ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG

大阪南船場を拠点とするレコード・レーベル / ショップ


テーマ:
今週のWEB更新が完了致しました!!

新入荷商品はこちらをクリックで↓


$ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-ES


下記今週の新入荷商品です。
今週は豊作ですよ!!!!


Dark

●Darkest Pumpkin / Let It Be/That Feeling / 12” / 2000Black / ¥1480
Especial大推薦!!! Dego主宰2000blackからの新作は、Dego、Kaidi Tatham、Mark Forceによるコレボレーション・プロジェクトとも噂されている”謎”かつ”話題”のプロジェクトDarkest Pumpkinによる2TRK EP。エッセンシャルな女性Vo.、鮮やかなキーボード・リフのコンビネーションによるウォーミーなブギー・フュージョン・グルーヴを、リズミカルなアレンジを交えて組み立てていく「Let It Be」。Kyoto Jazz Masiveもヘビープレイ中です!!!そしてC/Wには、小気味好いリズムマシーンの心地よさを生かしたクラップ・ブギー・グルーヴに、ポジティヴな高揚へと向かう心地よいキーボード/シンセのリフレインが絶妙なコードチェンジを魅せていく「That Feeling」。これはマスト・ゲットです!!!


Dego

●Dego / Nuts! / 12” / Blueberry Records / ¥1580
2000blackからの諸作、WildheartからのA Race Of Angels"Just Begin"のTheo Parrishとの共作となるリワーク、そしてPaul JohnsonのクラシックBetter Than This"のKaidiとのブギー・ソウルなRMXと、素晴らしい作品を続々とリリースするDegoが、Blueberry Recordsなるレーベルから久々にDego名義での新作をリリース!ウォーム・ジャジーなキーボードを浮かべ、ブギー・フィールなベースラインも心地よいパーカッシヴなブレイク・サウンドを展開する「Nuts」に始まり、どこか80年代初頭のHerbie Hancock辺りにも通じるエレクトロ・ファンク、フュージョン・テイストを呑み込みドライブ感溢れるダンスグルーヴを展開する「Could Murder A Burger」、Degoの真骨頂ともいえるリズム・マシーン・グルーヴを軸にしたファンク・ジャジー・サウンドが最高な「Celestian Ditton」とORG3曲は流石のカッコよさ!フュージョン・エッセンシャルなブレイク・グルーヴでの「Celestian Dirron -Falty DL Remix-」も◎!もちろん大推薦です!


SS

●Spiritual South Specials / Everday/Gonna Getcha / 12” / Basic Fingers / ¥1680
Raw FusionやAfro Artからのリリースでお馴染みのMark Robertson a.k.a Spiritual Southが、Basic Fingersより2TRKエディットEPをリリース!鮮やかなヴォーカル/コーラスのコンビネーション、放たれるホーン、リズミックなカッティング・ギターが爽快な高揚感とテンションを高めていく、EW&Fの"Let Your Feeling Show"を、ファットなグルーヴ感と巧みなダブ・エフェクトと展開構成でサマータイム・パーティー・ブギーに仕上げた「Everyday」。ソウル・エッセンシャルなヴォーカル・ラインを軸に、こちらもファンキーで爽快なサマータイム・ブギーを聴かせる「Gonna Getcha」。これは、かなりオススメです!


Andre

●Andre Espeut's Quintet / Here Today / 10” / Imagenes / ¥1480
Seawind "He Loves You"辺りを彷彿とさせるミッド・ブラジリアン・グルーヴに、Curtis Mayfieldを彷彿とさせるファルセットを交えたAndre Espeutのヴォーカルが暖かく爽やかな高揚を描くブラジリアン・ジャジー・ソウル!Imagenesからの新作は、レーベルの中核Juan Laya & Jorge Montielがバックアップする形で届けられる、UKの男性ヴォーカリストAndre Espeutのクインテット・プロジェクト楽曲「Here Today 」の10inchリリース!前述の様に、まるでSeawind x Curtis Mayfieldを思わせるムードでのブラジリアン・ジャジー・ソウルを展開する1曲で、途中スウィング感溢れるジャズ・アンサンブル・パートへと展開する等、音楽的密度のあるダンサンブル・ナンバーに仕上がっている。C/Wには「Inst」を収録!


Lay

●Lay-Far / Communications / 12" / Local Talk / ¥1680
Mad Matsが主宰するLocal Talkからの記念すべき第50弾は、絶好調のモスクワの気鋭プロデューサーLay-Farが登場!サンプリングや楽器演奏も交えたコズミック・フュージョン感覚が素晴らしいディープハウス/ビートダウン・ナンバーを披露!ジャズ/クロスオーヴァー、ビートダウン、ディープ/エレクトリック・ハウス全方位にお薦めです!!!


