ユニコーンのサラウンド

テーマ:
ユニコーンのニューアルバムが出て程なく、夜歩きながら、1回通して聴いたんだけれど、この曲を聴くまで阿部Bってカッコイイなぁと思って聴いていた。でその阿部Bの「R&R IS NO DEAD」が終わって始まったこの曲 。それこそサラウンドな広がりのあるこの曲、民生凄すぎる!!と思ってしまったのでした。あとの曲はあんまり覚えてない・・。
その後、このアルバムの作成過程を捉えたドキュメントDVDを見たが、阿部が、ワオで、思いきりギターをカッティングしていた事が印象的。また、音楽 の「楽」 楽しさを重視しているスタンスが自分には素敵な事だと思えた。
そういえば、「紫の炎」にゃ、A200っていうリッチー・ブラクモアのインストが入ってたなあ~。 
AD

コンビニで聴いた。


もともと、大好きな曲だけど、おー民生が歌ってる!とまず感動。


とてもいいカバーだと思うべな。


「今年もなにゆえさかのぼれば夢~」


というところが、メロディといい歌詞といいこの曲のPEAKだと思う。


あと「なおのこと~」の「と」の音程(これテンション?)


でも最後はあのギターがほしいですね、キュイーンと

AD

カヌー/奥田民生

テーマ:
この曲は、好きで歌えもしないのにバンドで歌おうとした事ある。性的な感じの歌詞とエスニックな広がりのある感じにひかれた。
ソロをつぶさには聴いてはないのですが、ミュージックステーション出演時に歌ったのが素晴らしかった『息子』、陽水民生の 2CARS、意外な言葉、そして歌詞が好きな ザスタンダード、それから曲名分らずだが2002年のひたちなかロックフェスでソロで歌っているのをじかに聴いて感動した曲などが印象的
AD

雪が降る町/ユニコーン

テーマ:
友人が、約10年前に一緒に組んでいたユニコーンのコピーバンドの音源をまとめてCDRに焼いてくれた。結構歪ませてギターを弾いてたんだな~と懐かしかったです。
CDRにこの曲は入ってなかったけれど民生節炸裂の素晴らしい曲。シングルではB面が阿部Bの「お正月」という曲でこれまた軽快なナイスな曲。
2曲で物凄い充足感を得られるシングルでした。

なんでもいいから書く

テーマ:

・ユニコーンが解散して10年。たまたま音楽ファイルの山みてたら、奥田民生の「The Standard」があったから聴いてます。この歌詞が好きで。「カヌー」も歌詞が好き。

ユニコーンは好きな曲ばかりだけれど、最初「いかんともしがたい男」が、凄く好きだった。あと「Oh, What a Beautiful Morning 」も。

ユニコーンはまり時代の最後の頃良く聞いたのは、沖縄で民生が熱唱する「立秋」。

最近、民生はアンコールで「すばらしい日々」を歌うそうです。


・「大停電の夜に」という映画は、菊地成孔が音楽監修をしていて、ビル・エヴァンスで有名な「マイ・フーリッシュハート」が映画のテーマとして使われているということで見た。さっそくギターで弾いてみようと思ったが

当然弾けない。


・数ヶ月前に知人の師匠である田中信正さんというジャズ・ピアニストが、生徒さんの発表会の最後に弾いた急速調の「Solar」が多分、最近生で聞いた演奏で一番衝撃を受けたもの。体が固まって動かなかった。(すごすぎて)。


2年前、THE WHOのピート・タウンゼントが、横浜でギターを叩き壊した瞬間もかなり来た。