ΨΨMi Barrio y Cuate es PrimeroΨΨ

 

             .:El JUEGODe La ViDA:.

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-03-02 06:16:42

DREAMING CASUALLY...IT WAS JUST A DREAM...

テーマ:Mi ViDA LOCA
そう、それは夢でした。

そう、それは憧れでした。

そう、でもそれは叶わないものでした、叶わないもののはずでした。

しかし今それは僕の目の前にあり、と同時に僕の後ろに刻まれてきた
自分の歩んできた足跡が報われる、そんな大きな出来事です。
大きな出来事と言っても他の人には些細な事かもしれません。
僕の歩んできた道が報われる、たったそれだけの出来事です。

でもそれは、1つの大きな足跡になってこれからも僕の支えになるでしょう。

少し勿体ぶって前置きを書かせていただきます。
このブログを読んでくださっている方々の多くはWEST COAST/CALIFORNIAや
CHICANO CULTUREの少なからず興味があるかと思います。
今日、多くの方がCHOLO STYLEやCHICANO LOWRIDER STYLEはLAの発祥だと
思っていると思います。
南カリフォルニアがそういった文化の中心であると思っている方は
LOWRIDER Magazineや人形でお馴染みのHOMIES、更にはTEEN ANGEL's Magazineなど
ほとんどの本やそういったスタイルはSAN JOSEやBAY AREAなどの
北カリフォルニアが発祥という事を覚えておいてください。

TEEN ANGEL's Magazineの話題も出たので少し補足しておきます。
日本でも知名度の高いTEEN ANGEL's Magazineは70年代に
Milpitasという街で生まれたMr.Teen Angel氏が作ったローカル誌です。
元々が個人の作った雑誌なのでTEEN ANGELの表記が
AngelesではなくAngel's(アポストロフィ付き)なのはご存知かと思います。
Mr.Teen Angel氏は元々南カリフォルニア出身でしたが当時、土地を求めて多くの人が
北カリフォルニアへと移住し、彼もまた北へ移住した1人です。
そこでLOWRIDER Magazineに影響を受け南出身の北に住んでいる彼が
作った本ゆえに当時は北も南も関係なく様々なBARRIOを取り上げていました。
(今のようにSur/Norteの対立もなかったので)
僕らも知っているこの対立の構図というのはSTREETからではなくPRISONで
生まれたシステムであり、これによりGANGに属する若者らは互いに
溝を深くし、争うようになったのは既知の通りです。

その後、Teen Angel氏が南出身者だったこともあり90年代に入り
血縁者のいる南カリフォルニアへと権利は移りましたが、数年前に廃刊。
(最近、TEEN ANGEL's Magの新号を見かけなかったのはその為。)
しかしついに、かつての南北の隔たりのないCHICANO達の独自の文化と
古き良きスタイルにスポットを当て、Mr.Teen Angel氏の意思を引き継ぎ
廃れさせたくない、と願い志を共にする数名により
廃刊になったTEEN ANGEL's Magの権利を戻し、今年再び
北カリフォルニアで復刊されました。素晴らしいことです。

彼らは「CHOLO STYLE≠GANG」であり、70年代~以後CHICANO達の
作り上げてきた古き良き様式としてLOW RIDER等と同じくCHOLO STYLEを
捉えています。音楽も同様に、RAPだけでなくSOLDIESやFUNK、更には
BANDなど幅広く取り上げ、ARTの分野でも様々な取り組みをしています。

もちろんTeen Angel氏の絵が新たに描かれ載る事はないでしょう。
しかし、そんなかつての姿へと戻ったTEEN ANGEL's Magazine。
かつての姿を目指しての復刊、それだけでも僕にとってはかなり嬉しく、
またも読める感動と、新たに勉強できる喜びに打ちひしがれていたわけです。

僕にとってTEEN ANGEL's Magazineはこの文化に興味を持った時から
文化やファッション、ARTの教科書であり、参考書であり、
いつか自分も絵が載ったら。。などと思うような夢や目標でした。
しかし実際にはCHICANO達のローカル誌である事もあり、日本人の僕には
実現不可能と思えるほどに、はるか遠く感じていました。

2014年、復刊を遂げたTEEN ANGEL's Magから僕に
インタビュー付きで特集したいと思っていると連絡がありました。

え?ええ?!まさか?!!
叶うはずもないと思っていた事が現実に!!
そう、さりげなく見ていた夢とは、TEEN ANGEL's Magazineに
載ること、それもこっちから送って1枚載せてもらうのではなく
あちらから載せたいと、取り上げてもらう事。