KevLP

●V.A. / Kev Beadle Presents Private Collection 2 (2LP + CD) / 2LP / BBE / ¥3480
Gilles PetersonやPatrick Forgeと並ぶUKクラブ・ジャズシーンの大御所Kev Beadle監修のソウル/ジャズのコンピレーションPrivate Collectionの第2弾が到着!彼が長年に渡って愛聴/プレイしてきたフェイヴァリット作品を収録するこのシリーズ、今回の内容も素晴らしいです。ジャズ系ではおなじみの名曲の数々を中心にした極上のセレクション!!!クラブプレイ、リスニング共にお薦め!!CDも付いてます!!!


Scrim

●Scrimshire / Two Night In Tunisia With Scrimshire / 7" / Dubplate / ¥980
Wah Wah45のサブラインとなるエディット・シリーズDubplate13作目は、Scrimshireによるクラシック「Night In Tunisia」のカヴァー2曲のエディット7inch!シンセベース、鮮やかなキーボードが暖かくも爽快なムードを醸し出すChaka Khanによるブギー・ファンク・フォーリング溢れるカヴァー・ヴァージョンを、絶妙な反復や組み替えで再構築した「Chaka's Night Re-edited (Scrimshire Re-edit) 」。そしてB-Sideには超絶的なスキャット・グルーヴと圧倒のコーラス/ハーモニーのパフォーマンスでカヴァーしたManhatta Transferによるヴァージョンを、フィンガー・クラップを軸にしたブレイク・グルーヴで再構築した「Manhattan Night Remixed (Scrimshire Remix) 」を収録!



Beat

●Beatconductor / Beatconductor Reworks / 10” / Kat Records / ¥1580
注目レーベルKat Recordsからの20作目は、G.A.M.M等からのリリースでお馴染みのBeatconductorによる2TRK Edit EP。何と言っても注目はA-Side「A Message Of Love」!Diana Rossヴァージョンでお馴染みの"The Boss"の作者であるAshford & Simpsonのライブ・ヴァージョンをエディットした1曲で、フック前のパートを絶妙に反復させて確実にフロアテンションを高めていく流石の仕上がり!B-SideはLuluの79年のミッド・ブギー・ソウル作"I Love To The Boogie"のエディット「Boogie Love」、こちらも艶やかなパーティー・ムードを高める1発!



Nicola

●Nicola Conte / Sandalia Dela/Baltimore Oriole / 7" / Schema / ¥1180
御存知Nicola Conteの最新作は、充実の仕上がりとなったニューアルバム『Free Souls』の中でも人気の高かった2曲がカップリングで7インチ・リリース!! Cinematic OrchestraのHeidi Vogelが若きFlora Purim的な歌声を聴かせてくれる"Sandalia Dela"カヴァー。B-sideは、ジャズ・クラシックスとしてもお馴染み"Baltimore Oriole"のカヴァー。UK女性シンガーBridgette Amofahをフィーチャーしブルージーな世界を展開するラテン・ジャズ・スタイル素晴らしいカヴァー作です!!


Gerald

●Geraldo Frisina & Maurizio Bonizzoni / Through The Nights/Superstrut / 7" / Schema / ¥1080
なんと!Deodatoの大定番曲"Super Strut"をGerardo Frisina & Maurizio Bonizzoniが極上カヴァー!! Side Aの"Through The Night"は、心地良いエレピと滑らかなホーンが、ブレイクビーツの上で華麗に舞い踊るメロウ・ジャジー・ブレイクビーツ。Jazz Hip Hop系にもお薦め。そしてSide Bは、Deodatoによるフュージョン・クラシック"Super Strut"のカヴァー。原曲のイメージに忠実に、疾走感溢れる打ち込みビートと華やかな生演奏のアレンジの妙が冴え渡る、メロウでダンサブルな最高のブレイクビーツ・フュージョン!! どちらも注目の作品です!


4004

●4004 & Sebastien Vorhaus / Looking At You / 12” / Quintessentials / ¥1380
良質なビートダウン作品をリリースし続けるQuintessentialsからの40作目は、Faces Recordsからのリリースも記憶に新しいメキシコの新鋭デュオ4004 & Sebastien Vorhaus による4TRK EP。小気味好くパーカッションを絡めた黒くファンキーなビートダウン・ハウス的グルーヴに、フィルターやリヴァース等を織り交ぜながらブギー・フィーリング溢れるキーボードやヴォイス・フレーズ等をコラージュ的に重ねてグルーヴィーに展開する「 Everybody Is Talking」に始まり、ストリングス・シンセとなキーボードのコードチェンジを軸にソウル/ジャジーなビートダウン・ハウスを展開する「The Edge」、お馴染みのエモーショナルな女性のヴォーカルをFeatしながらパーカッシヴでグルーヴィーなソウル・ビートダウン・ハウスを展開する「You Turn Away」、スラップベースを交えたグルーヴィーなビートダウン・ハウス・グルーヴに、ジャジーなキーボードのコード、コラージュ的に重なるストリングス、ヴォイス・サンプルが光る「Speak」が収録!


