はい、日本中すごい寒波ですね!
私の住んでいるところは
札幌でも雪があまり降らないのですが
冷え込みはやっぱり厳しいです
風邪などひかぬように、ですね

さて、こんな冬真っ最中に去年の夏のかまきりさんのお話


    8月31日撮影

携帯画像ですが、元気なかまきりさんです
庭は、かまきりがいる事と仕事が忙しいのも重なって
伸び放題、無農薬で餌も沢山いるのでしょう
どんどん大きくなっています
中には随分大きいのもいますが、平均8㎝ってとこでしょうか

最初より、数も減り
反対に、大きな昆虫や鳥に食べられたのもいるんでしょうね
この頃には、庭の中央では殆ど見かけなくなり
いつも、家の外壁に何匹かいる感じでした

札幌の夜風はお盆過ぎには冷たく、朝方も冷えるのでしょう
ちょっと早くに庭に出ると、まだ一匹も来ていなかったり

そんなんで、9月10月と過ぎていきましたが
この頃、仕事は更に佳境に!
10月の半ばに久しぶりの休みになり
今日こそは、捕獲するど!と意気込んでいましたが
めっきり寒くなったので、朝から何度も見に行ったのにいない

2~3日続いた雨の後、庭はびしょ濡れ
生憎その日は曇天で、いる気配など全くない

夕方、もうあと30分もしないうちに真っ暗になるぞと思ったら
ぴか~んと夕焼けが!

慌てて庭に行き見るがいない
10分後にもう一度行くと いた!
やっと2匹いた!
大きいのと小さいの
まぁ!立派になって
大きいのはかまきり夫人って感じね

だけどよく見ると夫人は、木の花台にぶら下がっている
後ろの2本脚でかろうじてぶら下がり
前の4本はだら~~~んとしている
元気ない…

もう一匹の小さいかまきり、ちーかまくんはさっさと逃げてしまったのに
きっと夫人は死にそうなのだな

もう、慌てて連れ帰る
あ、草より枝の方がいいかもね!
庭に戻り桜の枝をぽっきり折る
その間、腕や肩辺りをうろうろしていた 
Oh!ぷりてぃー!
桜の枝と一緒に飼育ケースに入れた

じ~っと観察する。。。。

うひゃぁ!かわいい!
さっき肩の上からこっちを見た時、目が合っちゃったもんねぃ
複眼なのに目が合うって~猫みたいに縦目だったよ

ケースから出したい気持ちをぐっと堪えて
今日はびっくりしただろうから新聞紙で覆って我慢する

う~ん気になる…暫くしてから、ちょと覗く

あれ?夫人???元気ないの?
またあのぶら下がりポーズになってるし~


はっ!



この時、Y女史はやっと気づいたのだった

もしかして??脱皮???



何という事をしでかしたのだ
夫人は、今から脱皮をしようとしてぶら下がっていたのだな

新聞紙の隙間からもう一度覗く…

うんうん、何やらお腹の辺りがもぞもぞしてきたぞ~~~~
これは間違いなく脱皮ですね脱皮ですよ脱皮ですから~~~~
Y女史さんはかなり鼻息が荒くなり、床においた飼育ケースは何ともよく見えず
もう、ごろんと横になって、ご飯支度もせず
新聞紙の隙間から寝ながら観察している様に
途中で帰ってきた相棒もあきれ顔になっている

なんかさぁ~桜の木肌がツルツルしてるのかな?
滑っているよ~
くるくるになったり~
どうしたらいいの~

実況中継しながらあせるY女史




ぽとり……





落下…
かまきりが落下中に脱皮
いや、脱皮中に落下するとどうなるか…


前もって読んでおいた、かまきりの飼育の仕方に書いてあった
それは死です!


油汗がどっとでる
じゅあ、今日じゃなくて明日だってよかったでしょうに!

慌てて飛び起き、かまきりさんを枝につけようとするがツルツルで無理!
そばにあった毛糸を枝にぐるぐるして引っ掛かりやすいようにしたが無理!
もう、しかたがないセロテープで、脚を枝に貼りつける

動かない…
動かないけどどうしようもない
どうしたらいいの~~~~~~~~~~

夜中の1時までずっと見ていたら
涙が出てきて Y女史さんは決心する

あと30分しても動かないようだったら…

Y女史さんには心に決めたことがあったのだった





=  続く  =



AD