根多帖別冊 by えすくおやじ

えすく (=esq&絵好く) おやじです。

絵を描いていますので、そちらをメインにしたいのですが、城関係がやたらと多いブログとなっています。
お読みいただければ幸いでございます、そして・・・

ブログ内容に即した、皆様の素敵なコメント募集中でございます~


テーマ:

当初・・・

 

若狭熊川城に行くつもりでしたが、関西南部&北部の天気予報が芳しくなったため、中間の近江南部=信楽町の小川城に行くことにしました。

 

土塁囲みの礎石があるという情報を得たのは 『図解近畿の城Ⅱ』 でした。

ここには上記遺構の情報のみでなく、近江八幡時代の三好孫七郎の支城として機能したと書かれていたのです。

 

つまり 『織豊系城郭』 ・・・ナノカナ?

 

画像をご覧いただいてお分かりのように土塁内側に石積があります。

 

で、縄張図も摂ったのですが、途中で…雨・・・雨・・・雨・・・ナニモデキナクテボクハワラノイヌ

 

上記書籍では礎石建物の北が主郭とされていましたが、ドウナノカナ~

ぼくはこの画像の撮られた方向・・・礎石遺構の南が主郭ではないかと思っています。

 

もっと注目されていい城址ですね、ここ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実は先週、滝ヶ峯城に行ったあと、麓まで行ったとですよ。

今日はそのリヴェンジとなりました。いやー、とってもいい城!ただ、6時間掛けて、全体の半分ほどしか摂図できませんでした (T_T)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

如月は仕事も忙しく楽しみにしていた映画やライヴがあって、さらに播磨と違い雪や凍結が心配な場所も多く低調なお城巡りとなりました (以上言い訳) が、今月はイキナリ丹波国からスタートです。

先月訪れた埴生城の南、京街道 (播磨からみた呼称?今の国道372号) と能勢街道の分岐点を見下ろす要衝です。

 

図解近畿Ⅱで、尊敬する研究者の一人、Sさんが執筆されていました。

築城主体は森美作守と伝わっていますが、虎口や石垣などの遺構を考えると、織田配下の惟任日向守 を想定しています。

 

・・・と、明確に書いているSさんはすごい。なかなかそこまでズバリとは言えませんて。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

映画館に入ったことすら十年ぶりくらいになるほど映画に縁のないワタクシですが

 

半年前から前売券を買って楽しみにしておりました 

 

『劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケール』

 

公開日に、同じくこのオハナシに共鳴した愚息とその友人を連れて行くはずが、仕事の都合で行けず、公開4日目にしてやっと見ることができました。

 

公開日の朝、魔が差したのかYOUTUBEのネタバレ画像を見てしまったのを後悔しつつ観ましたがやはりイイものはイイ!

ただ・・・

ボクのようにこの一連の“SAO”というお話にダダはまりのひとはめちゃクチャ楽しめたし感動したし感涙にムセイダのですが・・・

 

はたしてこのお話をあまり知らない人が楽しめるかどうかは甚だ疑問であります。

 

今回、このSAOという物語にレギュラーで登場する以外の方々、重村教授・エイジ・ユナの三人が映画公開前から相当前面に出ていたのですが

 

はっきり言って、役者と声優の可否が全く違うことが浮き彫りにされたといわざるを得ません。

 

ジブリでも声優経験のない役者を使うことが多く、うちのサイクンもそれに否定的なわけですが、それを肯定せざるを得ない結果であったと感じます。

 

鹿賀さんも、井上くんも、役どころを演じていたというにはあまりにお粗末だったと思わざるを得ません。

 

ユナの神田さん・・・

 

歌は上手いし、声優としての経験もあり、このドラマトゥールグとしてはたいへんいい仕事をしてくださったと思わざるを得ないのですが・・・

 

なにせ、すべてが 『アナ雪』 に聴こえてしまうのですよね。いい曲たちなのに・・・

 

あと、ストーリ-的に・・・

 

ランク下位の我らがキリトくん。王道映画みたいに修行みたいなことをして欲しくないと思ったのですが、やらかしちゃってます。

 

で、昇りつめて決闘・・・

 

エイジが着ていた 『パワーアップスーツ』 みたいなん・・・アレ、ガ〇ツスーツみたいなもんですやんね。

 

それを素手で破りますか・・

 

さすが傍若無人の ビーター様ですね・・・・

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
われらがesq三谷さんがヴォーカルとして参加される企画セッションがある。 
 
