羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が11日、北海道小樽市のグランドパーク小樽で始まった。

 3連覇を目指す羽根に対し、山下は本因坊初挑戦。だが、山下は昨年の天元戦、今年の棋聖戦、十段戦に次いで4回連続のタイトル戦登場。現代囲碁界を引っ張る両雄がどんな碁を見せてくれるのか。「ニギリ」の結果、羽根の先手番で戦いの火ぶたが切られた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
羽生善治王将「大きな勝負が続くので頑張りたい」

お疲れさま…高速道のUターンラッシュ本格化(読売新聞)
劇団民芸の北林谷栄さん死去(時事通信)
D51「撮り鉄」滑落か…がけ下に男性遺体(読売新聞)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚-奈良(時事通信)
AD