殺人事件で富士山の樹海から遺体の一部を発見するなど活躍を続けた警視庁の警察犬「クラーク・オブ・グローリッチ号」(オス、ラブラドルレトリバー)が3日、心不全で死んだ。人間の年齢で67歳に相当する12歳だった。

 クラーク号は平成16年6月、広告代理店の男性社員が行方不明になった事件に出動。山梨県の富士山麓(さんろく)の樹海付近を捜索し、岩穴の中から切断された両足部分を発見した。現場は木が生い茂り、「人間の目では捜しきれない場所だった」(鑑識課)という。クラーク号はこの事件で警視総監賞を受賞している。

 クラーク号は人なつっこく温厚で、現場では活動意欲が旺盛だった。21年11月の出動を最後に、警察犬訓練所で静養していた。

【関連記事】
ひき逃げの乗用車内から覚醒剤 所持容疑の男「警察犬が置いた」
鑑識係で指紋採取も! 警視庁の仕事を体験できる特別展
かわいすぎる警察犬 早く出動したいワン!
鼻で守る世界遺産!全国初の警察犬パト ボヤ多発の平城宮跡
【アニマル大集合】警察犬、襲われる!?

消費税率10%を明記=自民参院選公約(時事通信)
棋聖戦“盤寿シリーズ” 羽生棋聖が先勝(産経新聞)
代表選出馬を正式表明=民主・樽床氏(時事通信)
首相交代 ビラなど手直し大あわて 民主・参院選候補者(毎日新聞)
混合診療、先進医療制度と異なる仕組みを(医療介護CBニュース)
AD