☆Dancing the Dream ☆

Let us celebrate
The Joy of life ♡
with ☆Michael Jackson☆


テーマ:

殿の『This is it』って、どういう意味?
このタイトルの謎について、当時、さまざまに語られましたね。

ひとつには、
「これで終り」という意味だ。という解釈があり、

たしかに、
殿は、ライブコンサートツアーは「これで終り」にして、
映画界に進み、映画を作りたかったのですから、
「これで終り」という意味をもつということは、
ひとつ、まちがいないですよね。

『This is it』とは
「これこそが、それ!」、

「それ(it)」ってなんなの?
ですよね。。

ここのとこ、ずっと、
「フロイトとマイケル」について書いてきたなかで、
ふっと・・・
『エス(Es)』という言葉に閃いたことなんですけれども。

・・・つまり、
結論から言うと~

『This is it』の「それ(it)」って、
『Es』のことなんじゃない?
ということなのです。


『エス(Es)』とは、
フロイトは、心は「自我、エス、超自我」の
3層からなるとし、

エスは、ドイツ語で
英語に訳すとthe it の意味で、

エスは、ラテン語ではイド(id)と言い、
どちらも‘it' の意なのです。

エスというのは、エネルギーの源泉となる本能的な欲動のことで、
自分の中にあるけれども自分では気づかない世界。。・・なので、
格のない3人称の「the it」で表されたのです。


さて、今更ですが、
マイケルジャクソンという人は、
自分自身の「心」のあくなき探究者なのでありまして、
大変な哲人なのですね。

そして、作品全体が、
彼の人生の歴史書のようでもあり、
哲学書のようでもありますよね。

そのマイケル作品のなかで、
私が見出したのが、『マイケルのMy baby論』なんですけどね。

『マイケルのMy baby論』については、
このブログでは、さんざんぱら書いてきましたし、
まったくの私見ですが、、

このブログで、マイケルの作品を訳し解釈する中で直感し、
書き綴ってきた 最も重要な命題です。

・・まぁ、簡単に言うと、

マイケルは名声や成功のために
自分自身の「心」から、追い出してしまった「My baby」を
探し求め、取り戻す生涯をおくり、
そして、
その全人生を作品に表したのだ。。


こういうことなんですが、
これが私見の『マイケルのMy baby論』です。

これは、ジャクソンズの『Triumph』の中に収められた
自作の『HEARTBREAK HOTEL』にはじまり、
それ以降のソロ作品、全体を覆っているテーマだと思っているのですが、

マイケルは、全作品のソングライティングにおいて、
My baby」という言葉を、
重要なキーワードとして用い、
一般的な「ぼくのカワイ子ちゃん」という意味の下に
非常に哲学的な意味を隠蔽しているということなんですね。


感の働く方は、もう私が何を言いたいか、
おわかりでしょう~^^

 drums  drums  drums  drums  drums  drums

それは、、
マイケルの「My baby」は、
フロイトの「エス(Es)」のようなものなのではないか?
ということであり、

『This is it』の「it」も、
マイケルの「My baby」、フロイトの「エス(Es)」のようなものなのでは?
ということなんです。

フロイトは、
「エス」を一本の樹木に例え、
「エスというが樹木が外的世界の影響力をうけて
 発達してくる樹皮のようなものが自我なのだ」と言いました。

例えば、
マイケルの「my baby」
フロイトの「エス」をビジュアル化したらどうなるか?

たとえば・・♪


ギリシア神話に登場する
原初の神、半獣神パーン。

パーンは、半身は山羊、半身は人間の姿でした。

天才ダンサー、ニジンスキーが創作して踊り、
一大スキャンダルとなった「牧神の午後」も、
このパーン神ですね。


またパーン神をソースにしたJバリの
マイケルが愛したピーターパン。
ピーターパンは、ドングリのボタンが付いた緑色の着物を身にまとっていました。
そう、ドングリの木は、ピーターパンの象徴なのですね~どんぐり

ピーターパンは、
あらゆる外的影響力を拒否して、
ただただ思うがままにスクスクと伸びる
「エス」という樹木なのかもしれません。

では、マイケルがパーン神を表現するとどうなるか?
私は、マイケルの『The Way You Make Me Feel』は、
パーン神と「my baby」を結びつけて歌った歌だと思っていますよ!^^
私的変訳でいくと、こうなります。

  ♪ Hey Pretty Baby With The
   High Heels On~♬
   ♪ ねぇ!後ろ足にヒヅメのある
    可愛いヤギの赤ちゃん~♬

『The Way~』の全訳・解釈はコチラで↓
http://ameblo.jp/et-eo/entry-11541382068.html



余談ですけれど、
ニジンスキーの「牧神の午後」の動画の09:20~の衝撃的な振付けを
まず、もう一度観て、
マイケルの「The Way~」の動画の5:35~雄叫びまで~を観て下さい。
これを比べてみると、
このふたつのダンスは、無関係ではないと思いませんか?^^


さてさて、
話を『This is it』にもどします~
そんなわけで~


『This is it』とは、
「これこそが、
 ぼくの追い求めいていたMy baby(僕の魂)さ!」


・・という意味になるのではないか~!!と思います~❤


マイケルジャクソンという人が、
どれほどの苦悩の旅をして自分自身の魂(My baby)を追い求めてきたかを
感じたいとお思いなら、
どうぞ、
彼の詩集『Dancing the dream』の
「The Elusive Shadow(逃げ回る影)」を
ぜひ一度読んでみて下さい。

