1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-14 12:52:23

お気に入りのギター

テーマ:ブログ
どーも!
 
お久しぶりでございます!
 
2016年 ESP New ラインナップが続々と店頭に入荷しております!
 
そんな中ワタクシ吉田のお気に入り、是非皆様にご紹介したいギターがございます!
 
 
それがコチラ!!
 
ESP
THROBBER-STD
 
この THROBBER-STD は以前からカタログには掲載されているモデルです!
 
個人的にも所有していてお気に入りなこのギターの魅力を、ワタクシなりにお伝えさせて頂きたいと思います♪
 
 
パッと見テレキャスター風の形ですが、アンプにい繋いで出てくる音はテレキャスターとはまるで別モノ!このギャップがたまりませんww
 
それは何故かと言うと、THROBBER-STDに施された「Sound Reservoir(サウンドリザーバー)」と言う独自の特殊ホロウ構造が関係しているんですねー。
 
サウンドリザーバーのザグリ形状はこんな感じになっています。
 
ピックガードの下がまるでひょうたん型の様にザグられているんですねー♪
 
そしてトップ材で蓋をしているワケです。
 
所謂テレキャスターシンラインとは違い、このサウンドリザーバーは試行錯誤の結果ザグリの形を工夫し、本来強度の関係でタブーとされていた(勿論THROBBERはこの問題をクリアしてますヨ)ブリッジ下までザグリ加工を施すことにより、まるでセミアコースティックギターを彷彿とさせるトーンを実現しているのですっ!!
 
セミアコっぽいトーンを持ちながら、ソリッド感も失いすぎないように設計されていますので、適度なエッジを持ったロック向けのサウンドもお手のモノ!!
 
さらーに!2ハムバッカータイプですが、5WAYのPUセレクターを採用しておりサウンドバリーションが豊富!
セレクターはフロント側から・・・
・フロントハムバッカー
・フロントコイルタップ
・フロントハムバッカー+リアハムバッカー
・フロントコイルタップ+リアコイルタップ
・リアハムバッカー
となっております!ポジションごとに特徴を持ったサウンドキャラクターがありますので、全て有効に使えちゃいます!
 
通常のセミアコースティックギターと比べてもサイズがコンパクトで取り回しが良い!
 
歪ませて使う場合のハウリングも、一般的なセミアコと比べて起こりづらい!
 
適度なホロウ感を持ったギターサウンドは、アンサンブルに溶け込みやすく、実際に使ってみて特に鍵盤との相性が良いなーと感じます♪
 
良いことばっかり書きましたww
 
だって本当に良いギターなんですもの!!
 
そんなワタクシ一押しの、ESP THROBBER-STD 2016年仕様 今店頭にご用意しております!
(2016年仕様はPUがSeymour Duncanに、ネックジョイントプレートがESPオリジナル5点止めに、サイドポジションマークがLuminlayに変更されています。)
 
是非一度お店でそのサウンドを体感して頂きたいです!バッチリご説明させて頂きますヨw
 
弾き心地ももちろん最高ですグッド!
 
 
お待ちしております~ヽ(゜▽、゜)ノ
 
 
 
よしだ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-08-05 11:59:22

Burner Finish RandomStar!!

テーマ:ブログ
またもや、とてつもなくカッコいいオーダーギターが完成致しました!!

今回、ご紹介させて頂くESP ORDER GUITARは、



ドンッ!!



Order Randomstarですっ!!

こちらのギターは当店の常連のお客様に
ご協力いただきまして、
完成したてのギターを掲載させて頂いております。

今回、オーダーして頂いたギターは、
LOUDNESS/高崎晃氏のモデル
ESP RANDOM STAR GREEN BURSTから
インスパイアを受けて製作されました。






アーチの形状は勿論のこと、コントロール部の
ロータリーSW(真ん中のスピードノブ)、
フロントPUのSeymour Duncan SHPR-1n
グリーンバーストより採用しました!!
ロータリーSWの機能はオリジナルで、フロントPUのサウンドを
多彩に使用できるよう配線されております。
リアPUには拘りのSeymour Duncan 78Modelを搭載!!

さらにっ!!



本家RANDOMSTARとは違い、6弦を瞬時に
ドロップチューニング可能なように
Floyd Rose BridgeにD-Tunerを装備!





そして何と言ってもタイトル通り、
ボディトップ材のスワンプアッシュを
バーナーフィニッシュしたカラーリング
インパクトがあって目を惹きますよね!!









ボディバック材にはホワイトアッシュを使用し、
ボディの厚みをトータルで55mmと厚め
にしてさらにネックグリップを
太めのシェイプにすることによって
FATなサウンドになっております!

もちろんヘッドトップバーナーフィニッシュでございます。
指板はこれまた貴重なバーズアイメイプルをセレクトしました!!






どうです?皆様!!

「こんなギターが作ってみたい!!」

「自分ならこんな感じにするかな!!」


など色々なアイデアが膨らんできてるんじゃないですか!!

そんなアナタの理想のギター・ベースづくり
ESPテクニカルハウスのスタッフ一同がお手伝い致します!

お気軽に遊びに来てくださいネ!!


最後に今回のブログでご協力いただきましたお客様と記念写真を一枚!!


パチリッ!!




〇〇様、今回もご助力頂きありがとうございました!!

福井でした
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-20 18:38:30

1950年代のRandom Star発見!!

テーマ:ブログ
何とっ!!奇跡的に1950年代に生産されたと思われるRandom Starが発見されましたっ!!!



ってのは冗談で、、、(笑) ※ESPは1975年創業です。

ESPテクニカルハウス常連のお客様宮地豊聡様のご協力を得まして最近、完成したばかりの
ESP ORDER GUITAR ”RS-920 Relic”をご紹介いたします!!





今回のORDER GUITARのコンセプトはブログのタイトルにもあるように

ズバリッ!!

「もし1950年代に生産されたRandom Starがあったとしたら?」

という面白い発想からスタートしました!






どうですっ!このリアルなヴィンテージ感!!
本当に1950年代にESPが作ったギターなのでは?と思わせてしまいますよね!






フ○ンダー社や○ブソン社のようにヴィンテージを模しての
Relic、Agedではなく、
あくまでも仮説として60年以上も前にESPという会社が有り、その頃にRandom Star
作られていたらという奇想天外なアイデアを実現できてしまう
”ESP ORDER MADE SYSTEM”
の完成度、実現度の高さには我が社の事ながら感動してしまいます!!(涙)






塗装面の剥がれ具合にしても長年愛用され塗装が
削れていったような質感を表現し、
サンバーストカラーの上にレッドフィニッシュされている
オーバーペイントが施され、
よりリアルさが増しています!!

もちろんボディ&ネックの塗装面だけではなく、
金属パーツやピックアップ等の
パーツ類もエイジングされております!






いや~、シビれちゃいますよね~~~!!

「自分もこんなオーダーをしてみたいっ!!」 
「もっと詳しく教えて欲しいっ!!」

そんな声が聞こえてきますよ!!(笑)



もちろんESPテクニカルハウスならそんなアナタの夢のお手伝いをバッチリさせて頂きます。
お客様のいろいろなアイデアを実現しますよ~!

まずはお気軽に店頭までおいで下さいね~!!


そして最後に今回ご協力いただきましたお客様の
宮地豊聡」様に
完成記念として写真を撮らせて頂きました!!




パチリッ!!





宮地様、本当に今回はご助力頂きありがとうございました!!




福井でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。