と折り合いが悪くいつもいじめられては
私のところへ愚痴を言いに来てた。
出張にも行ったね~。
そんなI子を1人残して辞めるのは心配だけど
「私の方が先よ」
と笑って花束と記念品と色紙を受け取りました。

そして、頬をつたう涙を止めながら
感謝の気持ちをみんなへ。
ひとりひとりの顔を焼き付けるかのように
ひとりひとりへメッセージを残しました。

男の人まで泣いてくれたのにはびっくりだったけど
なんかうれしかったな~。
やっと言い終わったときには涙でぐちゃぐちゃだったけど
しっかり言葉に出来たので良かった。

そうして送別会も終わり、お店を出て
みんなが出迎えてくれて、みんなに一言。

「本当に今日はこの様な素晴らしい場を
私のためにもうけていただきありがとうございました。」

と、言ったと思ったら・・・。
い・・い・・・いきなり~~~!
なんと!胴上げが始まっちゃったのです。

「うわ・・わ・・・わわわああああ」
ってミニスカートの私はタイツを履いていたにもかかわらず
ポンポン投げられて、しまいには
地べたに(。_゜)〃ドテッ!と置かれちゃって・・・・。

「ヾ(--;)ぉぃぉぃ。いくら私が体育会系だからって~~!」
ってノリでした。(o^-^o) ウフッ

今思えばどうりで、私の荷物を全部
H君が持ってくれてたのね~って。思うよ~~。

最後にね、こんなに素敵な涙を流せたことを本当にうれしく思います。
まだまだ退職したって言う、実感はないんだけど、
少しずつ出てくるだろうな~って思う。
何度も何度もみんなからの色紙を眺めては私の居場所を確かめて。

「あ~もう、私は帰れないんだな」って寂しくなったり。
別れがあれば、出会いがあるもの。
次のスタートに向けて!

自分探しのスタートだ~。がんばるぞ~!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。