僕の記憶が正しければ、未だかつてTEEN ANGEL's Magazineに
日本人でインタビュー付きで特集された人はいないと思います。
Mr.Teen Angel氏の頃のスタイルや意思を継いだ現在(#232~)の
TEEN ANGEL's Magazineの活動は僕も素晴らしいと感銘を
受けていたので、尚更に嬉しい事です。

今はまだメールでインタビューをやりとりしている段階で
僕の絵の事だけでなく、カリフォルニアのチカーノカルチャーと
日本におけるチカーノカルチャーとを織り交ぜた、なかなか深い部分まで
掘り下げたインタビューになってますので、絵の事なら
自分本位に答えられるのですが、もっと広義でのインタビューも
含むので、僕ごときが日本人を代表して代弁させてもらってます。
僕の拙い英語力のおかげで四苦八苦してますが
僕の”LOST ANGELES”シリーズとインタビューが次号の
TEEN ANGEL's Magazineに掲載されると思いますので
次号#233はもちろんのこと、今号の#232以降これからの
TEEN ANGEL'S MagazineをCHECHしてください!

今回は色文字や太文字、写真などなく
見づらい文章かと思いますが、真面目に報告したかったので
ご了承のほどよろしくお願いいたします。

EsE LiL NiGHT (NiGHTMARE※GRAPHiXXX)
=C/S=
 -R-
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-12-02 21:55:11

i N※Gからの重大発表 !

テーマ:ARTE
NiGHTMARE※GRAPHiXXXから重大発表!
なんて託けてますが実際には
クララが立ったり、東京五輪決定だったり、クララが立ったりwのほうがよっぽど重大NEWSで
それに比べりゃ大したお話でもないんですがどうぞお付き合い下さいwww

まず、要点から先に申しますとMUST。

ワタクシ、N※Gは半分デザイナー半分アーティストとして活動していく事になりました。

兎角なにかとツチノコデザイナーとしてお馴染みの僕ことNiGHTやNiGHTMARE※GRAPHiXXXは、詰まる所ただデザイナーであって絵を描いたりするアーティストではない、というのが自論でして( ω )
フリーでデザインをしてる僕は外注を振るわけでもないので、あくまで僕の描く絵はデザインに使う"素材"であって、外注頼まない代わりに自分で描いちゃうだけなのです。
が、どうも僕の事を"絵描き"、"アーティスト"と捉えてる人がやけに多い、とwww逆に増えてるくらいだ、とwww
むしろ、「絵はどこで買えるんですか?」と聞かれる事も多いくらいです。

そこで今回の発表の本題。
赤いバラと、白いパンジー、仔犬の横には夜男。
そんな夢のような悪夢が現実に!www

2014年!!某日(詳細は決まり次第追ってお知らせします。)
NiGHTMARE※GRAPHiXXXの描き下ろしアートワークを落とし込んだポスターを枚数限定で販売する事が(ほぼw)決定いたしました!
お馴染みMoNoChRoMeシリーズや、往年のTeenAngel'sMagを彷彿とさせる
LostAngelesシリーズなどなど
順次リリース予定です。

サイズはA3(通常ポスターの半分サイズ)の程良い大きさですので各種集めても邪魔になりにくい!www
せっせと夜男がシルクスクリーンで1枚1枚手刷りし、
直筆でロットNo.とサイン入って各種、71枚限定予定です。
お部屋に、お家に、プレゼントに、N※Gのアートワークポスターを飾っていただけるわけです!
届いてすぐに飾れるよう簡易ですが、ポスターフレーム付きを予定しております。

気になるお値段ですが、CDくらいの内訳ほぼフレーム代の赤字覚悟のリーズナブル価格予定www
勝手にN※Gステッカーも封入☆

各種枚数も71枚と少ない限定数ですので、2014年はN※Gの動きは見逃し厳禁です!

