エステ狂いの日々

しがないサラリーマンが大好きなメンズエステの感想をつぶやきます。
中毒、エステ狂い。


テーマ:

今回はご無沙汰してません、エステ狂です。行った日にブログを書く癖をつけたいですが、やっぱりサボり気味。。ゆるりと暖かい目で見守っていただけると幸いです。


本日は、学芸大学『SHYNA』さん。学芸大学にメンズエステとは珍しいです。通いやすい土地なので、良店だとテンションが上がります。


結構クローズが早いこのお店。ダメ元でサイトを見てみると、まだ受け付けてくれているようです。即、お電話。丁寧な男性に説明を受けて、すぐ伺う旨をお伝えしました。


学芸大学という土地は狭い所にたくさんお店があり、そして一方通行の道路が多いため、僕のようにバイクで動いてる人からすると不便な町です。特に駅周辺は入り組んでいて知っていても行きづらい…。お兄さんの指定は、駅前東口だったので、運転できない所は車体を押しながら駅前に向かいます。お電話をしてみると、少し戻ってください、との事。うん、先にバイクで行く旨伝えればよかった…。


駅から説明を受けながら歩くこと5分ぐらいでしょうか。あまり来た事の無い場所に案内され、目の前に出てきたのは立派な門構えのマンション。いや、マンションっていうよりは集合住宅なのかな。重厚な門構えなので、高級感が漂っているのですが、たくさん止めてある自転車のおかげで景観が台無しです。ホーム向けの住宅なのかな…と考えながら、言われたインターフォンを押下します。


出ていらっしゃったのは細身のセラピスト。格好はワンピースです。うん、物凄く普通だ(笑)。いや、逆に学芸大学に普通のメンズエステがあることを感謝するべきか…。生活感のあるキッチンを横目に、施術ルームに通されます。どうやらワンルームタイプではなく、複数の部屋で施術可能な一世帯タイプのようですね。立派な外観からは少し意外な古目の内装です。


まずは簡単なコース説明と、同意書へのサイン。コースは2種類あり、「リラックスコース」と「プレミアコース」という名前が付いているようです。内容を聞くと、リラックスはオイル、プレミアはパウダーとの事。うーん、基本メンエスでは高いコースを選択するのですが、パウダーと聞くと少し考えてしまいます。過去のブログにも書いていますが、パウダーはスキルがいると思うのです。何も考えてないセラピがやると、マッサージにすらなってないことが多い…。その割に、たまにパウダーの方が高いコースに据えてあるお店をたまに見るので、いつも『??』マークなんです。密着がある前提だから高めなんですかね??


この日は、えいやっと心を決め、「プレミアコース」を選択しました。セラピの腕の程は想像しかできませんが、何となく悪くなさそうです。コース料金、90分14,000円を支払ってからシャワーの準備です。内装は良くも悪くも庶民的。デカパンが置いてあるので何かと思いましたが、どうやらバブルのオプションがあるお店のようです。バブルといえば中目黒某店で初めて体感してからしばらくハマっていたのですが、最近はご無沙汰です。慣れというのは怖いものです。


シャワーも友達の実家のような雰囲気です。最近、こういったちょっと古めの内装マンションに当たることが多いので、とても思うのですが、こういうシャワールームにちょっとおしゃれな容器でボディーソープ等が置いてあると、少し笑いを誘います(笑)。牛乳石鹸とかが似合うとは思うのですが、客単価1万円を超えるようなメンズエステだとちょっと厳しいのかな(笑)


一般的なタイプの紙パンツを履いて部屋に戻ると、うつ伏せから施術開始です。まずはタオルを置いて指圧。うん、やっぱり僕の見立ては外れていなかったようです。このセラピ、指圧が上手いです。パウダーになった時のソフトタッチの腕前は現状でははかり知れませんが、コリがしっかりとほぐれていくのが分かるぐらい上手いです。そして、痛くない。痛い=我慢すればコリが取れるというのはウソだと思います。


