日本のために

テーマ:
今日は日本について考えてみた。

モンちゃんは一見一人で生きているように見えるが、実は日本という、ある種の巨大な船のようなもので生きている。

モンちゃんがどんなに生きようとしても、日本という船が転覆してしまったらどうすることも出来ない。

そういう意味では日本の誰もがこの日本という国と密接な関わりを持ち、一人一人が日本の代表とまで言えるかもしれない。

この不況、そして人々を不安にさせる事件の数々。その全てがモンちゃんを含め一人一人と多かれ少なかれ関わりを持ってくる。

モンちゃん「この日本のために何が出来るだろう。」

ようやくそういう事を考え始めたモンちゃん。

そしてモンちゃんがその次元にまで行った時、今度は「世界の中の日本」を考えるようになるだろう。

日々の成長を楽しみにしていきたいモンちゃんだった。

-----------------
sent from W-ZERO3
AD

金融系

テーマ:

今日は再びハローワークに行ったモンちゃん。


「金融系」でチェックし、従業員数が100人以上のところをピックアップ。


そして、不動産と保険関係をなんとなく感動で外してみると(詳細はまた)、二社が残った。


二社とも金融取引を主にしている会社のようだ。


ハローワークの係の方が面接のアポをとって下さり、紹介状を下さった。



係の人と話していて思ったのは、モンちゃんは体裁はいいのだが、相手になかなか本音を言えないな、ということ。


せっかく係の方が気にかけていろいろ質問して下さっているのに、痛いところ(社会経験がないところなど)をつかれるのを恐れて、当たり障りのない答えをしてしまう。


もちろん聞かれたら答えるのだが、自分から相手の方と分かり合っていこうとしないと、社会でも通用しないのはもちろんだが、何より相手の方にさみしい思いをさせてしまい申し訳ない。


就職活動の結果もそうだが、何より自分自身が愛に溢れた人へと新しく変化していきたいと強く思い、ハローワークを後にするモンちゃん。


モンちゃん「よし、面接に向けて会社情報を調べるぞ!」


再び動き出したモンちゃんの就職活動だった☆



AD

アナリストとの出会い

テーマ:
今日は朝からレストランでアルバイトをしていたモンちゃん、夜にたまたまアナリストの友人と出会う。

話は前日に遡る。秘書系の仕事をしている知り合いに会ったモンちゃんは、「モンちゃんは営業というより何か突き詰める系が合っている気がする。本を読む集中力とかすごいし。」とアドバイスをもらった。

ずっと営業を見てきたが、正直営業は違うなと思っていたモンちゃん、そのアドバイスに深くうなずき、業種に関して再び悩み始めていた。そんな中でのアナリストとの出会い。

アナリストの友人「うちの会社も資格試験やってたけど、中途で入った人いますよ。」
モンちゃん「なんと、社会経験がなくても入れたんだ。」

知識を使ってやる仕事で、営業ほど体力的にもきつくないとのこと。体力がそこまでないモンちゃんには合っているかもしれない。

モンちゃん「何か良い流れが来ている気がする。」

まずは信じて行ってみようと思ったモンちゃんだった。

-----------------
sent from W-ZERO3
AD