車体番号をエッチングするのには、当然ながら、車体番号をカッティングシートにカットして作らなくてはなりません。

これはカットするのが大変です。
大変と言うか正確には面倒くさいです。

文字は、正確に直線は直線でキレイにカットしないと見栄えがとても悪くなるし、
小さな文字で作ろうとすると、細かい部分も多くなります。

これは忙しい人にはちょっと大変。

と言う訳で、私のおもちゃが活躍します。

それが、コレです。 カッティングマシン。
ローランド ステカSV-8。


放課後エッチング倶楽部

写真はローランドさんのHP よりお借りしました。

パソコンで作ったデザインをカッティングシートに出力してカットしてくれます。
カッティングできる幅ごとにモデルがラインナップされています。
写真のSV-8の場合、20cm幅(ほぼA4と同じ幅)のカッティングシートがセットできます。

このローランド社のステカのほかに、グラフテック社 のクラフトロボが有名です。

楽天市場の最安値相場
ステカ ¥29,800
クラフトロボ ¥22,300

クラフトロボがだいぶ安くなっているなぁと感じます。
それぞれに特徴がありますが、カットする分には、どちらも同程度の性能なので、
今なら、値段でクラフトロボのほうを選ぶかもしれません。

次回は、ステカSV-8を使って、車体番号をカットしてみます。
課題は、どこまで小さな文字がカットできるかです。







宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
AD
エッチングクリームを使って、少し実用的なことも試してみます。

それが、車の盗難防止。

愛車が盗まれてしまったら大変ですよね。
特にハイエースが盗難に会い易いのは有名ですが、
近年では軽自動車のワゴンRも盗難件数の上位に来ているようです。
高級車だけが狙われる訳ではなく、軽自動車でも安心していられません。

詳しい自動車の盗難データはストップTHE自動車盗難 に載っていますのでご参照まで。

さぁ、そこで、登場するのがお車のガラスへの車体番号のエッチングです。


窃盗団が自動車を盗難した後は、車体番号や車検証を偽造して海外に輸出されるケースがほとんど。

だから、窓ガラスに車体番号がエッチングされていると、偽造した車検証と番号が合わくなってしまうし、
盗難届けが出されていた場合、窓ガラスの車体番号から盗難車であることが判明してしまいます。

つまり、窓ガラスを交換する必要がでてしまうのです。

手間と費用のかかる窓ガラス交換を窃盗団は嫌がる訳ですね。
フロントガラスの交換だけでも¥5万~¥10万はするようですからね。
これが、ガラス4面だったりしたら、よほどの高級車でもなければ敬遠します。


と言うわけで、だいぶもったりぶりましたが、エッチングクリームを使って私の愛車の窓ガラスにエッチングをしたいと思います。
※ちなみに、来年で10歳になる軽自動車 走行13万キロ超 誰も盗みませんが・・・・。


この車体番号のエッチングを専門業者さんに頼むと、ガラス4面(フロント、リア、両サイド)で¥15,000~¥20,000が相場のようです。
むぅぅぅ、さすがに職人さんの手作業ですね。いいお値段です!!。

これは、頑張ってDIYエッチングを成功させねば・・・・・。





宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
AD
昨日、カットまでした灰皿の蝶々をエッチングします。

エッチングクリームをペタペタと塗って、放置・・・・。

放課後エッチング倶楽部


そして・・・・
こんな感じに仕上がりました。


放課後エッチング倶楽部

色付きの付いたコースターや布の上に置くと見易いです。
白いテーブルの上に置くと、せっかくの蝶々が見難くなってしまうのが欠点ですね。



裏側から・・・・・。
放課後エッチング倶楽部


インクジェットプリンター用ラベルもなかなか使えます。







宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
AD
インクジェットラベルを貼った灰皿の蝶々をカッティングします。