Ugly

●Ugly Drums / The Freak EP / 12” / Faces Records / ¥1480
Quintessentialsからのリリースでお馴染みのUgly Drumsの新作4TRK EPがFaces Recordsからリリース!!所謂ポスト・ビートダウン的才能の中でも、ジャズやディスコ、ソウル等のブラック・ルーツミュージック感覚と、リズミカルで自由度の高いビート・センスがずば抜けているUgly Drums。Kenny Dopeネタとしてもお馴染みのSweey Potato Pieのブレイクを使ったパーカッシヴなシャッフル・リズムを軸に、ギター・リフやキーボードを絡めたジャジー・ビートダウンを展開する「The Freak feat. Kalakuta Soul Band 」、グルーヴィーなシンセ・ベースを波打たせてリズミックに跳ねたファンキー・グルーヴに、パーカッション、エフェクト、鍵盤等をアクロバティックに絡めていく「On The Run 」、ドライブ感のあるパーカッシヴなグルーヴ、サックス・プレイやクラウドのざわめき、コーラス等をFeatしてパーティー・ヴァイブ溢れるディスコ・テンション・サウンドを展開する「I Dig That Groove feat. Chesney」、そしてラストにはレイドバックしたスロー・グルーヴにフュージョン・メローな音を鮮やかに広げながら黒さ溢れるスポークンワードをFeatしていく「Hands feat. brownstudy」を収録!


Andy

●Andy Hart / Love Technology EP / 12” / Sleazybeats Black Ops / ¥1580
カッティング・ギターと鮮やかなキーボード/シンセが広がるお馴染みのオープニング・パートをはじめ、Aquarian Dreamのフュージョン・ディスコ・クラシックAquarian Dream"You're A Star"をファットなクラップ・ディスコ・グルーヴで再構築した「Aquarius」、特に要注目!カナダのEddie Cをはじめ、イタリアのLTJ、オーストラリアのTornado Wallace、ベルリンのDaniel Solar等、所謂ビートダウン~スロー・ディスコ/ブギーの国境を越えたキーパーソンを紹介してきたのサブ・ライン=

Univ

●Universal Cave / Around The Bend/Riding / 7” / Universal Cave Records / ¥1280
詳細不明ながら、フィラデルフィアを拠点にオブスキュアなレアグルーヴ~ディスコ感覚溢れるDJ/パーティー、そしてカセットテープ作品をリリースする等、アンダーグラウンドな活動を展開するUniversal Caveによる2TRK EPがリリース!パーカション、ベースによるグルーヴを軸に、アコースティック・ギターを響かせて、暖かくビターなフォーキー・ソウルなグルーヴを展開する「Around The Bend」は、エレピやブラスも絡む等、絶品。エッジの効いたギター・プレイを轟かせながら、ディスコ・ロック的ヴァイブを解き放つ「Riding」もカッコいいです!!


Soulea

●Souleance / Jogar / 7” / First Word Records / ¥1080
フランスのビートメイカーFulgeanceとレアグルーヴDJ Soulistによるコラボレーション・プロジェクトSouleanceの新作は、ブラジリアン・サンプリングを軸にしたブレイク4TRK EP!アコースティック・ギターとコーラスが織り成す高揚感溢れるサンバを、太くしなやかなベースが動くブレイクビーツTRKで再構築した「Segrados Do Samba 」に始まり、シンセベースを絡めながらクイーカの聴いたブラジリアン・ブレイクを聴かせる「Vem Jogar 」、心地よいエレピのコードワークを軸にパーカッシヴなブレイクを展開する「Novo Mundo」、そして心地よいオルガン・リフを際立たせてミッドテンポのドライブ感のあるブラジリアン・グルーヴを展開する「Dum Dum 」が収録!


Brothers

●The Brothers / Under The Skin/Brother Theme/Make Love / 12” / Groove Line Records / ¥1980
ORG12inchがプロモ・オンリーのレア盤である事でも知られるThe Brothersによる'76年のディスコ・インストThe Brothers「Under The Skin」が、180g重量盤仕様/リマスターで12inch復刻!手掛けるのはDonna McGheeの復刻で名を上げたGroove Line Records。暖かなエレピやストリングスを絡めたパーカッシヴで躍動に溢れたブレイクも度肝を抜く程にカッコ良い、ジャズファンク・ディスコ・インストな「Under The Skin」は勿論、ホーン/ストリングスが鮮やかな高揚を描き、ブレイクでのリズミカルなパーカッション・プレイも痺れるドライブ感溢れるインスト・ディスコ「Brothers Theme」、こちらもエレピやギターのフィードバックを交えたブレイクも最高にカッコ良いフィリー・マナーでいてドライブ感のある「Make Love」が収録!


