精神疾患専門の障害年金相談室

日野社会保険労務士事務所が運営する障害年金相談室。

精神障害を専門に、障害年金に関する各種ご相談・請求手続きの代行を行っています。


テーマ:




ネコ博士の精神疾患専門-障害年金相談所


【質問】
先日、病院に行った際、担当医師に診断書の作成を依頼したところ、「まだ早い」と言われ、診断書の作成を断られました。診断書を作成してもらえないということは障害年金の請求も難しいですか?





ネコ博士の精神疾患専門-障害年金相談所

【回答】

病院によっては、1年位受診しないと診断書を書かない所もある様です。手間がかかる、社会復帰が遅くなる、認定を得られなかった時のクレームに応じるのが面倒、認定基準に対して勉強不足、という理由が挙げられます。どうしても診断書を書いてもらえない場合は、転院することも考えた方がいいでしょう。むしろ私はそちらをオススメ致します。無理に書いてもらっても納得いく診断書に仕上げてくれるとは到底思えないからです。ご家族の方からお願いしてみるというのも一つの有効な方法です。




[知っておきたい法律豆知識]


医師法19条2項

医師・歯科医師は「患者から依頼があった場合には正当な事由がない限り診断書作成を拒否できない


診察した医師は、患者本人から診断書の請求をされた場合、正当な事由(※)なく、診断書の交付を拒むことはできません。交付してもらえない場合は、その理由を医師に確認してください。


ちなみに、ここでいう正当な理由とは、

(1)恐喝等の不正の目的に利用される疑いが強い場合
(2)不当に患者の秘密が他人に漏れる恐れがある場合   などの場合を言います。





◆◆----------------------------------------------------------------


たくさんの方に、このQ&Aを活用してもらいたいと思っています。

こちらにご協力いただければ幸いです↓ (1クリックお願いします)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ



気軽に読者登録してくださいね(・∀・)b


読者登録してね


----------------------------------------------------------------◆◆






AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード