根多帖別冊 by えすくおやじ

えすく (=esq&絵好く) おやじです。

絵を描いていますので、そちらをメインにしたいのですが、城関係がやたらと多いブログとなっています。
お読みいただければ幸いでございます、そして・・・

ブログ内容に即した、皆様の素敵なコメント募集中でございます~


テーマ:
二月の 利神城調査報告会において

「利神城は、姫路城の支城時代は 『利神城』 ではなく 『平福城』 と呼ばれた可能性がある」

ということを聞いた。

また、平城として住宅地に良好な遺構をとどめる河内私部城は歴史的呼称としては 『交野城』 が正しいと、交野市の担当の方はおっしゃられた。

同じような話を、ゆえあって近頃再読している 『佐柿国吉城ブックレット』 に書いてあった。

若狭国美浜町佐柿にある国吉城は、若狭武田氏が越前朝倉氏に備えるため重臣・粟屋氏に守らせた城で、永禄元亀にかけて十年にわたって朝倉氏の侵攻を喰い止めた堅城である。

また織豊期~江戸前期には若狭の本城である後瀬山(小浜)城の東を護る支城として石垣造りの近世城郭としての改修を受けた。

それらの多様な遺構を明らかにするため国指定史跡を目指して発掘調査が続けられている。

出土石垣

ぼくはここに近年毎年のように訪れて、とても好きな城址のひとつである。

ところがその国吉城が、「国吉城と呼ばれていなかった」 というのである。 いわく、

「国吉という城名は江戸時代以降 『(国吉城)籠城記』 等から流布して定着したと思われ、常国国吉が築いた古城を利用したという由来が著されている。
しかし、当時記された 『信長公記』 等複数史料によれば、地名の 『佐柿』 或いはその当て字で登場する。
以上のことから、当時の城は 『クニヨシ』 ではなく、地名から 『サガキ』 と呼ばれていたとみられる。」


『国吉城籠城記』 は、永禄当時粟屋家中にいた田辺半太夫が体験を軍記物として纏めたものである。
しぜんオモシロくするためのフィクションや誇張が多く史料としての面は乏しいといわれる。

ただ、オモシロいため広く流布したのか、本来の 『佐柿』 という呼称を 『国吉』 が凌駕したようである。

ということでぼくとしては、これからは 『佐柿』 という城名を使っていきたいと思う。

ややこしいので 『佐柿(国吉)城』 くらいにはすることになるかな。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
丹波国の北桑田郡美山町中枢部は、室町期から川勝氏の本拠で、京都から若狭へ抜ける 「西の鯖街道(R162)」 の中継地点として要衝でした。

既に述べた今宮城中村城はここを抑えるために川勝氏が築いたといわれています。

しかしその本拠はこの島城であったといわれています。

遠望

今宮・中村両城に比べて規模が格段に大きく、各曲輪によってその特徴が大きく異なって見えます。

城山山頂が主郭でしょう。東に二段ほど腰曲輪を設け、その尾根続き下には竪堀h1が五本連なります。
東の三本は尾根を区画していますが、今宮城主郭背後の四連続堀切を起想させます。こちらは高低差があるうえに間隔が空いているのでそこが違って見えます。

主郭Ⅰの西にも二段ほど腰曲輪Ⅱ・Ⅲがあります。Ⅱは曲輪仕切るように石積があり、北斜面や南斜面とその下にも石積があり、この曲輪は石造りであった可能性を想定します。

Ⅱ郭下石積

また主郭南東やⅡ・Ⅲの西には高まりがあり土塁であったのでしょう。

島城縄張図

Ⅲ郭西は堀切h2があり、Ⅳ郭までの間を先行図はここを通路とその南の竪土塁のように書いていますが、ぼくはは自然地形と考えます。そうなったのは後世に道を作った際ではないかと。

ここのⅣ~Ⅵに至る地形や、中村城の主郭から北曲輪への地形が同じような斜面にも拘らず竪土塁になっていない。またこの部分自体も通路側(北)は切り立っているのに南(城外側)は自然に近い斜面となっているからというのがそう判断した理由です。