Jorun


●Jorun Bombay & The Rampagers / Polaris/Never Heard It Like This Before / 7” / Fresh Pressings Int / ¥1780
Jorun Bombay & The Rampagersの新作はBob James''Nautilus''を下敷きにした「Polaris」。ほぼ原曲に忠実にカバーした素晴らしいヴァージョンで要チェックです!さらにそのTrackを使用してRapperが入り交じる「Never Heard It Like This Before」を収録。Emskee, Oxygen and Phill Most Chillの3者によるスリリングなMICリレー!Very Limited Pressingです!!!


LACD

●V.A. / La Escollera Session One / 2CD / Nunorthern Soul / ¥2280
ナイス・コンピレーション!!!アナログ10inchは即完売となったPhaycide「Runnin'」、Mos Def「Umi Says」のカヴァーをはじめ、先日アナログがリリースがされたばかりのOukatstカヴァー「Prototype」はじめとするBJ Smithによるメロー・・アコースティック音源を初め、Mo Koours「Little Brown Bag」、Andras Fox「Running Late」、Xantone Blacq「Search For The Sun」等、ジャズ、ソウル、80'sメロー等を主軸にしたクロスオーヴァー・ソウル・コンピレーションがリリース。リスニング・アルバムとしては勿論、ヴァイナル・オンリー・リリース音源も多く収録されているので、DJにもかなりオススメです!



◎下記再入荷致しました!


Detroit

Lay

Lay

KevCD

Nicola

FaroutLP


皆様宜しくお願いします!

AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
Jazzanova主宰のSonar KollektivとEspecial Recordsによるコラボレーション・レーベルSKESPからPaul Randolphをフィーチャーした2タイトルが限定プレスでリリース!

国内先行/150枚限定でのリリースです!(海外からの流通はございません。)

是非御予約を!

(入荷は9月上旬を予定しております。)




SKESP001


Jazzanova / Now There Is We feat. Paul Randolph The Japanese Remixes (予約受付中) / 12” / SKESP (Sonar Kollektiv + Especial Records) / ¥1500

*予約開始しました!(リリースは9月上旬予定となっております。)
Jazzanova主宰のSonar KollektivとEspecial Recordsによるコラボレーション・レーベルSKESPからPaul Randolphをフィーチャーした2タイトルが限定プレスでリリース!
第1弾は、JazzanovaのNow There Is Weを日本の注目アーティスト達がRemixを手掛けた”The Japanese Remixes”がリミテッドアナログ化!KuniyukiによるパーカッシヴなDeep House Remix, ROOT SOULによる別プロジェクトMano ArribaによるLatin Remix, Yosuke TominagaによるFunkyなリミックス, そして大阪の新鋭MetomeによるエレクトリックなRemix等全てこのアナログ初だしとなる豪華Remixesが収録!


◎試聴リンク:
https://soundcloud.com/kyotojazzmassive/sets/jazzanova-now-there-is-we-feat-paul-randolph-the-japanese-remixes-samples


A1. Now There Is We feat. Paul Randolph (Kuniyuki Percussion Remix)
B1. Now There Is We feat. Paul Randolph (Mano Arriba Remix)
B2. Now There Is We feat. Paul Randolph (Yosuke Tominaga Remix)
B3. Now There Is We feat. Paul Randolph (Metome Remix)




SKESP002


DJ KAWASAKI / Where Would We Be feat. Paul Randolph & Makoto (予約受付中) / 12” / SKESP (Sonar Kollektiv + Especial Records) / ¥1500

*予約開始しました!(リリースは9月上旬予定となっております。)
Jazzanova主宰のSonar KollektivとEspecial Recordsによるコラボレーション・レーベルSKESPからPaul Randolphをフィーチャーした2タイトルが限定プレスでリリース!第2弾は、DJ KAWASAKIの新作 & Remixesがリミテッドアナログ化!Sonar KollektivのアーティストFETSUMの楽曲をDJ KAWASAKI & MakotoがコズミックハウスRemixに仕上げたA-1、そしてAAサイドには、先日CDでもリリースされたDJ KAWASAKIの新曲”Where Would We Be”のClub Mix、そしてこのアナログのみの収録となる未発表Remix”Makoto 80’s Relick”が収録!
国内先行/150枚限定でのリリースです!(海外からの流通はございません。)

◎試聴リンク:
https://soundcloud.com/kyotojazzmassive/sets/dj-kawasaki-where-would-we-be-feat-paul-randolph-makoto-samples

A. FETSUM - Waitin' For You (DJ KAWASAKI vs Makoto Remix)
AA1. DJ KAWASAKI - Where Would We Be feat. Paul Randolph & Makoto (Club Mix)
AA2. DJ KAWASAKI - Where Would We Be feat. Paul Randolph & Makoto (Makoto 80’s Relick)



オーダーはこちらをクリックで↓

$ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-ES



皆様御予約お待ちしております!
AD
いいね!した人

テーマ:
◎Kyoto Jazz Massive初期ロゴ"復刻"Tシャツ


ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-Shuya

*Model : Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive)



今年KJMは20周年イヤーとなっております。
以前から多くの御要望もあり再プリントします!!!!

Kyoto Jazz Massiveが結成当初(約20年前)に使用していたロンドンのグラフィック・アーティスト”Swifty”デザインによるKJMの初期ロゴを使用した"復刻"Tシャツ。
数年前にも一度リリースしましたが、御要望多数の為再プリント決定!!
Acid Jazz全盛期にSwiftyがデザインを手掛けていた初期のTalkin Loudの”Incognito”や”Young Disciples”等のジャケットと同じスタイルでのグッド・デザインです。

Tシャツボディーは柔らかいトライブレンド・ボディー、そしてお洒落なタイト・シルエットです。ゆったり着たい方は1サイズ大きめを選んで下さい。


ほぼ受注生産のみの予定ですので是非御予約下さい!!!!



◎Kyoto Jazz Massive / KJM初期ロゴ"復刻"Tシャツ
¥3500 (Tax, 送料別)



◎下記は定番の4カラーです。


ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-BLK

●ブラックボディー x ホワイトプリント


ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-WHT

●ホワイトボディー x ブラックプリント


ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-DGR

●ヘザーブラックボディー x ホワイトプリント


ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-LGR

●ヘザーグレーボディー xブラックプリント



◎今回は下記のカスタムカラーもオーダー受付ます!


CustumT



●ボディーサイズ
*タイトボディーですのでゆとりの必要な場合はワンサイズ大きめがお薦めです。

メンズボディー (クルーネック)
サイズ : 身幅 着丈 袖丈
XS : 42 60 14 (Lady's 対応)
S : 45 66 18
M : 47 69 19
L : 50 71 20
XL : 54 75 21



●オーダー締め切り: 8月16日

●入荷予定:8月末~9月頭

(”購入”を選択して頂いたお客様は入荷次第発送させて頂きます。)

●Tシャツ1着でのオーダーの場合”メール便”での発送が可能です。
送料は一律100円。(ポスト投入です。)
銀行振込のみでの対応ですので、支払い方法を"銀行振込”、そしてコメント欄に"メール便"と御記入下さい。
(2着以上はサイズが無理ですので御了承下さい。主要都市の場合はエコ配 300円でも対応します。)



オーダーはこちらをクリックで↓

$ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-ES



皆様御予約お待ちしております!
AD
いいね!した人

テーマ:
今週のWEB更新が完了致しました!!

新入荷商品はこちらをクリックで↓


$ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-ES


下記今週の新入荷商品です。



K15

●K15 / Bordeaux (Kaidi Tatham Remix) / 12” / Wotnot Music / ¥1580
Kaidi Tatham Remix収録!!ウエストロンドン以降ともいえる、ソウル、ジャズをはじめとするブラック・ミュージック・ルーツを感じさせるUKブラックの才能K15によるEPがWotnot Musicからリリース!ボトム・バウンシーで跳ねたビート感の光るミッド・ビートダウン的TRKに、グルーヴィーなボトムライン、オルガン・コード、ブギー・ファンクなキーボード・プレイをFeatした「Bordeaux」も良いですが、なんといってもお薦めは、ジャジーなキーボード・プレイと疾走するブロークン・ビーツで極上のヴァージョンに仕上がった「Bordeaux (Kaidi Tatham Remix)」!!コズミック・ブギー・バウンシーで、ジャズ的なスウィンギーな躍動感もあるミッド・ビートダウンに再構築した「Bordeaux (Glenn Astro & IMYRMIND Remix)」、ディープな味わいのコズミック・ビートダウン「Hall Of Memories」もナイス!もちろん大推薦です!


FaroutLP

●The Far Out Monster Disco Orchestra / The Far Out Monster Disco Orchestra / 2LP / Far Out / ¥2980
お待たせしました!アナログがようやく入荷しました!2008年3人のプロデューサーと3人のエンジニア、そして、Jose Roberto Bertrami(Azymuth)、Alex Malheiros(Azymuth)、Arthur Verocai、Paulinho Black(Banda Black Rio)、Jose Carlos等の素晴らしいミュージシャンがスタジオに集まって始まったThe Far out Monster Disco Orchestra。英語の歌詞が加えられながらも、ブラジルのハーモニーを残したままアングロ・アメリカンのリアルな感情が歌われる。 レコードはリオ・デ・ジャネイロで最良のスタジオでレコーディングされた。2012年Jose Roberto Bertramiが逝去した。Jorge Ben『Africa Brazil』、Candeia『Raiz』、 Serginho Meritiの作品を始め、非常に多くの作品でのアレンジャーとしての仕事など、彼のブラジルのブラック・ミュージックへの貢献は誰もが認めるところだった。そして彼が愛したフィラデルフィアの音楽への愛情を持ってThe Far out Monster Disco Orchestraはスタジオへ戻り、この作品 完成を目指すことになった。 大西洋を挟んでのレコーディング、作曲、ミキシングと、この作品の完成までに多大な努力が必 要とだった。そして多くの時間も要したが遂に完成。そして、世界中の注目が美しい音楽の大国ブラジルに注がれる2014年、Far Out Recordings の20周年を祝うかのような大作が遂にリリース。