詳細決まり次第追ってわかりやすくまとめて情報解禁しますので
お布団の中で震えて眠っちゃっててください[▓▓]ꇤε:)ぽろり

イイねとシェアで拡散よろしゅうですことよ、おほほ( ω )www
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2013-11-30 06:42:29

【MK THE CiGAR / BACK TO BASICS】

テーマ:MUSICA
どうもすっかりブログというものを蔑ろにしている夜男ちゃんです。

初めましての人も、そうでない人もお寒い日が続きに続いて
すっかり夏の暑さなんて忘れちゃってるそんな毎日に。。。
とある夏の夜を思い出すにはピッタリなCDのご紹介。

兎角、-引きこもり-なんて称される(褒められてはないw)僕ですが
今回ご紹介するアーティストも、アーティスト気質バリバリのコダワリ男でして。
それ故になのか、なかなかどうしてアーティストなのにステージという表舞台で
見える機会が少なかったりで、同じヒッキー臭がぷんぷん丸ですwww
ま、まぁw僕の場合は裏方仕事ですのでwww
別に表に出ずとも問題はないんですけどねっ!←www

そのコダワリの日陰男とは。。。

MoNa aka SadGirlの楽曲にも多く客演参加し、名曲“For Life”にて
「DELFONICSも腰砕けのSOUL」なんていうフレーズそのままに
泣く子も黙り、屍も笑う稀代のTALKBOX PLAYER!MK THE CiGAR!


★★★

↓CHECK↓
MK THE CiGAR / Back To Basics
↑CHECK↑

そんなMK THE CiGARの類まれなるTALKBOXへの愛情と
SOULDiESへの想い入れがたっぷりと注ぎ込まれた渾身の1st Mini Album
【BACK TO BASICS】です。
発売前から話題沸騰し、まだかまだかと待たれた本作ですので
既にご存知の方や持ってる方も多いかと思いますが改めておさらいです。

若き歌姫MoNa aka SadGirlや、【GO OWN WAY】シリーズでも
お馴染みのDJ PaCo など、アーティストそれぞれが日本における
CHICANO MUSICシーンの核を成す最前線かつ最重要のレーベル、
“TEAR DROP Entertainment”から満を持してリリースされた本作の
珠玉のSOULDiESが詰まったトラックリストを見てみましょう。

1:DREAMING CASUALLY
2:LOWRIDER GIRL
3:LA LA (MEANS I LOVE YOU)
4:MK THE CiGAR MEGAMIX
5:GROOVIN'
6:ONE SUMMER NIGHT

嗚呼、素晴らしき選曲。
何が誰のカヴァーなのか、調べてCDやレコードを探してみて
原曲と聴き比べるのも楽しみ方の1つだと思います。
悶絶できるカヴァーのオンパレードな【BACK TO BASICS】。

-------------------------------------------------------
スタイルではなく「魂」で音を奏でる男がMK THE CiGARだ。
少し歪んだTALKBOXサウンドに込められたのは、ジャパニーズゲットー
から、カリフォルニアのチカーノバリオへの熱過ぎるほどのオマージュ。
収録曲がヤバい。ベテラーノ達が一生モンで愛するジ・ミッドナイターズの
「DREAMING CASUALLY」、続いてバリオの定番「LOWRIDER GIRL」。
フィーチャリングされたMoNaの唄もとびきりソウルフルだ!
最後の「ONE SUMMER NIGHT」では泣けたね。
古いR&Bへの深いリスペクトが溢れている。恐るべしMK THE CiGAR!
---------------------BY 宮田 信(BARRIO GOLD RECORDS)-

と既に僕が何も言わずとも最高のレコメンを、このMK THE CiGARという
男は帯に戴いておるわけです。。。恐るべし!

僕から言う事少なそう。。。なのでw気を取り直して少しCDのジャケットに
ついて触れてみたいと思います。この【BACK TO BASICS】のジャケット、
実はこちらもCDの内容同様に古きアーティストへのオマージュ作品でして
ワタクシ、NiGHTMARE※GRAPHiXXXも敬愛するアーティスト、
Jose"Guadalupe"Posada(1852-1913)という、メキシコを代表する
画家/イラストレーターの“El Jarabe En Ultratumba”という作品を
MK THE CiGAR ver.へアレンジし描き変えてます。

POSADAは版画作品を多く残しており、そんな彼へ失礼のないよう
裏ジャケにもあるTALKBOXを模したMK THE CiGARのロゴは
彫刻刀などで消しゴムを彫り、実際にハンコとして紙に刷った
NiGHTMARE※GRAPHiXXXお手製の版画ロゴになってます。

CHICANO SOULDIESを唄う先人たちへ。。。
MEXICAN ARTを代表するPOSADAへ。。。
MK THE CiGARとN※Gの余すこと無いコダワリの集大成。
中身も外身もビンビンに感じられると思います。

こういうトコロがデータ再生だけじゃワカラナイところなんですねぇ。
是非ともCDを手にとってジャケを見ていただきたい。
是非ともCDデッキから流れてくる音に耳を傾けていただきたい。
アツいコダワリの詰まったアツいCDです。

LOWRIDERやCHICANO文化、サウンドの原点と言って過言ではなく、
それらが好きなら必携であろう1枚です。見かけたら即GET!