カッティングシートと比べて、特に困るような問題もなく、順調にカッティングできました。

ただ、剥がす時に問題が少し。

紙なので、キレイに剥がれずにちぎれてしまうことが多かったです。
また、キレイに剥がれずに、糊が残ってしまった箇所が2箇所ほどありました。

糊残りは、後でエッチングムラになるので、要注意です。


今回は、デザインの周りをエッチングすることにしました。
灰皿の糸底に沿って丸く切り抜きました。
こんな感じです。


放課後エッチング倶楽部



放課後エッチング倶楽部


次回はクリームでエッチングします。





宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
インクジェットプリンターでガラスエッチングの下絵を準備してみます。

今回の素材は、「灰皿」。
ロックグラスを使う予定でしたが、思いつきで、ふと目についたガラスの灰皿を使うことにしました。
タバコは吸わないのですが、何故かうちにはガラスの灰皿が沢山あります。

この灰皿です。
よくある一人用?の小さな灰皿です。

放課後エッチング倶楽部



そしてエッチングするデザインはコレ。蝶々です。
こちらのサイト「Fashion Frog」 からもらいました。

放課後エッチング倶楽部



このデザインをインクジェットプリンター用のラベル用紙に印刷して、
灰皿に貼り付けます。

放課後エッチング倶楽部


明日は、カットして黒い部分を取り除きます。
カッティングシートとは異なり、紙をカットすることになるので、滑らかな線でキレイにカットできるかが心配です。




宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
クリームを使ったエッチングをするにあたって、取っ掛かり難いのが下絵(デザイン)の写しですね。
私のように絵を描くのが苦手な場合には、面倒くさく感じてしまう部分です。

この工程を楽にできないか??。

実は、レーザープリンターがあれば、PCに取込んだデザインをカッティングシートに直接、印刷できるのですが、
レーザープリンターをお持ちのご家庭は少ないと思います。

そこで、コレを使ってみます。

放課後エッチング倶楽部



インクジェットプリンター用のラベル用紙です。
シールになっていて貼り付けできます。
A4サイズ×10枚 ¥840で買いました。

これを使って、プリンターで印刷し、あとはカットしてエッチングするだけ。
エッチングクリームが滲んだりしなければキレイにエッチングできるはずです。


先回と同じく、¥100均一のロックグラスで実験してみようと思います。




宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ

ラッピング

テーマ:
ご家庭でエッチングをして、「手作りのエッチング品をプレゼントする」のが当初のコンセプト目標だったので、今日はラッピングについて。 プレゼントもラッピングひとつで雰囲気が変わります。

といっても、特に珍しい包み方をする訳でもないので、サラッと軽く流します。

まずは、グラスを入れる箱を準備。
先回エッチングしたグラスがちょうど入る箱を見つけました。
80mm角のサイコロのような箱です。


放課後エッチング倶楽部


こんな箱にはこの包み方。「スクエア包み」?。

まず、正方形に切った包装紙の中央に箱を交差するようにおきます。

放課後エッチング倶楽部



あとは、四隅の包装紙の角を順に中央に持ってきて折り重ね、キレイに十字が描けるように包む。
そしてひっくり返せば・・・・こんな感じになります。

放課後エッチング倶楽部



少し寂しいのでリボンを付けます。

ここで、リボンの苦手な方にオススメなのが、「カールリボン」
ハサミでしごくとカールするリボンです。

今回は、カールではなく、「スパイラルリボン」を使ってみました。
その名のごとく、カールせずにスパイラルするリボン。

まずは、ハサミでジシュゥゥゥーとしごきます。


放課後エッチング倶楽部




こんな感じにスパイラル状なりました。

放課後エッチング倶楽部




あとはメッセージカードを作ってリボンの間に差し込めばOK。

いつも頑張っているお父さんにプレゼントなんていかがでしょう?。





宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
今日は、以前にカッティングまで完了させたグラスをエッチングします。