Seeg

●Seegweed / Edits / 12" / G.A.M.M / ¥1680
前作も素晴らしかったスウェーデンはストックホルムの新鋭Seegweedが第3弾となるエディットEPをリリース。まずA面には、UKの幻のファンク・バンドF.B.I.が'76年にリリースしていた"Talking About Love"をネタにしたEditを収録。原曲のファンキーなパートはそのままに、ビートレス部分に4つ打ちを加え更に使いやすくしたナイス・エディット。また、B面ではJon Lucienによる'74年リリースの名作アルバム『Mind's Eye』に収録されている"Soul Chant"をネタにしたボッサ・ソウルEditを収録。どちらもお薦めです!!
*盤面のクレジットが逆になっていますので予め御了承下さい。


Aroop

●Aroop Roy / Brazil Breakdown Pt.2 / 12" / G.A.M.M / ¥1680
Aroop Royが昨年ロング・セラーとなった"Brazil Breakdown EP"に続いて再びブラジル音源をリワークした”Brazil Breakdown Pt.2 “がリリース。Side Aには、Jorge Benの名作アルバム『Africa Brasil』収録の名曲"Xica da Silva"を4つ打ちで強化したEditを収録。B-1にはTrio Ternura"A Gira"ネタで再構築した”A Gira”、B-2にはMarcos Moran e Samba Som Sete"Esquindin Din"ネタの"Esquindin Din"が収録。どれもオリジナルの良さをKeepし、若干の味付けでよりクラブ映えするようにアレンジされた好リワークです!


Eric

●Eric Ericksson / The Chi / 12" / Local Talk / ¥1680
Mad Mats主宰のLocal TalkからDerrick MayのTransmatのサブレーベルFragileやCarl CraigのPlanet E、Freerangeレーベルなどで活躍する才人Eric Erickssonによる一枚がリリース! ジャジーなコード進行がクロスオーヴァーDJにもど真ん中なテックハウス”Love It”は、Kyodaiを始め多くのDJ達がプレイ!そして更にエレクトリックなOskar Offermannによるリミックスも収録! Side BにはOpolopo作品でもお馴染みのAmaliaをフィーチャーしたEarly House的トラック”The Chi”を収録!


Moody

●Dubble D pres. Moodymanc (Kyodai Remix) / Mr Ruff / 12" / Local Talk / ¥1680
Mad Mats主宰のLocal Talkから、マンチェスターのMoodymancによる作品が登場。なんと言ってもお薦めはもちろんKyodaiによるRemix。Kyodaiの独特なサウンドで構築された後半に向けてじわじわと盛り上がって行くナイス・ミックス。Moodymancのテイストが発揮された他の2曲ももちろん即戦力です!


Andreas

●Andreas Saag / In The Box / 12" / Local Talk / ¥1680
Mad Mats主宰のLocal Talkから、Swell Session名義での活動や、Room With A View、Freerange、Material Seriesレーベルなどでのリリースでお馴染みのAndreas Saagが久しぶりにEPをリリース! 洗練されたKey Workで、ディープ且つグルーヴィなディープ・ハウス・トラックを披露!


Collins

●Collins & Collins / Top Of The Stairs / A&M / ¥1380
フィラデルフィア出身の兄妹デュオCollins & Collinsが1980年にA&M Recordsからリリースしたアルバムに収録されている音源をEPで再発!! Harold Melvin & The Blue Notesでお馴染みの名曲「You Know How To Make Me Feel So Good」のカヴァーや、モダン・ソウルの定番として人気の「Top Of The Stairs」などなど、極上のフィリー・ソウル/ディスコがチョイスされた素晴らしい内容です!!!


BJ

●BJ Smith / Dedications To The Greats Part.2 / 12” / Nunorthers Soul / ¥1480
Mos Def"Umi Says"とPharcyde"Runnin"の心に染み渡る様なアコースティック・ソウル・カヴァーに続くBJ Smith『Dedications To The Greatest』2作目は、なんと!Outkastのカヴァー2TRK EP!! レイドバックしたクラップ・グルーヴに、アコースティック・ギターを奏でながら、ファルセットを交えた淡く暖かなソウル・ヴォーカルの世界が広がる「Hey Ya!」。ここ最近もSoulclap周辺人脈によるハウス・エディットがリリースされたいた名曲「Prototype」を軸に、レゲエ~ハウスにコネクトする傑作"SpottieOttieDopaliscious"を引用したホーン等も絡めたメロー・グルーヴを展開するC/W。ちなみにBJ Smithは、Smith& Mudd、Akwaaba、FUGとしての活動でお馴染みのBen Smithによるプロジェクト。要チェックですよ!


