木村一典「司法書士合格塾」

10年の講師生活で感じたこと、日々の講義で感じたことを司法書士試験の合格を目指して真摯に頑張っている皆さんに伝えていきたいと思います。


テーマ:

7月は、毎日、基礎講座です。

ひた向きな皆の姿を見ていると、

来年の7月が楽しみです。

現在、基礎講座は不動産登記法の真っ只中。

そこで、以下の不動産登記法の問題を

考えてみてください。

(問題)

以下の場合の買戻特約の原因日付は?

7月1日 代金完済と同時に所有権移転

      とする売買契約成立

同日   買戻特約成立

8月1日 売買代金完済


(解説)

買戻特約は、売買契約と同時に

しなければなりません。

また、買戻特約の登記は、所有権移転

登記と同時に申請しなければなりません。

しかし、買戻特約の効力発生が

所有権移転時となるのではありません。

あくまでも、売買契約成立時です。

したがって、買戻特約の原因日付は、

7月1日となります。

次回も、原因日付の問題を取り上げ

ようと思っています。


さて、TAC渋谷校での『本試験を斬る!2016』

が一週間後に迫って来ました。

その名にふさわしい講義にしたいと思っています。

本試験が終わって1ヶ月近く経ちました。

この講義で、2016夏の勉強をスタート

させませんか!

当日は、かなり本試験問題に食い込みます

ので、必ず問題冊子をご持参ください。

『本試験を斬る!2016』

TAC渋谷校にて7月30日(土)14:00スタート

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本試験が終わって10日が過ぎました。

もう勉強を再開している受験生もいます。

この姿勢が、来年の合格を

引き寄せるんでしょうね。

この時期は、とても大切です。

本試験の記憶は、日々薄れて行きます。

あんなに悩んで間違った問題も、ただ間違えた

だけの問題に変わって行きます。

これが、過去問と本試験の違いです。

過去問なら間違えないのに、本試験では

点が取れない…

それは、過去問の「答え」に重点を

置いてるからです。

過去問で大事なのは「理由」です。

過去問は、また出題されるから

やるのではありません。

本試験で、迷ったときに正解に転ぶ

「底力」をつけるためにやるのです。

この「底力」は、ただ過去問をやるだけでは、

到底つきません。

「本試験で迷った自分を思い出しながら」

やらないと身に付かないのです。

夏こそ、過去問です!

まだ本試験の感触が残っている今やらなければ、

また知識だけの受験生になってしまいます。

知識は、合格するための大事な要素です。

しかし、合格は知識の量だけでは

手に入らないのです。

本試験では、必ず迷う時が来ます。

その時、知識はもう頼りにならないのです。

最後は、「底力」です。

それを、いま過去問で自分のものにするのです。

平成28年の本試験問題を横に置いて、

迷った自分を忘れないようにして、

過去問をやってください。

もう、来年の勝負は始まっています。



7月30日(土)PM2時

TAC渋谷校「本試験を斬る2016

          ↓

http://www.w-seminar.co.jp/shisho/shisho_summercp.html

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本試験から一週間

皆の報告も一段落しました。

やっぱり、今年は午前が難しかった。

点差が開いたように思います。

基準点は、午前26、午後24or25

だと思います。

詳しい分析は、7月30日(土)PM2時から

TAC渋谷校での『本試験を斬る』で、

お話したいと思います。


TAC司法書士『実戦過去問~キムラの目』

        ↓
http://www.w-seminar.co.jp/shisho/koza/jissen_kako_enshu.html

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。