BACK TO BASICS CM

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-14 18:58:57

【CHICANO BATMAN JAPAN TOUR】

テーマ:Mi ViDA LOCA
えー、コホン。
どうもAmebaご無沙汰です。夜ちゃんです。
instagramやfacebookでは頻繁に投稿してはいるんですが、Amebaからのpostは久々になります。
今回はイベントレポなので長くなりそうだワン!ということで、その辺り予めご了承いただきーのこちらへ書きますwww

去る11月12日、大阪は@CONPASSにて開催されたCHICANO BATMAN JAPAN TOURの大阪公演。
まさかまさかのCHICANO BATMAN、それも大阪でも観えるだなんて、イクしかないでShowでした。

ここで、Chicano Batmanて誰?てなった方はググッてからCD購入をオススメしますw
60's70'sメキシカンGSやブラジル・トロピカリスモに影響を受けた
ネオ・ヴィンテージ電子ロックなどなどふれこみは様々ですが、ご自身の耳で直感で感じる音を信じてください。

ゆらゆら帝国ならぬ、ゆるゆるバリオなサウンドはきっと新たな扉を開き、新たな感覚を揺り起こしてくれると思います。
photo:01


チカーノ、と一言で言ってもその多様性は僕の見解では収まりつかぬほどで
すが、そんな彼らチカーノの奏でる音楽というのもまた多種多様。
所謂日本ではCHICANO RAPと呼ばれるHipHopモノが有名ですが、SOULやROCK、JAZZ、ありとあらゆるジャンルに見られます。
RAPからの印象なのか、フィーチャーされるのはCHOLOと呼ばれるGANGスタイルで音楽はRAPというのが一般論ですが
それすら全部の一部であって、それがチカーノと呼ばれる人々の全てではないという事は頭の置いておかねばならない特記事項でしょう。

さて、話はCHICANO BATMANに戻ります。
彼らはもちろん名前からもわかる通りCHICANismoを持つチカーノである事がわかります。(もっとも、メンバーの半分はコロンビア系で厳密にはチカーノではありませんが)
個人的に彼らのロゴは秀逸で、ネーミングとチカニスモ、その両方において賛辞しか見当たりません。
チカーノというマイノリティからもヒーローになれるパワーを感じると共に、深読みかもしれませんが白人イメージな昼のヒーロー、"スーパーマン"
ではなく夜のヒーロー"バットマン"である、という部分に"何か"あるように感じますし、そのバットマンのイメージをHUELGA BIRDに落とし込んだセンスには脱帽です。
これ以上に相応しいロゴは考えられません。

そんな彼らのJAPAN TOUR。
チカーノ文化や音楽が好きだ、と少なからず自負があり、憚らず公言している身とあれば観に行かないわけがない。
到着して改めて思った事ですがチカーノという冠の付くイベントにも関わらず、フロアの大半を占めていたのは"それ"とは無関係にただ彼らの音を求めるオルタナロックなどの音楽ファン達でした。
まさかではありましたが、僕の地元の徳島からも1人、このイベント、彼らのライブの為だけに大阪に赴き、ライブ終了と共にダッシュでまた徳島へ帰った友人もいました。
その友人すら、"チカーノ"も"チカーノバットマン"も無縁でたまたま会場のHPを見て、直感的に面白そうだと思って弾丸ツアーしてきただけでした。

チカーノ"RAP"が好きでそれ以外には興味がないのであればいた仕方のない事ですが、チカーノ"文化"やチカーノ"音楽"が好きな方には是非とも同じ時間、空気、サウンドを共有したかったです。

さて、既に相当の長文になりましたが。
肝心のイベントについては多くは語りません。
と、いうか語れません。
こればかりは文字で表そうにもその場にいてこそのものだと思います。
DJのNAMBAMAN氏やn.o.b氏の選曲もバッチリでしたし対バンのデグルチーニの面々もバッチリとカマしてました。
ただ1点、CHICANO BATMANは僕の予想の斜め上をいっていたという事。
photo:03


"斜め上"と表したのは、ただただスキルフルに演奏に必死夢中になるでもなく、僕らオーディエンスとの対話というか、余裕のあるスキルでまるで"こんな音どう?""楽しんでる?"と純真無垢に語り、それはそれは子供のように音とじゃれ遊んでいるような、そんなLIVEでした。
photo:02