Edito

●V.A. / Editorial #9 / 12” / Editorial / ¥1480
Pam Todd & Love Exchenge "Let's Get Together"のお馴染みのインストパートをベースに、鮮やかでエフェクティヴなブギー・グルーヴを展開するB.G. Baarregaard「Hypnotic Groove」はじめ、エディットをベースにしながらブギー・サウンドを軸にした展開を魅せる4TRK EP!Editorial9作目は、4組のオムニバスEP。ブリブリのシンセ・ベースを轟かせて、ブレイク感溢れるパーティー・ブギー・サウンドを展開するJoshua Heath & Random Soul「Girls Girls Girls」に始まり、 トークVoxも交えた鮮やかなブギー・グルーヴThe Cosmic Playerz「Get It Right」、程よくレイドバックしたミッドテンポのファンキーでエッセンシャルなブギーMatt Hughes「Star System」、そして前述のPam ToddネタのB.G. Baarregaard「Hypnotic Groove」が収録!


Al

●Al Kent / Happy/One On One / 12” / Le Kilt Record Pool / ¥1580
Million Dollar Discoプロジェクト、同名のディスコ・エディット・シリーズでもお馴染み、70's~80'sのリアルタイムのNYシーンを体験し、UKのみならず世界的なディスコ・コレクターとして大きな影響力を持つAl KentがLe Kilt Record Poolなるレーベルの第1弾として、超限定プレスの2TRKエディットEPをリリース!A-Sideは、Pharrellのネタとしてもお馴染みレアグルーヴ~モダン・ソウル/ディスコ・フリークも魅了する様なハートフルでしなやかなVelvet Hammerによる1977年リリースのディスコ/ソウル「Happy」を。B-Sideには、ハープも交えた鮮やかなストリングス・ワークも光るファンキーでパーカッシヴなPrince Phillip Mitchellによる1978年リリースのディスコ/ソウル「One On One」。共に、それと気づかせぬ様な反復や展開再構築を散りばめた絶品エディットに!


Shoes

●Shoes / Slow Soul Flow EP / 12" / Shoes / ¥1280
シカゴ発Shoesによる人気シリーズ最新作は、メロウなスロー・ソウルにフォーカスしたをチョイスでのリエディット。Eddie Kendricksによる"Intimate Friends "のインスト・ダウンテンポ・エディットA-2、Al Green"Something"のエディットA-3、ラグドなドラムブレイクも印象的なFrankie Beverly"Pain Goes Deep"のブレイクビーツ感覚でのエディットB-1、そしてMarvin Gaye" Inner City Blues"のイントロを引き延ばしたアレンジも加えたDJユースなエディットB-2等、計5トラック収録!


Mid

●V.A. / Midnight Riot Vol.7 Sampler / 12" / Midnight Riot / ¥1580
極上のEdit作品をリリースし続けるMidnight Riotから、最新のコンピレーション・シングルが到着!!Tuff CutやDiscodatなどなど精力的な活動が続く絶好調のLate Nite Tuff Guyを筆頭に、80'S Child、TV、Digital Humanが参戦した一枚で、説明不要、永遠不滅のディスコ・アンセム「Earth, Wind & Fire / Boogie Wonderland」や、The Whispersが1984年に放った大名曲「Contagious」等が素晴らしいEditで披露されているお薦めの作品です!!



◎下記再入荷致しました!


Kon

Sandy





皆様宜しくお願いします!
いいね!した人

テーマ:
今週のWEB更新が完了致しました!!

新入荷商品はこちらをクリックで↓


$ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG-ES



SUMMER


◎毎年恒例の”SUMMER SALE”開催中です!!
USEDセクションにて一挙70タイトルアップしてます!
一点ものが多いので即決で!
(オーダー順にて確保いたしますので品切の際は御了承下さいね。)


下記今週の新入荷商品です。


JCCD

●JAZZ COLLECTIVE / Collage / CD / Octave / ¥2223
Patrick ForgeやKyoto Jazz Massiveがプッシュするジャズ・バンドJAZZ COLLECTIVE待望の3RDアルバムが遂にリリース!! デジタルで先行リリースされた既に人気の作品“Face to Face”、そしてPatrick Forgeがプレイしている"Love is the Triumph"に加え、ハウス/クロスオーヴァー系にはお馴染みのShea Soulが参加した”Don’t Change Your Ways”等々ワールド・ワイドなコラボによるヴォーカル・ナンバーやJAZZ COLLECTIVEならではの選曲センス光るブラジリアンのカヴァー等、全13曲収録 !