北に降ったⅥ郭は土塁で囲まれ、岸も切っています。中村城東端の横矢掛け曲輪とよく似ている印象です。

Ⅳ郭のⅤに降る出入り口は石造りの虎口があったと思われます。西に降ったⅤ郭は横矢の掛った土塁で囲まれ、切岸もしっかり立てています。北西角は櫓台状の横矢となり、その東の櫓台の間は喰違虎口を形づくります。

Ⅵ郭よりも四角を志向した曲輪となり、少し時代が新しくなったりするのかなという印象です。

その北西角から北に向かって幅5m程の、城内最大の竪堀h3がかなり下まで降りていて上の櫓台状土塁に対応したように見えます。

またそこからⅤ郭西には竪堀が7本ありますが間隔が広く、尾根筋を遮断するために設けられたもので、『畝状』 とは呼べないでしょう。

見てきたように多様な曲輪が一つの城に並び立つ大変興味深い城です。山の高さや立地の良さからここがこの地域の拠点城郭であったのは間違いないでしょう。

おもうに Ⅰ~Ⅲの曲輪は草創期からのもので、のち寄親となった存在 (細川京兆家や明智か?) がここを使った。

Ⅳはそのとき川勝が使用、Ⅵは中村城と同時期に改修され、Ⅴはその後最終期に改修…と想像します。

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小野市の陣屋跡にある好古館で 『一柳家と関ヶ原・大坂の陣』 を見に行ったことを書いた

以前、豊後岡の中川家のことを 「大大名になってもおかしくない」 と書いたことがあったが、この一柳 (ひとつやなぎ) 家もそうである。

もとは伊予・河野氏の一族で、美濃に流れてきて “鷹の土岐” こと左京太夫頼芸に仕えたといわれる。稲葉一鉄の家も同じく河野氏出自といわれるが関連はないらしい。ひょっとすると伊予からこれらの人々が来たのはもっと以前で、そこから稲葉氏や一柳氏がわかれたのかもしれない。

他の美濃国衆と同じように斉藤~織田と主を変えたのだろう。元亀には市助直末が羽柴氏の母衣衆となっていて、のちに美濃軽部城六万石を預かっていた。

天正十年の小田原攻めのときには、伊豆山中城で 『肉轢き機』 の餌食となり討死。

後を襲ったのは弟、監物直盛。なぜか山中城で多大な犠牲を払ったにもかかわらず減封、三万石。

小牧の役で同じく当主が討死した池田家や森家は減封などされていないのに・・・

監物は関ヶ原の前哨戦となる尾張・美濃戦線で、西軍の勧誘を断り徳川方として地の利を生かし行動。

戦後、伊勢神戸城五万石となる。
神戸

じつはこのとき、功により大加増となるところ、大坂方の姉婿・小川土佐守祐忠の赦免のため自分の加増分を投げ出したといわれる。

小川土佐は、小早川金吾や脇坂淡路ととも大坂方を裏切った将であったのに改易されそうになったわけだ。それを救うためになぜウチが・・・と一柳家中は憤懣やるかたなかったであろう。

のち大坂の陣や将軍家への奉公などで寛永十三年に先祖の故地である伊予六万八千石に加増転封。

川之江に築城する予定であったらしいが、監物直盛はお国入りする直前に大坂で客死してしまい、城どころか遺領を分割して家格を下げてしまう。

宗家伊予西条三万石はサボりで除封、播磨国加東郡小野二万八千石も相続のゴタゴタで一万石に減封。

ここでも小野に城を築く予定であったらしいが城主格に満たなかったため陣屋のままであったという。

兎に角、戦働き・功名は多数あってもっと世の中に知れ渡ってもいい武門の誉れある家だと思う。『信長の野望』 シリーズに市助・監物兄弟揃い踏みでもおかしくないのである。

間が悪いというか世渡り下手というか、非常に残念としか言いようがない。



AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。