昨年、このブログを見て頂いた方に感謝します。ありがとうございました。今年も、不定期ではありますが、書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。


12月28日は、中野サンプラザでキリンジのライブを見ました。一曲目から大好きな「ニュータウン」でスタート。非常にうれしかったのは、「太陽の午後」。みれーふぁーそらーしーど♪が生で聞けた。「エコー」も久し振りに聞いたけれどカッコイイ。個人的にはブルーバードを聞きたかったな。キリンジが好きでよかったなあと思えるライブでした。あの普通感あふれるMCがまた、いいのです。


12月30日は、パット・メセニー・グループ(1ST)を青山ブルーノートで見ました。午前中から並んでくれたAさんのおかげで、「あの」パットがもう目の前という現実とは思えない状況。1曲目から怒涛の聞きたかった曲の連発。最初の3曲が僕にとって至福の瞬間でした。このブログでもしつこく書いている大好きな「JAMES」。これがまた今まで聞いたどのソロをも上回るのではというスリリングなアウトフレーズ連発、しかも長尺・超メロディアス。これが直に聞けただけで価値がありました。

最後、スタンディングオベーションを満面の笑みで全身で受け止め満足そうに去っていくパットが印象的でした。

1曲ライル・メイズのソロが素晴らしかった曲が後半にあったのですが、なにか忘れちゃいました。


<当日の演奏曲目>

2008.12.30 TUE.

1ST
1.PHASE DANCE
2.JACO
3.JAMES
4.THIS IS NOT AMERICA
5.ARE YOU GOING WITH ME?
6.FARMER'S TRUST
7.SO MAY IT SECRETLY BEGIN
8.SONG FOR BILBAO
9.MINUANO

AD