寝る時間は、   25時(AM1時)。

 

起きる時間は、 6時。

 

 を出るのは、6時半。

 

 会社に出る時間は、8時。

 

毎日、こんな生活です。

 

休みのときには、嫁さんと  で、買い物と一週間分のビデオ(15時間分位)チェック。

 

私の趣味は、「車、アクアリウム(水草を主にし、熱帯魚を飼う)、そして神社仏閣周り」です。

 

車は、1990年から乗っているBMW。  

 

今でも車はピッカ、ピッカです。

(ただ、一時はガンガン飛ばしましたので、エンジンはサラにした。当然今は落ち着いている。)

  

アクアリウムの水槽は、横90cm×50×50(阪神大震災地震の時も壁にぶつかりながら耐えた)。

   

西国三十三か所は、二回周り、今は三回目(三分の一ほど回った)。

  

納経張や掛け軸に、参った証としてお寺さんで納経印(集印)をもらってます。

  

最近は、嫁さんの親父が手術をし、実家に行く機会が多く、休みは大体それで潰れます。

 

今、実家の親父のパソコンを借りて、ブログ書いてます。

 

世の中、進みましたよね。

 


 金利が上がる。


 

みずほ銀行と三井住友銀行が住宅ローンの「金利上げ」を昨日発表した。

 

3月1日から上がる。

 

他の銀行は?

 

前月に比べ、0.1~0.2%高くなる。

 

日銀が金融の「量的緩和策」を早期解除するとの観測から中期債利回りが上昇したのを受けた措置。
 

簡単に言うと、

量的緩和策とは、金融政策の目標を「金利」ではなく「お金の量」に置き、金融市場へ潤沢に資金供給する政策のこと。

 

「お金の量」の目標は、金融機関が日銀の当座預金に預ける資金量で表す。

 

現在は、この資金量(日銀当座預金残高)が、30兆~35兆円程度になるように、大量の資金を供給し続けている。

 

これにより、短期市場金利である無担保コール翌日物は、0.001~0.002%に超低金利になっているらしい。


難しいですね。


住宅ローン、女性へ照準 りそな銀に続き三井住友銀も

 

女性向けの住宅ローンをめぐって、銀行がしのぎを削っている。

 

りそな銀行が二月から金利を割り引いたり、繰り上げ返済を無料にしたキャンペーンを始めたほか、三井住友銀行は今月からメガバンクとして初めて、専用商品を投入する。
 
女性の社会進出の拡大や価値観の多様化などで、女性の住宅購入が増えることに対応した動きだ。

 

リテール(個人向け取引)事業の強化を目指す銀行は、女性向け住宅ローン市場をニッチ(すき間)ながら、新たな有望市場ととらえており、今後参入が増えそうだ。

それでは、また、深夜に・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 



AD