千葉の房総ルアーマン ケンシロウの釣行記と趣味の部屋

趣味のことを語るブログです。
主な内容は千葉県内でのシーバス&フラットフィッシュ、ショアジギ、エギング、メバリングやアジング、チニングメインの釣り
(ルアーフィッシング)に関してですが、スポーツ、音楽、アニメ、料理などの趣味について気ままに書いてます!!


テーマ:

先ほどの釣果報告に引き続き、

TRYOUTモニター品、「サターワーム」を使用しての率直な感想を述べたいと思いますグッド!




趣味の部屋

モリックスジャパンHP⇒ http://www.molix-japan.com/

サターワームページ⇒ http://www.molix-japan.com/page197659.html

トライアウト概要⇒ http://tryout-jp.com/










まずは、使用面で感じたメリットとデメリットを挙げると、、、








【メリット】


・リブが深いため、流れを感じやすい。

・フォール中の水の抵抗が大きいため、食わせの間を作りやすい。

・ボトムでの当たりが取りやすい。

・比較的強度が高く、魚を掛けても裂けにくい。



【デメリット】


・ワームの軸が細く、フックを通しにくい。







こんな感じですひらめき電球









今回使用してみた感じでは、

非常に魚の反応も良く、メリットの方が目立った感がありましたが、



デメリットとしては、ジグヘッドへの装着の難しさが挙げられます。







テトラ帯のように足場の悪い所で、

暗闇の中でワームをセットするのは本来難しいのですが、



ワームの軸が細いと、この作業が一層困難になります。。







また、サターワームの場合、

ジグヘッドの軸に接したリブ部分の間隔がセットの仕方によってマチマチになることで、

アクションにも影響が出てしまいます目


趣味の部屋
最も良い動きをするのは、

リブの間隔を均等に揃えた時グッド!








そのため、

使用する人が、より簡単にセッティング出来るようにするには、

ジグヘッドを通す部分のリブを無くしても良いのではないかと感じましたひらめき電球

(動きにどのような変化が出るか確認の必要がありますが・・・)









また、デメリットとは少し異なりますが、


品質面で注文を付けるならば、

テール部分の球体が割れているものが結構ある点が挙げられますあせる










多少割れていても直立姿勢を保つことを、明るい時間に確認しましたが、


商品特徴の目玉の1つである以上、

品質にはもう少しこだわってもいいかもしれません。。












始めにデメリットの方を解説しましたが、

次はメリットの方音譜






①流れを感知しやすい



このワームの特徴である、表面の深いリブ。


これが水の流れを手元に伝え、

底を取ったり、あるいは流れのある場所を探し出すのに非常に役立ちますアップアップ








別の視点で言えば、

私のブログにもよく登場する「波動」を感知しやすいため、


障害物の多い場所でも根掛かりを察知し、回避することが出来ますニコニコ






②フォール中に食わせの間を作りやすい



リブが深いことによって水の抵抗が大きくなり、

フォールスピードが他のワームに比べてスローになります。。


これによって魚がフォール中にバイトする「間」を作りだすことが出来ますアップ







フォールスピードについては、組み合わせるジグヘッドの種類、

重さによっても変わってくるので、


次回の釣行ではそのあたりも検証してみたいと思いますひらめき電球





③ボトムでの当たりを取りやすい



このワームはボトムで直立姿勢を取るため、

ボトムとの接点が、基本的にジグヘッドの1点のみとなります。。



これによって、ボトムでの小さなバイトでも

ダイレクトに手元に伝わりやすくなりますアップ







実際に他のワームと、ボトムでのバイトの取りやすさを比較しましたが、

バイトの感知能が高いことを確認していますニコニコ





④強度が高く、裂けにくい



手返しを早くする必要のあるアジングやメバリングにおいては、


ワームが魚のバイトによって裂けてしまったりすることで、

交換の手間がかかり、貴重な時合いに無駄な時間を使いかねません。。




その点、このワームは非常に強度が高く、

裂けたり、ちぎれたりしにくいと感じますひらめき電球



趣味の部屋









以上が、今回の釣行で感じた使用後の私見となりますパー








また、カラーに関して一点追記をすると、



私の担当カラー、「オレンジレモン」「クリアー」「グロー」の中で、

今回の澄み潮での使用においては

「オレンジレモン」「クリアー」への反応が頗る良く、

残念ながら「グロー」では殆ど反応を得ることが出来ませんでした・・・汗



趣味の部屋
「オレンジレモン」


趣味の部屋
「クリアー」


趣味の部屋
「グロー」





「グロー」の蛍光発光は非常に強いため、

今回の澄み潮には上手くマッチングしませんでしたが、


濁りが強い時や真っ暗闇の中では効果を発揮してくれると思いますひらめき電球






これも次回の釣行で試してみたいと思いますニコニコ











あくまで私の率直な意見に過ぎませんが、


「流れ」「ボトム」を意識するゲームの際には、かなりおススメ出来る

ワームだと思いますチョキ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ケンシロウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。