その名も 『本気でAOR NIGHT』 という。
 
もともと東京の 【Blues Alley Japan】 というライブハウスで行われていたものであり、関西在住のぼくは行くこと叶わず、半ば羨ましく半ば他人事のように思っていた。
 
ところが今回そのセッションが全国ツアーを行うという.。.関西では京都RAGである。行ける。
 
AOR とゎ・・・1974年ころから83年ころまで流行し、日本でカテゴライズた音楽ジャンルである。
 この括りの音楽がそう呼ばれたのはかなり後のことでありリアルタイムの呼称ではない。
 オシャレな歌詞とメロディライン、複雑で各楽器を生かしたアレンジが特徴で、その特徴ゆえ
 流行が廃れたあとDISられたが、再評価の気運が高まっている。 (以上三谷さんのMCより)
 
それを、当代随一のミュージシャンが、「原曲に忠実に」(MCより) 奏でる。
その再現率たるや素晴らしいものである。メンバーの力量が如実に顕れる、つまり相当な腕の方々なのである。
 
震えと、涙と、ニヤ付が止まらなかった。いやぁ、行ってヨカッタ。
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
二週にわたって同じ城に行ったことが有ったろうか…たぶん無い。
 
雨のため午後からの訪城となって、下の城 (現地解説には「二の丸」とある) が半分摂図できなかった 静原城
 
縄張図コンプリートと山上の城をもう一度確認しに行ったのですが、到着直後に雨が振り出しました。
 
取り敢えず図を完成させようと奮闘するも紙が雨で敗れかかる…。レーダー距離計の電池は切れる。
 
これはいかん、と、バインダーの裏に書き始める。執念である。血染めのダイイングメッセージをシタタメルッテこんな感じかな?
上の城再訪はならず。雨が止まないので13時にて終了。無念じゃ。
で、ここは総石垣の城ということでいいのですよね?なぜ山上じゃなくこっちなのかな?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月最後の休日、念願の京都市静市の静原城に行ってきました。
 
予報では雨が騰がるといっていましたが、昼近くまで降っていました。上がることを信じて現地へ
 
流石は京都市の北郊、山の上の城は残雪で白いです。
 
そしてこの山城の尾根続き、はるか南東下には別の城があるのです
行ってみてびっくり、桝形虎口と思わしきものが相当数あり、石垣もあり、ただの中世城郭ではないことは明らかです。
開始が遅かったせいもあり、途中で日没サスペンデットとなりました。本来ここから南(右)に多くの興味深い曲輪群が・・・また行きます。
 
しかし1月ってこんなに雨多かったっけ?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
雪とか降られるとヘタレのボクは凍結やらスリップやらを心配してつい寝過ごしてしまいました。
 
近所の図書館は休館日で、しょうがないのでここに来ました。枚方市の樟葉台場。
以前来たときは重機がガンガン動いていて、「国指定史跡に何すんねん!」 と思ったものでした。オリジナルの遺構とかだいぶ破壊したんと違うかなぁ…・。
 
まあ見やすくはなっています。
 
もっと土塁とか、門跡とか忠実に再現すればよかったのになぁ・・。どうせ重機入れるなら。
 
本来は画像中央付近に虎口が開き、その内側に蔀 (一文字土居) があったはず。両袖の横矢ですね。
 
あ、オレ復元反対派だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、仕事がオフだったので、城州静市・静原城に行こうと思っていましたが、フォロワーさんから雪・凍結の情報をいただきまして、こちらは後日に廻すことに致しました、

 

で、こちらも気になっていた奈良市(旧・都祁村)の馬場城に行って、余裕があれば福住の二城も見ようと思ったのですが・・・

櫟本付近から見上げた時、別段イケそうな気がしたので登ってみると、やはり東山内は雪景色でした。

 

こりゎ縄張図は諦めて写真だけ数枚。雪の中の遺構もオツなものです。

 

もともとここは 『図解近畿Ⅱ』 の図を見て「織豊っぽいな」と思い、そこいらへんを確認したかったのです。石垣もあるし。

 

福住へ向かう途中の山道も白くなりかけていたので、寄らずに帰ってきました。

 

まあリヴェンジしますよ。でもなんかもういいかな・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5日、城始めの儀式を執り行う気満々でありましたが、あえなくインフルエンザに罹患

 

9日になりやっといけました。場所は船井郡市森の須知城

 

石垣の残る山城です。

縄張図も摂ったので詳細後日。

 

このあと峠を南に越え、園部町の埴生城にも行ってきました。

 

砦程度の規模ながら、大きな石材を使った石垣の痕跡が残る城です。

 

なかなかのレアケースなのではないでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。