↓↓マイコが実践したバストアップDVD↓↓




テーマ:

胸を大きくするホルモンは、大きく分けて2種類があります。
女性ホルモンと成長ホルモンです。

 

「女性ホルモンが胸を大きくすると聞いた事はあるけど、成長ホルモンは知らないな」
と、言う方も多いと思います。

 

プロラクチンと呼ばれる成長ホルモンは、女性の限られた時期にしか分泌されません。
初潮を迎えた前後の思春期から成人にかけてと、妊娠から出産にかけての時期です。

 

このどちらの時期も、プロラクチンが分泌され、女性の乳腺が発達します。
妊娠時期にはあわせて、妊娠を維持したり、母乳を作り、分泌する働きも行います。

 

このプロラクチンは、授乳刺激によっても分泌される事で有名です。
赤ちゃんを持たない女性が、赤ちゃんを抱いたり、赤ちゃんが胸に吸い付いたりした刺激で、胸が張る、母乳が出だす等の現象は、広く知られています。

 

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンと2種類のホルモンがあります。
エストロゲンは女性の二次性徴を促進する事で有名です。

 

女性らしい、丸まった美しい体を作り、妊娠に備え、子宮の内膜を厚くする働きがあります。
エストロゲンの分泌が多い時期は、卵胞期とも呼ばれ、女性の体や心が安定している時期と言われています。

 

一方で、プロゲステロンは妊娠に関わる作用をするホルモンです。
受精卵が子宮内膜に着床する事を助け、妊娠を維持する働きを持ちます。

 

排卵から次の生理期間に多く分泌されます。
この時期は黄体期と呼ばれ、女性によっては精神的に不安定になったり、腹痛、腰痛、頭痛等の症状を感じる方もいます。

 

これらのホルモンが胸を大きくする働き関係するホルモンです。

 

では、これらをサプリメント等の経口で摂取する事で、効果はあるのでしょうか。
例えば、エストロゲンは経口で摂取すると、腸から吸収され、肝臓で分解されてしまいます。

 

経口で摂取して効果を出すには、分解されにくいエストロゲン誘導体を摂取する必要があると思われます。
サプリメント等でホルモンを摂取するのも、バストアップの一つの手段ではあります。

 

しかし、ホルモンの分泌や働きを助ける成分を日常の食品から取り入れる方が安全です。
女性ホルモンの過度の摂取は、月経周期のズレや本来のホルモン分泌のバランスを崩す恐れがあるからです。

 

例えば大豆イソフラボンは豆乳等の大豆製品に豊富に含まれています。
化学構造がエストロゲンと似ている為に、体内でエストロゲンと良く似た振る舞いをします。
これらもサプリ等の過剰摂取は注意をする必要があります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。