子供、とありましたが、メンバーはみんな人柄為人も良く無邪気で本当に子供のようで、ますます彼らを好きになりました。

こんな素晴らしい機会を設けてくれたBARRIO GOLD RECORDS代表、宮田信氏ならびに関係者の方々の尽力にただただ感謝の念を贈りたいと思います。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013-04-06 08:26:37

【T.D.E 2DAYS】

テーマ:Mi ViDA LOCA
どうも、DJよるchangですw

先の3月末日、逝ってまいりました1年ぶりの関東!
そう!NiGHTMARE※GRAPHiXXXと言えば切っても切れない
日本のCHICANOカルチャーシーンにおいて最重要レーベル!
Mr.TeaR DroPことぱこゆきDJ PaCo氏の主宰するTear Drop Ent.の
5周年を記念する2DAYSイベントがAREA 31◯は浦和BASEにて開催されたので
お祝いに馳せ参じた次第です。

今回、同レーベルのMoNa嬢が体調不良の為、残念ながら出演キャンセルとなって
しまい2日目に変態DJ達に混じって一緒に素人DJしてくれる仲間がいなくなり
非常に寂しいぜよ。。。と思いながらも新幹線に乗り込み、いざTOKYO!!!

例によって例の如く、僕の日記は長くなるので色々端折りますwww

はい、行きました秋葉原↑↑↑

はい、行けませんでしたメイドカフェ↓↓↓

初日はYA BASTA!北は北海道、南は沖縄まで全国からお祝いに
かけつけてくれたDJ陣に埼玉のMC陣によるクラブイベント!
この日はまだ僕も気楽なもんです。wktkしながら電車で揺られること数十分。

着きました!浦和!!!

飲みました!お酒!!!

記憶はしっかりあります。ええ、ありますとも。
ただ、どの記憶もお酒飲まされてブヘーってなってる記憶ばっかりですwww
楽しくて踊り散らしておりましたwww楽しくてコッソリ知り合いの人の背中とか
色んなとこにN※Gステッカー貼りまくってましたwwwてへベロベロw

2日目は立食PARTY形式のT.D.E night!!
パペルピカドやLowRider mag、Mi Vida Loca magなどで飾られた会場に
埼玉の誇る裏のイベント番長Aiちゃんを筆頭にモンタロウ女史、NAOMIX女史
まる女史の嫁様軍団によるタコスなどなどのMEXICAN FOODモリモリ
初日とはまた違う雰囲気の浦和BASEに!!!

そんな美味しいFOODを横目に1人GEROりそうなやーつ!そうワタクシです。
別に初日のお酒は残ってないんです。ただMISSIONが残ってたんです。
DJするっていうwww毎度言ってますが、僕はデザインする裏方なので
普段のクラブは皆さんと同じくフロアで見てる側なんです。
なので、ターンテーブルやCDJはもちろんヘッドフォンも持ってないです。
なのにwwwなぜwwwしかも、極上の変態しか集まらない2日目www

とりあえず、出演の変態さん達とは趣向を変えたであろうインスト物を中心に
6曲ほど頑張ってきました。
終わった後の開放感ったらすばら玉乱でして、すばらメシウマでしたよwww
うう~とかって言ってた始めとは打って変わってMEXICAN FOODをウマウマしつつ
後に続く極上のHENTAIさん達のプレイを堪能させていただきましたw

初日、二日目と事細かく書きたいんですが、長くなるし
会場に満ち溢れた、同じ文化を好きな人が集まって同じ時間を共有した
温かさや楽しさ、刺激は多分。。。文字や言葉じゃその半分も伝わらないかも
しれません。そのくらいアツく濃ゆい二日間でした。

T.D.Eの第一作Endless Storyから来月発売のBARRiO SUiTE vol.4
今もずっと変わらず全ての作品のジャケットをN※Gが制作してきたのもあって
T.D.Eの歴史は僕の歴史でもあり、今のN※GがあるのはT.D.Eのお陰だと
思っております。お互い離れた土地にいながらも僕はDJ PaCo氏を
兄貴と思っておりますし、尊敬の念を胸にいつも抱いております。
これからもお互いGO OWN WAYで末永くやっていきましょう!!!

Tear Drop Ent. 5th Anniversary本当におめでとうございます!

★★★-DJ PaCo y NiGHT

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。