Lay

●Lay-Far / The Long Titles EP / 12" / Amp-Art Recordings / ¥1480
先週に引き続き今週もLay-Farによる新作が到着!モスクワの注目株Lay-FarがCity FlyからのEP"It’s On EP"から間髪開けずにAmp-Art Recordingsからリリースする本作は、今回もディスコ/ブギーネタを織り交ぜたクロスオーヴァー/ビートダウン・ハウス作品。今回ももちろん要チェックです!!!


John

●V.A. / John Morales presents : Motown Divas (2 x 12") / 12" / UMC / ¥2380
Teena MarieやDiana Ross、Tata Vega、Val Young等のソウル・ディーヴァ達がMotown Recordsに残した大人気クラシックスをJohn Morales率いるM+M Prod.がリミックスするも今迄未発表だったレア・ヴァージョンを一挙に収録した豪華2枚組12インチが登場!ディスコ/ブギーファンはマストですよ!


Scha

●Scha Mambo/Keeto / Les Disques Superfriends / 12" / Macadam Mambo Edits / ¥1380
DJ HARVEY御用達レーベルとしてもお馴染みフランスのレーベル"Macadam Mambo Edits"から最新EPが到着。今回はレーベルの主宰者であるSacha Mamboと、Keetoなる人物による3トラックEP。ラテン・フィーリングを含んだトロピカルで開放感のあるエレクトリック・ディスコ・エディットが収録。哀愁たっぷりのギターコードとジャジーなピアノが病み付きになる、素晴らしいバレアリック・チューンのA1、疾走感あふれるラテン・ファンクのA2、美しくソリッドなシンセ、スウィートなヴォーカル、ラテンの陽気なリズムが絡むBサイド、と3トラックそれぞれに個性的な、極上のリエディット作品に仕上がっています。


Heavey

●Harvey Sutherland / Edges EP / 12” / Echovolt Records / ¥1480
Inkswel等もリリースするThis Thing Records & Tapesからのテープ・リリースで注目を集めたオーストラリア/メルボルンの才能Harvey Sutherlandの初のヴァイナル・リリースとなる4TRK EPが、Echovolt Recordsからリリース!"Chemistrty"以降のTheo Parrishの暖かなコズミック・フュージョン・サウンドを、しなかたなマシーン・ディープハウス・サウンドで昇華させた様な「Q3 (12'' Mix) 」に始まり、リムの絡みも小気味好いリズム・マシーン・ハウス・グルーヴにメローなエレピやキーボードが艶やかなジャジー・インストの世界を繰り広げる「Sunday Flower」、しっとりとした味わいのメロー・フュージョン・ハウス「Speaking Your Language」、シカゴ的なリズム・グルーヴにグルーヴィーなフュージョン・キーボード世界を広げる「Edges」が収録!


croCD

●cro-magnon / V / CD / Lastrum / ¥2500
ソウル、ジャズ、ファンク、ディスコ、アフロ、ラテン、レゲエ/ダブ等の豊潤なルーツミュージッ クの味わいと、ヒップホップ、ハウス、テクノ等の同時代的なビートミュージックのグルーヴ... 。それらのピースを、エクレクティックな感覚と圧倒的なプレイヤー・パフォーマンスで融合/ 進化させた、日本が世界に誇る3ピース・ジャム・バンドcro-magnon。 2011年に一時的に活動休止するも、更なる野望を持って2012年に再始動。復活の狼煙と なったベストアルバム『THE BEST』、新境地を見せた漫画「へうげもの」とのコラボアルバム『 乙』をリリースし、2013年には24日間に渡る3度目のヨーロッパツアーを敢行。そのツアーの 記録映像がTHE NORTH FACEの公式YOU TUBEチャンネルで公開され話題となっている。 そして今年、待望のオリジナル・アルバムが遂に完成!


GSCD

●grooveman Spot / The Stolen Moments Vol.11 / CD / The Stolen Moments/TSM011 / ¥1000
grooveman SpotによるCDフォーマットを使った、架空のRadioプログラム『The Stolen Moments』最新作のVol.11が登場!勿論今回もLimited!!Soul Villageによる柔らかくも芯がある''Bonaire''で幕を開け、Joe Sample→Sy Smith→Roy Ayersと新旧織り交ぜながらさわやかな時間を刻む前半、同様のムードのままBus Crates 16-Bit Emsemble, Robert Glasper Experiment,The Internet等の新譜で新世代のJazzを刻んでいきます。後半はMary J Blige meets BlackstarやPPP,Talc等の懐かしいところで落ち着いた空気感を形成。終盤はいつもながらのしっとりとしたSoul~Jazzへと流れ行く。。。今回も生活の中のリラックスタイムにピッタリな極上の1時間を堪能できる内容!



◎下記再入荷致しました!


DaLata

Sander


皆様宜しくお願いします!

いいね!した人

[PR]気になるキーワード