GIBSON ES-335 1974 

テーマ:
2002年頃入手した、今回は本家ギブソンのES-335(1974年製)。しかも大好きなラリー・カールトン風の色・・ここに惹かれたわけですが。



335

当時購入した楽器屋さんのコメントによると・・・

アイスティーブラウンサンバーストの70年代中期モデルです。
ボディーはメイプル、ネックは3ピースメイプルです。
ペグはグローバー102Nに交換済み。
ブリッジはABR-1、ストップテイルピースに交換済み。
ピックアップは、90年代GIBSONハムバッキングに交換済みです。
フレットはリフレット済み、ナットはブラスナットです。
パーツ交換は結構ありますが、状態は良い楽器です。
太く、サスティーンの効いたサウンドで、古い楽器ならではの鳴りが楽しめるセミヴィンテージギター。
オリジナルハードケース付き。


とのこと。

この楽器はその後7~8年近く良く弾きました。そういえば、池袋のFABというリペアのお店で調整もしてもらいましたっけ。
手離す際意外な事にこのカラーはもともとの色ではないらしい?と判明。普通のサンバーストをカールトン風に塗り替えたらしい?

まあそんな事は些細なこと。アイスティー君は多分どこかの誰かに大事に弾かれている事でしょう。

ネック
ネックはもの凄く使い込まれていました。



実際にステージで使用した模様です。。
AD