「The Elusive Shadow」の和訳はコチラ↓ 
http://ameblo.jp/et-eo/entry-11454723169.html


めっちゃ道草くっちゃいましたが、
『This is it』の和訳いきます~♪

探していたものが見つかったとき、
こう言いますよ~!
「This is it まさにこれ~!」




この歌詞を読むと、、

マイケルが探し求めていた「My baby」は、
意外にも、マイケルの大ファンだったんですね~~~❤

そして、「My baby」は、
大いなる"Love"につながっている存在だったんです。

神さまは、マイケルをステージの上で光となる
人々に音楽で愛を伝える者として
この世界に送った――
けれども、マイケルは、ずっと悩んでいました、
マイケルの「My baby」は、
罪深い芸能の仕事、熱狂のステージに立つマイケルを
嫌がって去って行ったと思っていたんですね。
「my baby」のことを聞いたことがなかったので、
マイケルには、その子の気持ちが解りませんでした。
だから、マイケルは、「My baby」を説得するんですね。
僕は自分で望んでこうなった訳じゃなくて、
神さまの思し召しなんだ。
そして今や僕はこのステージに立つことに
本当に幸福を感じるんだ。解ってくれるかい?と。

ところが、
マイケルのThe Elusive Shadow(逃げ回る影)、「my baby」は、
実は、そんなマイケルを気に入っていたんです~❤
「my baby」は、自分のために、それを楽しむよって❤

いえいえ、マイケルは感じていたと思います。
「my baby」こそが、マイケルの本性、
音楽への欲求そのものだったのかもしれない~と❤

そして、マイケルは、自分自身の「my baby」に
愛の歌を歌います~❤

この歌の通りのことをマイケルが実感して、
「This Is It」に向かったとしたならば、
ほんとに、ほんとに、今更ながら、
マイケルは幸福だっただろうと思いました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




This Is It
(written by Michael Jackson & Paul Anka(1983年)

This is it, here I stand
I'm the light of the world, I feel grand
Got this love I can feel
And I know yes for sure it is real

まさにこれなんだ 僕が立っているここなんだ 
僕がこの世界の光なんだよ 僕は大いなるものを感じている  
僕が感じるこの愛を解っておくれ
そして、僕にはこれが本物なんだと
確かにそうなんだ!と解かるんだ

And it feels as though I've seen your face a thousand times
And you said you really know me too yourself
And I know that you have got addicted with your eyes
But you say you gonna live it for yourself

そして、僕は君の顔をもう1000回も見てきたかのように感じる
そして、君もまた、君自身 僕を本当によく知っていると言った
君の瞳は見つめることに夢中になるはずだと、僕には解っているよ
でも、君は自分自身のためにそれを楽しむつもりだと言う

I never heard a single word about you
Falling in love wasn't my plan
I never thought that I would be your lover
C'mon please, just understand

僕は君のことを一言も聞いたことがなかったんだ
愛の中に落ちることは 僕の計画ではなかったんだ
僕が君の愛する者になろうとは、決して思わなかった
お願いだ ちゃんと理解しておくれ


This is it, I can say,
I'm the light of the world, run away
We can feel, this is real
Every time I'm in love that I feel

まさにこれだよ 僕には言える
僕は 走り去るこの世界の光  
僕らは感じることができるのさ これは現実だ
毎回 僕は感じる 愛の中にいると

And I feel as though I've known you since a thousand years
And you tell me that you've seen my face before.
And you said to me you don't want me hanging round
Many times, wanna do it here before

まるで僕は1000年も君を知っていたかのような気がする
そして君は 前に僕の顔を見たことがあると僕に言うんだ
君は僕にぐずぐずしないでほしいと言った
前にも何度も、ここでそれをして欲しいと言った


I never heard a single word about you
Falling in love wasn't my plan
I never thought that I would be your lover
C'mon please, just understand

僕は君のことを一言も聞いたことがなかったんだよ
愛の中に落ちることは 僕の計画ではなかったんだよ
僕が君の愛する者になろうとは、決して考えなかった
ねぇ お願いだ ちゃんと理解しておくれ
       

This is it, I can feel
I'm the light of the world, this is real
Feel my song, we can say
And I tell you feel that way

これがそれだよ 僕は感じることができる
僕は その世界の光 これは本当だ
僕の歌を感じておくれ  僕らには言える
そして 僕は君にあのやり方で気持ちを伝えるよ


And I feel as though I've known you for a thousand years
And you said you saw my face yourself
And you said want to go with me all the while
And I know that it's really for myself

そして、まるで僕は1000年も君を知っていたかのような気がする 
そして、君は君自身、僕の顔を見たと言った
そして、君は、その間ずっと、僕と行きたいと言った
そして、僕は、それが本当に僕自身のためだと解っている


I never heard a single word about you
Falling in love wasn't my plan
I never thought that I would be your lover
C'mon please dear, just understand

僕は君のことを一言も聞いたことがなかったんだよ
愛の中に落ちることは 僕の計画ではなかったんだ
僕が君の愛する者になろうとは、決して思わなかった
ねぇ お願いだ ちゃんと理解しておくれ
   

I never heard a single word about you
Falling in love wasn't my plan
I never thought that I would be your lover
C'mon please dear, just understand

僕は君のことを一言も聞いたことがなかったよ
愛の中に落ちることは 僕の計画ではなかった
僕が君の愛する者になろうとは、決して考えなかった
ねぇ お願いだ 愛しい者よ  ちゃんと解っておくれ

        























AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

てんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。