コバルト選評

テーマ:

久しぶりのブログ


現在の執筆状況ですが、10月中に書きあげるはずが11月になり12月も終わるってのに

まだ終わらない!

書いているうちにストーリー展開に無理が生じてきては書きなおすを繰り返し……

一度はほぼすべて書きなおすということになり……

そして、ついに、今、大方のストーリーラインは決まって80DPくらい

130DPにおさまる気配はある!

これはえんため大賞に出せたら出したいです

1月中には書き終わると思うんだ、多分。その後修正して3月の締め切り!

間に合うだろ!!


さて、コバルトの選評来ました

人生で初めて、自分の小説を人さまに見せて感想をもらう日がついに……

怖すぎて見れない。怖いし、恥ずかしい。黒歴史を論評されるようなもんだよ

他の投稿者さんは平気で見られるのかな?

というか私のようなタイプの人間は作家には向いていないのでは?

本当に見たくなくて、メールボックスの前で半日悩んでいる

ブログを書いたのも、ブログに書くために選評を見るという動機付けのためです

さて見るぞ……


うーん、予想通り、評価はよくないですね

でも一つだけ評価してもらえた部分があるようで、それは本当にうれしい。うれしいよお


それからそもそも原稿の書き方についてご指摘が

私の愛するスティーブンキング御大の著書「書くことについて」の中に

初投稿した作品でもらった選評の内容を語る部分がありまして以下引用


文面は――‘ホッチキスを使わないこと。原稿は綴じないで、クリップでとめるのが投稿のルール‘。なんとそっけない助言だろうと思ったが、それなりに意味はあった。以後、私はホッチキスで原稿をとめないようにしている。


まあ、つまりは内容云々以前の問題だったというのをキングらしい皮肉で語っているんですよね。

まさに今の私の状況ですよね。

この後キングは山ほどの不採用通知をもらうわけですが……


まだまだ始まったばかりだと再認識しました。

それでも私のつたない文章を読んでくれたコバルトの方々には本当に感謝です。

AD

あれ、おかしいな?

テーマ:

前の記事からほぼ二カ月……

まだ50DPしか進んでいないうえにストーリー展開に疑問が生じて迷い、

さらにこのままでは130DPでは収まらないだろうという気がしてきましたよ


小説書ききるってこんなに難しいんですね。

でも諦めてはいない!


まず10月中には書きあげよう。何DPでもいいから納得できるものを。

規定に収まらなければなろうにでも投稿すればいいんだ!


そして10月以降は来年春の締め切りに向けて

ちゃんと130DPで収まるものを改めて書こう。


作家を目指すにあたって読書も精力的に頑張っているんですけど、

今まで知らなかった面白い本にたくさん出会いました。

その出会いが私の想像力を刺激するんです。

私もこんなに面白いものが書けたら人生楽しいだろうな!と。

夢ばかり膨らませてないで作品を書くための想像力を刺激しないといけないんですが

こっちはなかなかうまくいかないですねー

AD

現在執筆中!

ここ一カ月ほどは初の長編に向けてプロットを詰めることに費やしていました。

考えれば考えるほど、「面白いか?これ……」ってなってくるよお

プロットがゲシュタルト崩壊!


舞台を中世ヨーロッパ王家な感じにしようと思ってるんですが

世界観作るのに資料を探さなきゃだしなあ


でもスティーブンキングも言ってたけど、書き始めの情熱が残っているうちに

書き終わらなければならない!

だから2カ月で書きあげるのを目標にしたいと思います。

有言実行なりますよーに!

AD

電撃小説大賞一次

テーマ:

駄目だったー!


荒が多くて何が何だかわからない小説だったから、

受賞は無理だと思っていたけど、

一次落ちはやっぱりショック。選評もらいたかった。


まず自分が目指すべきは、自分で納得できる作品を書くこと、かなと思いました。

電撃応募作も、コバルトノベル応募作もですが、

はっきり言って自分でもごみみたいな小説だと思うもの。

文章も読みづらいだろうし、ストーリー展開も全然面白くない、無駄に複雑で意味がわからない。


でも処女作の電撃応募作が『机の奥深くに放置されていた、いつのものだか分からない食パン』みたいなごみだとしたら、

2作目のノベル応募作は『消費期限2週間すぎて冷蔵庫に放置されてた牛乳』みたいなごみかなと思う。

どっちも相当やばいごみなんだけど、後者の方が少しだけまし、みたいな。


小説を書き始めて半年ちょっと、最初よりは多少ましになっている感はある。

ここで腐ったごみにならずに、まず3年は頑張ってみよう。

すぐ止めちゃうと、結局またふつふつと夢がぶり返して、全然諦められないってことになる予感がする。

「もう無理、才能ない、今すぐ筆を折って二度と書かない」と心の底から思う日が来るまでは

書き続けます。

ノベル大賞投稿

テーマ:

コバルトのノベル大賞にWEB投稿しました!


書きあげるのに1カ月半くらいだったのかな。
規定枚数におさめるのに苦労しました。もう少しエピソード足したかった。
反省点は中編にしては設定過多だった。
あと、気がついたのは恋愛小説は書けないという根本的な問題です。
少女小説にしても、えんためとかビーンズとかの冒険色強そうな方がいいかもしれない。


しかし、中編で規定枚数が足りないと思うようになったということは
これ、長編いけるのでは?
今の私なら、いけるのでは?
と思い、ノベルの投稿作書いてる最中に浮かんだアイデアがあるので
それを書いてみようかと思います。


ただ、次がどの賞ねらうかなんだよね。
長編で角川系のレーベル狙いたいけど、みんな3月4月の締め切りで間空きすぎ。
どこかに一度投稿し、来年電撃あたりに改稿して投稿するのがいいかな?


一人旅はまだまだ続く!