まずは、余計なところにエッチングクリームが付着しないように、カッティングシートの周りをマスキングします。
100円ショップのマスキングテープ(紙テープ)で十分です。

放課後エッチング倶楽部


そして、プラスチックのヘラでエッチングクリームを塗布します。
コンビニでヨーグルトやプリンを買うともらえるプラスチックのスプーンでもOKです。

クリームは薄く延ばしたりせずに、ペタペタと厚塗りします。


放課後エッチング倶楽部

これで待つこと数分(昨日の実験結果を参照 )。
※本当はちゃんと時間を見ていなかっただけです・・・・・。

塗布したクリームをスプーンですくって元のボトルに戻します。
クリームは再利用できるのがいいですね。経済的です。




そして・・・・。




ついに、完成です。
こんな感じ。
ちょっと楽なデザインを選んだ事もあって、すごくシンプルに仕上がりました。
でもキレイにエッチングできています。

あとは、イニシャルなどもエッチングでいれてあげたりすれば素敵なプレゼントになると思います。






宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ



先回の記事で行った エッチング時間のテスト結果です。


はたして結果は・・・・・・





コレです。↓



放課後エッチング倶楽部


2分から16分まですべてキレイにエッチングできました。
2分と16分の差は目視による外観だけでは違いが分からないくらいどちらもキレイです。

無理を承知で深さも計ってみました。
当工房にはデプスゲージ 最小計測単位0.01mm(10μm)しかないため、ダメもとでトライ。

まず、2分 エッチングした箇所
僅かに針が動く程度・・・・計測不能(多分表面が荒れただけかな?)







16分エッチングした箇所
針は動いたけど、これもきわめて微妙・・・・誤差の範囲かな? 計測不能。

放課後エッチング倶楽部




次に、カッターマットに、エッチングした面を重ねて、カッターマットの軸線の透け具合で比較してみました。


2分間エッチングした箇所

放課後エッチング倶楽部


16分間エッチングした箇所

放課後エッチング倶楽部



16分の方が少し曇りガラス具合が濃いように見えます。



結論
インテリアとして使う分には、2分のエッチングでもOK。
外観だけでは分かりません。
でも、気が短くない人は、ちゃんと15分放置してエッチングすればより濃く?深く?エッチングできるので確実。


中途半端な結果になってしまいましたが、とりあえず、エッチング時間はそんなにシビアに計らなくても大丈夫ということですね。


次回こそは、カットまで完了しているグラスにエッチングを行います。

それでは。






宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
今日は、前回の記事 でカッティングしたグラスをエッチングしようと思ったのですが、
その前にちょっと、実験をしました。

エッチングクリームをガラスに塗布してエッチングするわけですが、
そのエッチング時間 = 塗布してからの放置時間についてです。

エッチングクリーム(Etch Allの場合)の推奨は通常15分くらいとされています。
はたして実際には何分でエッチングできるのか?。
15分も放置しなくても良いんじゃないか?



というわけで、超アバウトですが実験してみました。



実験は、2分から16分まで、2分刻みでエッチング時間を割り振って、エッチングした後の外観の違いを見ます。
写真は、板ガラス(ソーダガラス)に黒色のカッティングシートを貼った物です。
直径10mmの穴を開けてあります。
切り抜いた円の下にある数字が塗布後の放置時間です。
放課後エッチング倶楽部



このテスト用ガラス板に、ストップウォッチで時間を計測しながら、クリームを塗布して行きます。
2分刻みで、16分側から順次、塗布していき、最後に全部まとめて洗い流します。
時間の誤差は+0/-5秒に納まってます。
※塗布作業が1回5秒以内で終えられるため。

こんな感じです。(実験中の写真)
放課後エッチング倶楽部



はたして結果やいかに・・・・・。

(補足)
温度によってエッチング具合に差があるかもしれませんので念のため。

実験中の
気温:18℃
湿度:62%

最近、朝が少し冷えてきました。




宜しければポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