力強く、まっすぐな、

それでいて

泣かす時は、徹底的に泣かす、そんな貴方のギターが好きでした。

 aikoさん、今度会えた時は、Waiting for an alibi やりましょうね。
AD

Waiting for an Alibi

先月位だったか、学生時代の先輩aikobean さんと電話口で30秒位お話をした。その時の会話は、 「Waiting for an Alibi は最高だな!」と、大体そういう話だった。自分もこの曲は大好きだからいつか
機会があれば演奏してみたい。

Thin Lizzy : Waiting for an Alibi ((Stereo)) 1979

ところでGary Moore参加の「ブラックローズ」は、大好きで良く聴いたのだが、YoutubeでBlack Roseを最近(2005年)演奏しているのを 見てうるうるしてしまった。アイルランド民謡を取り入れた不思議なハードロックですね。

ゲイリー・ムーアは、リッチーと同じくもっと評価されても良いのにと思うギタリストの一人です。

(以前書いた記事)
 ゲイリー・ムーア
Picture of the moon -- Girls on the beach

ゲイリー・ムーアの泣きの1曲。
Gary Moore - Picture of the Moon
AD

                ~似て非なる曲~










今、僕が、滅法気に入っている曲は、ゲイリー・ムーアの「ピクチャー・オブ・ザ・ムーン」という曲です。




この曲は、彼の「Still Got the Blues 」という曲に、はっきりいってそっくりです。




しかーし、ほとんどの人がどこが違うの?と言うかもしれないけど、自分にとっては、全然違いまして断然「ピクチャー・オブ・ザ・ムーン」が素晴らしく感じます。




この2曲の録音には約10年の年月が流れている。そして演奏を聴くと明らかに彼の円熟、更に増した歌心を感じるのです。




なんとなく、ゲイリー・ムーアのこの2曲の違いを考えていたら、ビーチ・ボーイズのとある曲を思い出しました。




ビーチ・ボーイズに「ガールズ・オン・ザ・ビーチ(浜辺の乙女)」という隠れた?名曲があります。




一見有名な「サーファーガール」にも似た感じのバラードなのですが・・・・




どっこい自分にとってこの曲は、「サーファーガール」なんて足元に及ばない位大好きで大切な曲なのです。




情に流されないちょっと屈折した感じがたまらなく好きです。似てるけど本当に全然違う。




それで、似て非なる曲。




http://ameblo.jp/es335-icetea/entry-10001516212.html


AD

r
(←やたらかっこいいランディ)




前半が、枯葉とほぼ同じ進行
の Still Got The Blues を何度も聴いてたら、なんだか




竹を割ったような彼のガッツのあるプレイに妙に快感を覚えてる今日この頃。




下のアルバムは、高校の頃、友&愛で借りた覚えがあります。




この中の「サンセット」という曲を彼は、ドン・エイリーと2人で故ランディ・ローズに捧げ、演奏しています。




ランディ・ローズもまた本当に大好きなプレイヤーです。久々にMr.Crowly聴いてしまった。




この人もガッツを感じる。勢いあまる位。でメロディがいいいい。









http://ameblo.jp/es335-icetea/entry-10000346852.html