上半身が疲れてる旨伝えたので、念入りに施術してもらいます。メンズエステ的な要素は今の所見えませんが、それでも町のマッサージ屋レベルには気持ちいいです。リアクションを取っていると、指圧を長めにしてくれます。ヘッドマッサージまでしていただき、ちょっと得した気分。まぁ、ヘッドマッサージがオプションの店もありますが、あれ注文されないっしょと思ってるのですが(笑)。


脚部の指圧後、いきなりのソフトタッチに切り替わったので、少しビクッとリアクションしてしまいました。パウダーの前哨戦かな?と思っていると、「私、パウダー使わない主義なんです」との事。いや、え?それじゃ料金支払ってるの意味わからなくならない?と思いましたが、まあソフトタッチは上手な方だったので溜飲を下げます。でも、やっぱり納得は行きづらいですけどね。


脚部から臀部、腰と比較的慣れた手つきで施術が続きます。そういえばカエル足施術はなかったなー。カエル足施術も、発明した人は特許を取っておけば、超儲かったんじゃないか、と思えるぐらい一般的になってしまったので、有ったら有ったで『またこれか…』だし、無きゃ無いで『あれ?あの気持ちいい奴は?』と思わせる憎い奴ポジションです。いや、でも無いとやっぱり寂しい(笑)と思っていると上半身のソフトタッチ。うん、背中は僕の性感帯じゃないことを再認識できました。


続いては仰向け。嬢が頭の上に座り、デコルテ開始です。そう、読者さんはご存知ですが僕の大好きなデコルテのお時間です。ところがこのセラピ。スリムな体系のせいで何かが顔に当たる気配が微塵もありません。『おーう、残念デコルテ…』そう、たまーにあるのですが、ただ単純にデコルテを行うためだけに頭上に座するタイプ。いや、それならサイドからでも出来るんじゃ…と思わせる謎の施術です。他店舗ですが、おっぱいがボリューミーなのに、わざわざ当たらないように施術する人もいる始末。いやいや、それならデコルテ工程は無くて結構です。と思ってしまいます。


まあこのセラピはデコルテの施術がうまかったので、まぁまぁでした。そして、腹部を念入りに施術開始。なぜかココだけ再度指圧のような手つきです。腸マッサージというのですかね、これ。これって何かの施術効果があるのでしょうか。どっちかというと気持ち悪くなるイメージなので、あまり好きではなかったのですが、このセラピは念入りにやってくれました。。


最後は両足の間に座ってのそけい部リンパ。うん、特に特筆するところが無い…。普通…ですね、普通…。これ目当てに再訪はしない、というか記憶に残らない内容。。実際、今書きながら少し日付が経ってるので、本当に思い出せません(笑)。ただ残念な感じや、腹立たしい感じではなかったので、いたって普通な施術だったんだ、と思ってください。延長のえの字も浮かぶことなくお時間終了。


━━━━━━━━

褒める所も貶す所もない、といった感じの普通なお店でした(笑)。まあ学芸大学にあるってのが、エステ狂からすれば加点対象でしょうか。深夜までやってくれてるとパーフェクトで通うと思うのですが、基本は24時終了のようです。


セラピスト写真を見ると、少し気になる方も何人かいらっしゃるので何回かは行くでしょうか。ただ、タイミングを見つけるのが大変そうなので、ゆったーりと開拓していければ、と思います。良いセラピがいれば、化ける可能性もあるかな、と思います。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

容姿:★★☆☆☆(あまり触れませんでしたが、中の下です)

施術:★★☆☆☆(もの凄く普通。。パウダーは使ってよ…)

内装:★★☆☆☆(うん、少し時代は感じる無いそうですが、仕切りはちゃんと扉です)

コスパ:★★☆☆☆(値段もふつう…)

再訪:セラピ次第、で再訪するかなと思いますが、ちょっと遅くなると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。